海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

便利なインジケーター

トレンド強弱分析インジParabolic SAR|放物線からトレンド分析をする

更新日:

FXのトレードでは、トレンドを上手に分析する事で効率的に稼げます。

本記事で紹介するのは、トレンドの強弱を分析するインジゲーターの「Parabolic SAR」についてです。

トレンド分析ができると大きく勝てるようになります。Parabolic SARの概要や使い方を知って、効率的なトレンド分析にして繋げてみてください。

なお、フクログでもトレンドを見極めるテクニカルについては色々と記事ににしていますので参考にしてみてください。

 

< 関連記事 >

Parabolic SARとは

Parabolic SAR(パラボリックサー)とは、MT4に標準搭載されているトレンド系のインジゲーターです。

パラボリック SARは、トレンド相場を分析するために開発された指標です。この指標は価格チャートで作成され、移動平均に似ています。唯一の違いは、パラボリック SARの加速が早いということと、価格によって状態が変わりやすいということです。ブル相場(上昇トレンド)では指標は価格の下にあります。ベア市場(下降トレンド)の時は指標は価格の上に表示されます。

引用:MetaTradar5 Parabolic SAR(パラボリック SAR)

MT4上部にある「挿入」→「インディケータ」→「Parabolic SAR」の順にクリックすると表示されます。

Parabolic SAR インジケーター トレンド

ローソク足の上下に点線が表示される仕組みです。

パラボリックは翻訳すると放物線という意味で、上チャートのように描かれた放物線を用いてトレンドの分析をします。

上昇トレンドと下降トレンドの見極め

Parabolic SARはチャート上に表示させると、同じトレンド系指標であるボリンジャーバンドとよく似た形をしていますが、見方は全く異なります。

Parabolic SARが表示された位置を見て、トレンド状況の判断をする指標です。

以下のチャート画像をご覧ください。

Parabolic SAR インジケーター トレンド

ここでの価格推移を見ると、明らかな上昇トレンドを形成している状態ですが、その時Parabolic SARはローソク足の下に表示されている事が分かります。

このようにParabolic SARは、ローソク足のどの位置にあるかが重要となるのです。

ボリンジャーバンドのように、同じ価格帯で上下に表示されるわけではありません。

  • 価格が上昇水準→Parabolic SARがローソク足の下に位置する
  • 価格が下落水準→Parabolic SARがローソク足の上に位置する

このように、Parabolic SARの位置を見ただけで相場状況が把握できます。

環境認識として使う方が多く、一目で価格動向のチェックができる仕組みです。

Parabolic SARの計算式

Parabolic SARはトレンド転換をする最初の足と、トレンド転換をする2本目の足から計算されます。

為替相場は常に同じ方向に伸びるのではなく、いつかはトレンドの転換を迎えるものです。

また、レンジ相場内ではParabolic SARの位置も頻繁に変わることから、最初の足と2本目の足が重要となります。

計算式を見ていきましょう。

  • トレンド転換の最初の足のParabolic SARParabolic SAR
    =転換する前の最安値(上昇トレンドに切り替わった場合)または、最高値(下落トレンドに切り替わった場合)
  • トレンド転換後の2本目以降のParabolic SAR
    Parabolic SAR=前の足のParabolic SAR+加速因子×(前の足までの最高値・最安値-前の足のSAR)

2本目以降の計算式で用いられている加速因子とは、初期値または増加分となる数値と最大値を設定して、初期値から最大値になるまでの増加分を足していく仕組みです。

AFとも表現されます。

価格が更新されなくても、値動きと共にParabolic SARの加速因子は上昇をするので位置は上昇をしていきます。

上昇トレンド中のParabolic SARは、上昇をしたとしても下落をする事はないという計算です。

Parabolic SAR インジケーター トレンド

上の画像を見ても分かるように、トレンドが一服して下落に転じた時点ですぐにParabolic SARの位置が変わっている事が分かります。

複雑な計算式ではありますが、要約すると転換前の最高値または最安値の価格を最初のトレンド転換の目安として計算しているというです。

その結果、放物線としてトレンド状況の把握ができるように構成されています。

Parabolic SARの応用方法

Parabolic SARの概要が分かったところで、次は応用方法について見ていきましょう。

Parabolic SARは、トレンド判断をする環境認識だけではなく、他にも様々な使い道があります。

それぞれを深堀りしていきましょう。

トレンド転換の判断をする

FXでは、長期的なトレンドに乗っかったとしても、その後の決済ポイントを間違えると上手に利益が出せません。

Parabolic SARは、トレンド方向の動きに敏感な反応を見せるという性質から、利益確定の決済判断をする指標としても使えます。

Parabolic SAR インジケーター トレンド 転換

チャート図の左側にある上昇トレンドにうまくエントリーができた場合、高値でSARの位置が逆転すると転換点の合図と言えます。

当然だましがないわけではないですが、いつか来るトレンド転換の分析をするのには有効です。

小さいな価格上下落に敏感な反応を見せるので、少しでも安全に利益を確保しておきたい人向けの決済ポイントともなるでしょう。

また、最初に転換してきたところで分割決済をして、再度上昇を待つ方法も低リスクで効果的です。

SARの広がりを見てトレンドの強弱を判断する

Parabolic SARは、放物線の角度だけではなく、線ごとの間隔を見て分析する方法も有効です。

Parabolic SAR インジケーター トレンド強弱

上チャートの赤線で囲った箇所では、Parabolic SARの点線が前の相場に比べて広がってきている事が分かります。

このように、点線の間隔が広がると強いトレンドの前兆となりやすいです。

トレンドの初動でエントリーする際に有効となります。

これが徐々に収束or転換してきたら、前述した決済ポイントとして見極めれば良いでしょう。

レンジ相場のだましに注意

Parabolic SARは、価格動向で敏感に反応するという特徴から、レンジ相場ではダマシが発生しやすいです。

レンジ相場では価格が上下に規則正しく動きますが、その際にはParabolic SARもすぐに転換してしまいます。

Parabolic SAR インジケーター トレンド強弱

上チャートのように、上下に激しく動くレンジ相場になると、Parabolic SARの位置もすぐに反応してしまいます。

トレンドの発生と認識してエントリーしてしまうと、その後にレンジの継続で損失を出す可能性もあるので注意しましょう。

また、応用方法で解説したように、点線が広がった強いトレンドの前兆であったとしても、その後にレンジを組む可能性もあります。

分析時にはParabolic SARだけではなく、他の根拠も用いて分析するようにしましょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ1000倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-便利なインジケーター
-

海外FXの教科書「フクログ」ホーム

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.