海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) XMについて XMの口座関連

XM スタンダードとZERO口座比較|おすすめ口座タイプはどっち?

更新日:

今回は、XM Tradingで開設できるスタンダード口座ZERO口座どちらを開設したら良いか迷われている方向けの記事です。

XMスタンダード口座ZERO口座を比較したうえで、それぞれの口座タイプのメリット・デメリットをみて判断すると良いでしょう。

 

スタンダード口座・ZERO口座の共通の特徴

xm 口座比較

  • 1ロットの通貨単位は10万通貨
  • 取引可能な最大ロット数は1口座につき50ロット(計500万通貨)
  • 最大保有可能ポジション数は1口座につき200
  • 追証なし(ゼロカットシステム)

 

まずは、スタンダード口座ZERO口座の共通点として、通常のFX業者は1ロットが1万通貨であることが多いですが、XMでは1ロットの取引通貨単位が10万通貨です。そのため、ハイレバレッジを生かして大きなポジションを建てることが可能です。

 

なお、1口座につき取引可能な最大ロット数や、保有可能なポジション数が決められていますが、複数の口座を開設することで、更にロット数やポジション数を増やすことが可能です。

例えば、スタンダード口座を2口開設して使用する場合、取引可能な最大ロット数は100ロット(50×2)、保有可能なポジションは400(200×2)になります。

 

また、ハイレバレッジでも追証なし(ゼロカットシステム)なので国内FX業者のように口座がマイナスになることはありません。

したがって、スタンダード口座ZERO口座ともに入金した額以上の損失になることはないため、安心してハイレバレッジでチャレンジできるということです。

 

スタンダード口座の特徴

XM 口座比較 おすすめ

  • レバレッジが最大888倍
  • ボーナス・XMPが獲得できる
  • 最低入金額が$5(約500円)
  • スプレッドが広い

 

XMのスタンダード口座最大の特徴として、海外FXの中でもトップクラスにレバレッジが高いことが挙げられます。

最低入金額の約500円でも、口座開設ボーナス・入金ボーナスといった各種ボーナスを併用することで、十分取引することが可能です。

そのため、FX初心者の方でも取引がしやすい口座といえます。

迷ったらスタンダード口座と考えてよいでしょう。間違いはありません。

スタンダード口座のメリット

スタンダード口座のメリットはなんといっても、そのレバレッジの高さにあります。

基本的には、レバレッジが高いほど必要証拠金が少なくなるため、少額資金からのFX取引が有利になります。

最低入金額も$5(約500円)なので、気軽にFXを始めることができます。

また、ZERO口座にも言えることですが、スタンダード口座は0.01~50.00までロットを調整できるので、少額取引からハイレバ取引まで幅広く対応できる点が優れています。

 

そして、スタンダード口座はボーナスXMPの両方を受け取ることが可能です。

特に、XMPは勝敗に関係なく、トレードすればするほどクレジットと交換できるポイントが溜まっていくシステムなので、ぜひとも活用しておきたいサービスです。

 

スタンダード口座のデメリット

スタンダード口座のデメリットを挙げるとすれば、ZERO口座に比べて広いスプレッドです。

例えば、USDJPYやEURUSD、GBPUSDといったドルストレートのメイン通貨ペアのスプレッド差は平均2pipsと、標準的な海外FXのスプレッドですが、クロス円(EURJPY、GBPJPY)やEURAUD、AUDNZDといったスプレッドは約4pips、マイナー通貨ペアになればなるほどスプレッドも広くなっていきます。

ドルストレート以外は数pipsを狙っていくスキャルピングには不向きといえます。

ただ、ふくろうはスタンダード口座でスキャルピングしてますけどね(笑)

スプレッドが広めなのには理由があり、安心して利用できる理由にもなっているので、あまり気にしていないというのが正直なところ。

 

スプレッドが広いけれどXMが選ばれる理由についてはこちら

XMと他社のスプレッド比較|XMはスプレッドが広くて使いづらい?

 

ZERO口座の特徴

XM 口座比較

  • レバレッジが最大500倍
  • スプレッドが狭い
  • 手数料が発生する
  • ボーナスとXMPの獲得ができない
  • 最低入金額が100$(約10,000円)

ZERO口座はスプレッドが狭い分、取引によって得た損益結果に関わらず手数料が取引毎に発生します。

1ロット(10万通貨)の取引で、注文から決済までの往復10通貨(片道5通貨)の取引手数料が発生します。

例えば、USDJPY(約105.700)を1ロットの買い注文を出した場合、約1,057円の手数料が発生することになります。

ZERO口座のメリット

平均スプレッドが0.1pipsからと、スプレッドが国内FX証券会社レベルに狭いので、スキャルピングトレーダーや、自動売買ツール(EA)を使って取引するトレーダーに向いています。

XM 比較

最大レバレッジについても、スタンダード口座と比べるとやや劣りますが、それでもFX業者のなかではトップクラスのレバレッジの高さです。

そのため、ハイレバレッジで本格的にスキャルピング取引したいのであれば、海外FXのレバレッジを維持しながら、国内FXクラスのスプレッド差を実現しているXMのZERO口座がおススメです。

手数料を加味しても、スタンダード口座とZERO口座の取引コストはトータルでZERO口座のほうがお得です。

XM 口座比較

他にもポイントとして、ZERO口座はスプレッドの開きがないので、指値注文・逆指値注文を使った取引が行いやすいという利点があります。

スタンダード口座の場合、例えばドル円100.00に売り指値注文を出す場合、スプレッド差(約2pips)を考慮して99.80程度に指値注文を設置しておく必要があります。

ですが、ZERO口座であればスプレッド差が0.1pips程度なので、上記のようにスプレッド差を考慮する必要が無く、計算する手間を省くことができます。

ZERO口座のデメリット

ZERO口座は、口座開設ボーナス以外のボーナスとXMPが発生しないのが大きなデメリットです。

そのため、ボーナス目的で取引するのであればスタンダード口座がおススメです。

また、最大レバレッジが500倍とスタンダード口座よりはやや低くなっています。

 

まとめ

最低入金額が約500円と業界最低水準のスタンダード口座は、FX初心者の方からハイロットで取引したいトレーダーまで、幅広くおススメの口座です。

ZERO口座は、ハイレバレッジでスキャルピングをしたいトレーダーや、自動売買ツール(EA)を使うトレーダー、少しでも取引コストを抑えたいトレーダー、といった方達におススメの口座です。

どちらの口座を開設するか迷っている方は、スタンダード口座をまずは開設して、その後両方の口座を開設すると良いでしょう。

 

XM Tradingは、一人につき手数料無料で口座を8口まで開設できます。

XMで複数の口座を開設する方法。追加口座のメリットとデメリット

両方のタイプの口座を開設して、取引目的によって口座を使い分けるなどしているトレーダーが多いです。

 

なお、口座間の資金振替は手数料無料、会員ページから簡単操作で行うことができます。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), XMについて, XMの口座関連
-, ,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.