海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考

勝率が上がり爆益になる3つのピラミッティング手法を紹介

更新日:

FXの取引は資金管理が重要な投資です。

本記事で紹介する資金管理法は、ピラミッティングという手法になります。

実際にピラミッティングで莫大な利益を上げた有名投資家も多く、FX取引でも人気の資金管理法です。一気に億を稼いだというトレーダーの多くはこのピラミッティングによるものだと考えられます。

本記事ではピラミッティング手法のやり方とメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

ピラミッティング手法とは

ピラミッティングとは1回のエントリーで通貨を保有するのではなく、エントリーを複数回に増やしていく手法です。

運用状況や相場状況を見ながら、その後のポジションを徐々に増やしていきます。

1回目のエントリーで次にポジションを持つのがまずいと判断したら、2回目以降のエントリーは見送くるといった資金管理です。

常に複数のポジションを獲得していくことから、有効なリスクヘッジの手法として認識されています。

ピラミッティング手法には以下の3種類があり、目的や手法に応じてリスクコントロールが可能です。

  • 順ピラミッティング手法
  • 逆ピラミッティング手法
  • イコール・ポジション

それぞれ解説していきます。

順ピラミッティング手法

順ピラミッティング

順ピラミッティングは、ピラミッティングで最もオーソドックスな手法です。

最初に多くのロットを保有して、徐々にロットを下げたエントリーをしていきます。

順ピラミッティング

トレンド発生とともにポジションを保有して、その後もトレンドが続くと判断した場合にロットを下げてポジションを保有していきます。

最初に持ったポジションは大きな値幅が獲得できるので、仮に3回目、4回目以降で相場が転換してきたとしても大きな利益が見込める手法です。

逆ピラミッティング手法

逆ピラミッティング

逆ピラミッティングは前述した順ピラミッティングとは逆で、徐々に保有するロット数量を増やしていく手法です。

ポジションの保有数が増えるごとにロット数量を増加させます

1回目や2回目のエントリーで相場が転換してきた場合はリスク管理ができますが、3回目4回目のエントリーで損失が出てしまうと大損のリスクが生じます。

逆ピラミッティング

上のチャートのように、高ロットの保有したタイミングで転換があると、その後すぐに損切りをしたとしても損失の方が大きくなってしまいます。

1回目よりも後にエントリーするポジションの方がトレンド後半となるので、当然転換の可能性は上がる高まる仕組みです。

そのため、順ピラミッティング手法に比べるとリスクの高い手法と言えるでしょう。

イコール・ポジション

ピラミッティング イコール・ポジション

イコールポジションは一定のロット数量で買い増しをする手法です。

ピラミッティング イコール・ポジション

ロット数量は一切動かさずに、ポジションの量だけを増やしていきます。

ナンピンと言われる手法と似ていますが、若干の違いがある資金管理法です。

  • ナンピン→思惑方向と逆に相場が進んだ時に買い増し
  • イコール・ポジション→思惑方向に進んだ時に買い増し

損失が出ている状態で買い増しをするのがナンピン手法です。

それに対してイコール・ポジションは、含み益が出ている状態から買い増しを行います。

ピラミッティング手法のメリット

次は、ピラミッティング手法のメリットを紹介します。

勝率が低くても利益が見込める

ピラミッティング手法は勝率が低くても利益が見込めます。

1、2回のエントリーでトレンド転換があった場合を1敗としましょう。

その後の取引で1回~複数回の大きなトレンドでpipsを獲得できたとすると、前回1敗分の損失を上回る大きな利益を獲得可能です。

小さく負けて大きく勝つことができるので、たとえ勝率が低かったとしても相殺して利益が見込めます。

しかし、紹介した逆ピラミッティング手法では、勝率に関わらず大きな損失を出す可能性があるので注意しましょう。

証拠金維持率を圧迫しにくい

前述したナンピンの手法では、相場が思惑方向と逆に進んだ時に買い増しをするので、証拠金維持率を大きく低下させます。

しかし、ピラミッティング手法では含み益が出ている状態で買い増しをすることから、証拠金維持率を大きく下げる心配がありません。

ナンピン手法に比べるとロスカットのリスクが低くなります。

仮にトレンドが継続して複数のポジションを持ったとしても、全てのポジションで含み益が出ている状態です。

リスクヘッジのできる手法と言えるでしょう。

ピラミッティング手法のデメリット

次に、ピラミッティング手法のデメリットを紹介します。

注意点なども併せて見ていきましょう。

資金管理を崩しやすい

ピラミッティング手法は複数のポジションを保有するので、資金管理を崩しやすいというデメリットがあります。

そのため、保有するロット数量とポジションの量は自身でルールを設定しなければいけません。

仮に最初うまく取引ができたとしても、その後の取引で同じようにうまくポジションを取れるとは限りません。

資金管理を崩してしまうと一気に証拠金を失う可能性があるので注意しましょう。

特に、順ピラミッティングや逆ピラミッティングのようにロット数量を変える手法は注意です。

決済のタイミングが難しい

複数ポジションを保有するという性質上、決済のタイミングが難しいです。

決済とは利益確定だけではなく損切りの決済も含みます。

押し目買いや戻り売りのタイミングが分かっていないと、上手にピラミッティングで利益を出すのは難しいと言えるでしょう。

相場の判断やトレンド傾向の判断が重要になるので、相場分析の技術が向上してから取引に臨むことが賢明です。

早く利益が欲しいという欲だけで実戦をしてしまうと、反対に大きな損失を出してしまう可能性が高まります。

トレンド相場でしか機能しない

ピラミッティング手法は、トレンド相場を狙う資金管理法です。

一定水準の価格帯を行き来するレンジ相場では機能しません。

為替相場はトレンド3割レンジ7割と言われています。

そのため、トレンドのチャンスは少ないと考えていいでしょう。

短期売買のスキャルピングなどでは使えないので、デイトレードやスイングトレードといったある程度の期間保有するスタイルでないといけません。

莫大な利益を得た投資家が多い

ピラミッティング手法は有名な投資家が莫大な利益を得た手法でもあります。

資産3兆円超えの投資家であるジョージ・ソロス氏もピラミッティング手法で利益を得た一人です。

また、FXに限らず株取引でも実践している投資家もいます。

うまく活用できれば一攫千金を狙える手法でもあるので、まずは相場分析を極めてから実戦するようにしましょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.