海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) テクニカル

ボリンジャーバンドでスキャルピング|エントリー方法を覚えるだけでリスクを抑えられる

投稿日:

今回は、移動平均線に標準偏差の概念を取り入れたボリンジャーバンドを使って、損失リスクを小さく抑えながらも手堅くリターンを得ていく「スキャルピングトレードの方法」について解説します。

スキャルピングをしたいけどエントリー方法がわからないというかたに参考になります。

 

標準偏差とは簡単にいうと“確率”を求めることができる数式です。

移動平均線を中心に ±1σ, ±2σ, ±3σ(σ:シグマ)といった範囲に収まる確率が何%ということがわかります。各シグマで収まる確率(±1σ:68.26%、±2σ:95.44%、±3σ:99.74%)

 

テクニカル分析としてボリンジャーバンドを紹介してきましたが、ボリンジャーバンドについては今回で3回目。前回まではこちらです。

まだあまりボリンジャーバンドについて理解していない方は順番に読み進んでください。

 

インジケータの概要

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

以前に、

「ボリンジャーバンドの±2σを超えた方向にトレンドが発生しやすい」

ということをお伝えしました。

ボリンジャーバンドの見方をマスター|トレンドとレンジを見極め勝率UP

 

ボリンジャーバンドのこの優位性を生かすことで、トレンドの発生を捉えていくトレードをすることが可能です。

そこで重要となる一つのボリンジャーバンドの特徴が、中央ラインが単純移動平均線で出来ているという点。

 

移動平均線は最も使われているテクニカル指標です。従って、トレンド発生時の押し目買い・戻り売り候補としても注目されるポイントをボリンジャーバンドは備えています。

具体的には、ボリンジャーバンドの中央ライン(下記画像の赤いライン)が移動平均線として機能する部分です。

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの標準偏差でトレンド方向を予測し、押し目買い・戻り売りポイントとして中央ラインを使う。

これが後ほど紹介するトレード方法となります。

まずはこのトレードルールのメリットとデメリットを解説します。

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングのメリット

  • 損切り幅が小さいのでトレード失敗時のリスク(損失額)が少ない
  • ポジションを長く持つ必要がないので余計なリスクやストレスが無い
  • 基本は一時間毎にチャートを見るだけでいいので負担が少ない

一つ目の大きなメリットとして、ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングトレードの損切りの判断は比較的早く行えるので、損失幅を狭くしつつも、利益はしっかり狙えるというメリットがあります。

二つ目のメリットとして、一時間足でトレードしてポイントに来たらすぐに利確するようにするため、日をまたぐ心配があまりありません。

ポジションを持つ時間が短いほど、損益の変動によるストレスや時間経過による逆行リスクを受けないで済みます。

そして一時間足のみでトレードするので、複数の通貨ペアの監視も簡単で様々な時間足を見ることによる負担が少なく、FX初心者の方でも簡単にトレードが始められます。

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングのデメリット

  • 手堅く決済する分、一回の獲得利益が小さい

利確のサイン(±2σ超え)で利確するので、一回で大きな利益を狙うことはできません。

ただし、損切り幅もそれに伴って小さいため、その分ロットをあげることで利益を大きくすることは可能です。

 

それではトレード方法の説明に移ります。

ボリンジャーバンドでスキャルピングする方法

①ローソク足終値が、一時間足のボリンジャーバンド20期間の±2σを超えたらエントリー準備
②ローソク足が中央ラインにタッチ後、反転したらエントリー(ロング待ちなら陽線、ショート待ちなら陰線発生)
③±2σを超えたら利確orエントリーしたローソク足の高値(安値)を更新したら損切り
  • トレードのイメージ(買い)

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

  • 損切り時のイメージ(売り)

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

このように、損切り時のpipsよりも獲得できるpipsのほうが多いトレードルールなので、リスクを小さくリターンを大きく狙うことができます。

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングトレードの例

今回は値動きが活発なことが理由で、スキャルピングトレードと特に相性が良いGBPUSDを使ってボリンジャーバンドを使ったスキャルピングのエントリーパターンを解説していきます。

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

このように値動きが活発なときはエントリーチャンスが大きいです。

上記のチャートではエントリー6回中2回が損切りになっていますが、損切り幅が利確幅より狭く小さく済んでいる点を確認してください。

また、上記のパターンでは今回のルールがうまく機能していますが、基本的に同じ方向へのエントリーは2,3回までに留めておきます。

ランダムな動きが強い相場ですと、2回目以降からのエントリーの勝率が下がります。

スキャルピング手法 ボリンジャーバンド

上記画像左上ではサインは発生しているものの、エントリーのタイミングになって陰線が中央ラインを終値で下回っていないのでエントリーはしません。

中央ラインを大きく超えているほどその方向への勢いが強いということですので、基本的にはエントリーを避けます。

また、一枚目のチャート画像のようにトレンドが発生している状況では、

「±2σを超えたタイミングで利確するよりも、ポジションを長く持っていた方が利益は伸びるのではないか?」

という疑問が湧きます。

しかし実際には、トレンドが発生することは少ないため、二枚目のチャート画像のように短期で決済しておいた方が結果的にトータルで利益が増えていきます。

まとめ

ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングの特徴として、トレードルールがシンプルな分、FX初心者の方でもすぐに実践することができるという利点があります。

今回のようにボリンジャーバンドというテクニカル指標一つで、

「次はどっちの方向にトレードしたらいいのか?」

「どこでエントリーして、どこで決済したらいいのか?」

ということがわかってきます。

また、複数の時間足を見る必要がなく一時間足だけを見ておけば良いので、複数の通貨ペアの監視も楽になります。

注意点としては、サインはわずかでも終値で±2σを超えたものをサインとしてください。

 

ヒゲをサインとしてしまうと勝率が下がります。

なので「エントリーサイン=±2σを終値で超えたタイミング」と覚えておいてください。

 

なかなか良いスキャルピングルールが見つからないことで悩んでいるFX初心者の方は、ぜひ今回のボリンジャーバンドを使ったスキャルピングトレードをお試しください。

ではでは。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), テクニカル
-, ,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.