兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

XMでFX自動売買EAトレードにハマったブログ。

XM 口座開設

FX(為替) XMについて

XMは安全?危険?評判から安全性を判断する

更新日:



XM(エックスエム)は海外のハイレバFX口座なので、本当に安全に利用できるのか心配している方も多いと思います。

ふくろうもはじめてXMを開設するときは「資金・資産は守られるのか」「ちゃんと出金できるのだろうか」とか色々と心配で口座開設を少し悩みました。

 

結論からいうとXM(エックスエム)は国内のFX業者と同じくらい安全に利用できます。

 

 

スポンサーリンク

XMは安全?危険?

XM 評判

XMはあの陸上で有名なウサインボルト選手が公認大使を務めています。

 

日本の金融庁に登録されてないから危険?

XMは日本の金融庁には登録されていません。

それはレバレッジの規制があるからです。888倍というレバレッジは日本の金融庁では認められません。

日本のレバレッジは25倍までですね。これが今度2018年内か2019年にレバレッジ10倍まで規制されるとか・・・。(国内業者なんて使えないわ!)

 

しかし、日本の金融庁に登録していないからといって危険というわけではありません。ちゃんとセーシェル金融庁で金融ライセンスを取得しているので信頼性・安全性は高いです。

また、日本国内に住んでいる人が金融庁に登録されていないXMを利用することはなんら問題はありません。

 

リアル口座の資金・資産は安全?

  • XMTradingはTrading Point (Seychelles) Limitedが運営しており、適用される法および規制に基づき、お客様の資金の安全性および消費者保護を確実にします。従いまして、XMTradingは以下を措置します。
  • お客様の資金の分別管理
    お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。
  • 銀行口座
    お客様のご資金および当社の運転資金は定評ある優良金融機関に預託しています。
  • 規制機関による監督
    規制された証券ディーラーライセンス保持者として、弊社には厳格な金融要請に応える義務があります。従って、弊社はお客様の入金、会社の通貨ポジションの変動の可能性、その他の未払い経費を充当する 十分な流動資本を保持するよう法により義務付けられています。毎年の監査により不足が認められる場合には、弊社の内部監査法人により詳細が全て当局へ 報告される運用となります。

 

XMでは英国バークレー銀行にて顧客の資金管理をしているので、万が一XMが破綻しても持ち逃げされるようなことにはならないということです。

また、顧客の資金は保険により100万ドルまで補償されます。

 

XMはちゃんと出金できる?

まったく問題なく出金可能です。

ふくろうも仮想通貨をやっているので、海外の取引口座は出金がちゃんと行われるのか心配していましたがちゃんと出金されます。

まあ、10年ほどの運営歴があり全世界で150万口座以上これまで口座開設されてきているという実績から、あまり心配しているかたはいないとは思いますが(笑)

 

XMの評判

日本人が一番利用している海外FX業者がXMなので評判は良いのが多いです。

ただ、スプレットが広いという意見は結構あるみたいですね。ふくろうはそれ以上にレバレッジが魅力なので。

 

 

まとめ

はじめて海外FX業者を利用するかたは不安になりますよね。

 

でも、XMは資金管理や追証なし(ゼロカット)の面から、日本のFX業者よりも安心して利用できるとふくろう個人的には感じています。

日本人の方が日本語でサポートもきっちりしてくれますしね。

 

ちなみにふくろうはXM歴はすでに数年あります。(何年かは忘れました)なのでXMで入出金もトレードも結構行っています。もう低レバの国内FX業者には戻れない・・・(笑)

 

そして何度かXMの新規口座開設をしています。これは口座に資金が入っていない状態で、しばらく(半年くらい)放置していると口座が凍結してしまうからです。また新規口座開設すれば使えるようになりますよ。

なお、資金が入っている状態でしたら口座凍結はされないので安心してください。

 

XM口座開設が心配で迷われている方の参考になれば。では!

 

 

 

XM 海外FX まとめ





よく読まれている記事

-FX(為替), XMについて
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly