海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) FX基礎 テクニカル

平均足でトレンド転換を判断する方法|トレンドを掴んで大きな利益を取る

更新日:

FXではトレンドを掴むことができれば大きな値幅を獲得でき爆益を得ることができます。

トレンド分析方法は様々なものがありますが、今回紹介するのは平均足という分析手法です。

平均足はトレンド転換の判断や環境認識として有効に活かせます。本記事で、平均足の特徴や注意点を詳しく見ていきましょう。

平均足とは

平均足 ローソク足

平均足とは、価格の平均値を示したテクニカル指標です。

ローソク足と同じように上昇時→陽線、下落時→陰線が表示されます。

形自体はローソク足と似ていますが、平均足には現在値が表示されません。

現在値と終値が4本値の平均で表示される仕組みです。

実態の大きさがトレンドの強さを表現しており、「相場での売買動向が活発であるかどうか」を視覚的に判断できるようになっています。

平均足の計算式

平均足は前足と現在足で値が算出されます。

以下は1本目の計算式です。

始値=(前足始値+前足高値+前足安値+前足終値)/4
高値=現在足高値
安値=現在足安値
終値=(現在足始値+現在足高値+現在足安値+現在足終値) /4

以下は2本目以降に作る足の計算式です。

始値=(現在足の平均足の始値+前足の平均足の終値)/2
高値=現在足高値
安値=現在足安値
終値=(現在足始値+現在足高値+現在足安値+現在足終値)÷4

この計算式から、「平均足の終値は現在ローソク足の4本値の平均」、「平均足の始値は前足の平均足の始値と終値の間」であることが分かります。

実際に平均足を表示すると分かりますが、平均足の作りは前足の中間地点から表示される仕組みです。

平均足のトレンド判断

平均足 ローソク足 トレンド判断

ローソク足ではその時の価格状況応じて足が形成されます。

そのため、たとえトレンドが出現したとしても陽線→陰線と波を作ってトレンドが作られていく仕組みです。

それに対して平均足では、トレンドが出現すると同じ色の線が連続して出現します。

ローソク足では波を打って形成されているトレンドであったとしても、平均足で見ると同じ方向の足が連発して表示されるのです。

トレンドの発生時に平均足で同じ色が連発するといトレンドの前兆であることが確認できるので、視覚的に瞬時のトレンド判断ができます。

チャートを見た時に一目で相場の環境認識に活かせます。

ローソク足とのヒゲの違い

平均足では高値と安値はローソク足と同じ意味を成しますが、ヒゲの定義が異なります。

ローソク足では確定足を作る前に付けた高安値に上ヒゲ下ヒゲを付けますが、平均足では1つの方向にヒゲを付けやすいです。

  • 上昇時→終値が4本値平均値の上ヒゲ陽線
  • 下落時→終値が4本値平均値の下ヒゲ陽線

このように価格の伸びた方向にのみヒゲを付けるケースが多いです。

ローソク足でヒゲが出現すると、ヒゲと逆の方向に価格が伸びると認識されやすいですが、平均足ではヒゲが連発した方向にトレンドが継続すると捉える事ができます。

相場の窓が確認できない

金曜日の終値と月曜日の始値の間に、大きな価格差(相場の窓)が発生する事があります。

これは開場時に注文が集中することや、一部の国で土日でも取引が行われている事が要因です。

相場の窓はローソク足であれば一目で確認可能ですが、平均足を表示させた状態では確認ができません。

平均足 ローソク足

前述したように、平均足は前足の中間地点からスタートするので構造上窓が開かない仕組みになっています。

前足との価格差を見ることはできません。

一度開いた窓は金曜の終値まで価格を戻す窓埋めという手法が人気ですが、平均足では分析ができないと認識しておきましょう。

相場の窓を狙いたい場合は、ローソク足表示をするほかありません。

関連記事:XMで窓埋めトレードで稼ぐことは可能か|規約違反になる?

平均足の表示方法

平均足はMT4に標準搭載されたインジゲーターのため、以下の手順で表示可能です。

  1. MT4上部の挿入をクリック
  2. インディケータ→カスタムの順にクリック
  3. カスタムの中から「Heiken ashi」を選択
  4. MT4チャートに平均足が表示される

平均足はサブチャートではなく、メインチャートに表示されるインジゲーターです。

そのため、ローソク足と一緒に表示をさせてしまうと、同じ価格帯で被って表示されます。

どちらの足も見にくくなってしまうので、平均足表示とローソク足表示のチャートは分けた方が良いと言えるでしょう。

平均足チャートでローソク足を表示させない場合は、カスタムからローソク足の色を背景と同じにするかローソク足をラインチャートなどで表示させると良いです。

平均足の活かし方

次は平均足の活かし方について解説します。

トレンド手法や相場分析の幅を広げるために有効活用してみましょう。

トレンド転換のサインを察知する

トレンド転換サイン

トレンドが発生して相場の高安値圏でコマ足が連発すると、トレンド転換のサインになりやすいです。

コマ足とは実体の小さな足を指します。

相場の高安値圏でコマ足が出現するという事は、ロング勢とショート勢の力が均衡している状態です。

その後トレンドとは逆方向に相場が向かった際に転換方向への決済が進むため、トレンドが継続せずに転換する傾向にあります。

  • トレンドにうまく乗っかってエントリーした後にコマ足が連発→利益確定の決済
  • トレンド発生後にコマ足が連発→転換方向へのエントリー

このように決済だけでなく、エントリーポイントを見つける際にも有効な分析手法となります。

相場の高値圏で発生するコマ足はローソク足であってもトレンド転換と認識されやすいですが、価格の平均値で算出された平均足の方がだましが少ないです。

平均足の実体を見た順張り

平均足 ローソク足

平均足の実体が大きくなって、上昇or下落をしだすと強いトレンドの前兆と捉える事ができます。

価格の平均値から算出されているという性質上、平均足の実体が大きいことは伸びた方向への力が強い事を示しています。

価格が徐々にレンジを抜けだして、大きな実体を付けてくると強いトレンドを仮定した順張りに活かせるのです。

平均足のトレンドでは同じ色の足が連発するので、その後大きな足を作るとチャンスと言えるでしょう。

これはスイングトレードやデイトレードといった長めの保有だけではなく、瞬時のチャンスを狙ったスキャルピングでも有効な手段となります。

「そろそろ利益確定の決済を」と考えていた場合でも、トレンド方向に大きな実体を作ることで更なるトレンドの継続と仮定して利益を伸ばす際にも効果的です。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), FX基礎, テクニカル
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.