海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) 海外FX業者

ストップ狩りの真実とストップ狩りを回避するための対策とは?

更新日:

海外FXをしていると、ストップ狩りという言葉をよく耳にするケースがあるでしょう。
実際には海外FX業者でストップ狩りはほとんどないといっても良いです(理由は後述します)

ストップ狩りはFXの業界でレート操作により個人投資家の利益を狩る事を指すものです。

本記事ではストップ狩りについて、概要から回避方法までを詳しく解説していきます。

ストップ狩りとは

ストップ狩りとは、レートを意図的に操作して個人投資家の損切り注文を狩り取る事を指します。

FXでは指値・逆指値といったレートを指定した予約型の注文方法がありますが、決済時も同じようにレートを指定可能です。

損切り時の指値決済はストップロスとも言われており、その損切り注文が集中している価格帯を狙ってレート操作をするというものになります。

下のチャート画像を例にして見ていきましょう。

上チャートでは買いポジションを保有している時の例です。

上昇予想のため、損切りをするレートはエントリー価格よりも下の値となります。

この赤いライン上に自身だけでなく、他にも多くの投資家がストップロスを入れていたとしましょう。

その後に来る急激な下落後でストップロス注文の値まで価格が下落してしまいます。

ストップロスを入れている投資家のポジションはこれにより、次々と決済されてしまうのです。

次々と損切りが行われた後はすぐに上昇に転じて価格を元の値まで戻します。

ストップ狩りはこの状況でいう急落を加速させた現象を指しており、個人投資家をパニックにさせる要因と言えるでしょう。

 

ストップ狩りがない海外取引所はXMTradingです。

XM(エックスエム)口座開設方法・画像付きで全手順を徹底解説

 

3種類のストップ狩り

ストップ狩りは主に3種類存在すると言われています。

  • FX会社による意図的なレート操作→違法
  • サーバートラブルによるストップ狩り→グレーゾーン
  • 機関投資家によるストップ狩り→合法

次はそれら3つのストップ狩りについて見ていきましょう。

FX会社による意図的なレート操作

FX会社が意図的にレートを操作してストップ狩りをしているという噂もあります。

実際に過去には会社側がレート操作をして、ストップ狩りが発生した事例も存在しているのです。

当然このようなレート操作は違法となります。

現に過去でレート操作が発覚した会社は摘発をされ無くなってしまいました。

現代の海外FXではこのようなレート操作は起こりえないと考えていいでしょう。

  • NDD方式によりスプレッドで利益を出す会社が多い
  • MT4といった共通のプラットフォームを採用
  • ネットやSNSの普及ですぐに発覚するリスク

海外FXの多くはNDD方式といった顧客のスプレッドで利益を出している会社が多く、ストップ狩りで顧客を負けさせても利益には何の影響も出ません。

また、GEMFOREXなどの会社ではDD方式が採用されていますが、MT4という共通のプラットフォームを採用している事から、意図的なレート操作をしてもすぐに発覚してしまいます。

レート操作をすることによって顧客離れが加速してしまうので、現代ではレート操作によるストップ狩りを恐れずにほとんどの会社で安心して取引が可能です。

サーバートラブルによるストップ狩り

MT4やMT5といった共通のプラットフォームを採用しているとしても、各社で使っているサーバーには違いがあります。

チャートの値動きは同じでも使う会社によって若干の価格に違いがあるのを見た事があるでしょう。

これは各社で使っているサーバーが異なる事が要因で起きる現象です。

会社によってサーバーの強いところ弱いところとありますが、当然サーバーの弱い会社ではトラブルによるレートずれなどが発生してもおかしくはないと言えます。

特に変動幅の荒い箇所や流動性のないポイントで発生しやすいですが、これに関しては意図的ではないと取れるのグレーゾーン知認識されている傾向にあります。

機関投資家によるストップ狩り

ストップ狩りの最も考えられる大きな要因は機関投資家による売買です。

機関投資家とは相場を動かせる資金力のある投資家を指します。

ヘッジファンドとも呼ばれ、機関投資家がFX市場に参入するとダマシや相場急変動の要因になると言われているのです。

機関投資家がストップロス方向の注文を入れて相場が大きく動いたとします。

その動きに驚いた個人投資家は、ストップロス注文を入れてないポジションであったとしても慌てて決済をして相場の急騰急落が発生する仕組みです。

これに例に関してはしっかり市場へお金が流れていく事で起きる値動きとなります。

そのため違法性はなく、戦略として語られるケースが多いです。

私たち個人投資家はこの機関投資家によるストップ狩りを回避していくべきであると言えるでしょう。

ストップ狩りの起きやすいポイントと回避方法

ストップ狩りの発生しやすいポイントを把握しておけば、自身でトレードをする際の回避にも繋がります。

100%の回避は難しいと言えますが、少しでも回避をして余計な負けを減らしていく事が重要です。

上位足での高安値ライン

高安値ラインは多くの投資家に意識される価格帯です。

FXで指値や逆指値を入れる基準にもなりやすい目安の価格と言っていいでしょう。

指値や逆指値の注文が入りやすいという事は、その分ストップ狩りにも合いやすい価格であるとも考えられます。

特に上位足では強く意識されるので、日足や週足などで意識される価格帯のポイントから指値の位置をずらすなどして対策をしましょう。

目安となるキリの良い数字

FXではキリ番と呼ばれる、100.000円のようなキリの良い数字も意識されやすいです。

数値が分かりやすいことから、個人投資家が利確損切りの指定をしやすい価格帯とも言えます。

当然機関投資家にも意識がある事から、キリの良い数字に相場が近づくとストップ狩りを仕掛けやすいポイントになると言えるでしょう。

キリの良い数字付近で損切りラインを設定する際は、分割で決済指値を入れておくと良いです。

数ポジションは巻き込まれたとしても、他のポジションは残した状態で再起できる可能性があります。

また、あらかじめキリの良い数字から深めの位置でストップロスを指定するのも1つの手段と言えるでしょう。

ストップロスの入りやすい価格帯を避ける事が重要

ストップ狩りを回避するには、本記事で紹介したキリ番や高安値ラインといった多くの投資家に意識される価格帯を避ける事が賢明です。

分割で決済指値を入れておく対策や、善し悪しありますが、あえて深めに決済ポイントを設定することで、ストップ狩りが発生しても回避しやすいと言えるでしょう。

機関投資家の参入はいつ起きるかという予想ができないものです。

仮に巻き込まれても、メンタルを保って資金管理ができるトレードを目指していきましょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), 海外FX業者
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.