海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考

FXの練習に必須の無料ツール!ThinkTraderのメリット・デメリットや使用開始方法を解説!

更新日:

FXの裁量トレードには、テクニカル分析が不可欠です。

テクニカル分析を身に着け、実際の仕掛けで生きる技術を習得するためには、机上の勉強だけでは足りません。

本番の経験も当然必要ですが、倍速で技術を身に着けたいなら、練習ツールを活用しましょう。

多くの練習ツールが出回っていますが、無料で快適に練習したいのなら、ThinkTrader(旧Trade Interceptor)がおすすめ。ThinkTraderは無料ツールです。

今回は、ThinkTraderのメリット・デメリットや、アカウントの作成方法を詳しくご紹介します。

ThinkTraderとは

ThinkTraderとは、オンラインブローカーの「ThinkMarkets」が提供している取引プラットフォームであり、トレードの練習ツールです。

Tthink Marketsは、2010年に設立され、ロンドン、メルボルンに拠点を置いていますが、アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパ、南アメリカに広く事業を展開しています。

金融ライセンスはイギリスのFCA(Financial Conduct Authority)、南アフリカのFSCA(Financial Sector Conduct Authority)、オーストラリアのASIC(Australian Securities and Investment Commission)を保有していて、信頼のおける業者と考えて良いでしょう。

関連記事:XMやHotForexが安全なFX業者である証明|世界最難関英国FCAライセンス取得業者

ThinkTraderは取引プラットフォームなので、本来取引できるツールですが、日本人が口座開設可能な業者との提携がない(確認できない)ため、取引プラットフォームとしては利用できません。

ただ、過去チャートを呼び出し、取引の練習ができる「TradersGym」モードがあるため、国内では練習ツールとして広く知られています。

ThinkTraderのメリット

ThinkTraderの他にもForexTesterやMetaTraderのバックテスト機能など、取引の練習ができるツールはありますが、裁量トレードの練習をするなら、ThinkTraderは最有力候補です。

ThinkTraderのメリットをまとめてご紹介します。

銘柄が豊富

ThinkTraderを提供しているThinkMarketsはそもそもオンラインブローカーで、提供している取扱銘柄は多岐にわたります。

FXはもちろんのこと、GOLDや原油、コーンや小麦などのCFD、日経平均や米国ダウ平均、イギリスのFTSEなどの株価指数、海外個別株なども取引可能です。

トレードの練習ができる「TradersGym」モードでも、同様の銘柄のチャートを呼び出して取引の練習ができます。

銘柄や通貨ペアごとの値動きの特徴を掴みたいときは、本番口座でトレードする前に、ThinkTraderで確認しましょう。

チャートとしての機能性が高い

ThinkTraderは、チャートとしての機能に大変すぐれています。

その操作性はまるで人気分析ツールのTrading Viewのようで、直感的に操作可能です。

初心者の方でもある程度使い方を覚えてしまえば、使いやすいと感じるでしょう。

チャート画面は、同時に最大6枚まで表示可能で、時間足は1分、2分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日足、週足、月足を選択できますので、細かなMTF分析もやりやすい仕様です。

テクニカル指標も豊富で、描画ツールには少し高度なハーモニックを簡単に把握できるツールも搭載しています。

その他フィボナッチやギャン、ピッチフォークは当然のラインナップとなっていますので、基本的な分析に困ることはないでしょう。

無料で使える

なんと言っても、無料で使えるのは大きなメリットです。

ForexTesterやその他の練習ツールは、フル機能を利用するなら数万円の費用がかかるケースが多く、二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

ThinkTraderは無料ですから、まずは試しに使ってみることをおすすめします。

ThinkTraderのデメリット

ThinkTraderにもデメリットがあります。

使用し始めてから戸惑うことのないように、事前にしっかり把握しておきましょう。

日本語に対応していない

公式サイトをGoogle翻訳等で日本語表記に変更することはできますが、プラットフォームは英語か中国語しかありません。

ですが、トレード経験がある程度ある方なら、おおよその意味や使い方は使いながら覚えられます。

ただ、そうは言っても日本語が良いという方には、使いづらく感じるでしょう。

自動売買のバックテストはできない

ThinkTraderでは、自動売買のバックテストはできません。

手動でロジックを確認することはできますが、時間がかかりすぎるのでおすすめできません。

自動売買のバックテストをしたいときは、他のツールを使ったほうが良いでしょう。

関連記事:XMでEAのバックテストを行う方法|10年以上のヒストリカルデータをダウンロード

スマホでは練習できない

ThinkTraderのスマホアプリはありますが、取引専用で、練習をするための「TradersGym」はありません。

ThinkTraderの前身であるTrade Intercepterでは、スマホアプリでも練習できたのですが、2021年4月現在はできません。

ThinkTraderの使用開始方法

実際にThinkTraderを使うために、インストールから使用開始までを画像つきで解説していきます。

使用開始までの手順は、以下の通りです。

  1. 公式サイトからインストール
  2. アカウントを作成

1.公式サイトからインストール

まずはThinkMarkets公式サイトから、インストールします。インストールボタンは、トップページの下の方にあります。

FX トレード練習 ThinkTrader

次のページで、MacかWindowsか選択できますので、利用したい方をクリックしましょう。

FX トレード練習 ThinkTrader

ウェブサイトの下部もしくはダウンロードファイルにあるインストールファイルを起動してください。

「インストール」をくりっくすれば、インストールが始まります。

FX トレード練習 ThinkTrader

2.アカウントを作成

インストール完了後、ThinkTraderを起動するとログイン画面が表示されます。

初めての方は、アカウントを作成する必要がありますので、まずは上部「TradersGym」を選択したうえで、左下の「Sign up for free」をクリックしましょう。

FX トレード練習 ThinkTrader

次の画面で、メールアドレスとパスワードを求められます。

パスワードは任意のもので構いません。間違えずに二度入力しましょう。

FX トレード練習 ThinkTrader

最後に「Submit」をクリックすれば完了です。

 

まとめ

今回は、裁量トレードの無料練習ツール「ThinkTrader」をご紹介しました。

様々な銘柄の取引ができる上、練習速度の調節がしやすく、様々な時間足の分析が可能なので、より実戦向きですし、倍速で経験を積むこともできます。

これからFXの練習をする方は、有料ツールを使う前にぜひ一度ThinkTraderを試してみてください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.