海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考 FX基礎

Trading Viewとは?人気取引ツールのメリット・デメリットを解説

更新日:

多くのFX会社がしのぎを削る取引ツールの開発。

中でも最も多くのトレーダーに愛用されている取引ツールの一つは、やはりメタトレーダー(MT4,MT5)でしょう。

MT4MT5が使える海外FX業者の代表はXMTradingです。

 

しかし最近、Trading Viewを利用してチャート分析を行っているトレーダーも増えています。

聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、人気急上昇中のTrading Viewについてメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

Trading Viewとは

Trading Viewとは、シカゴに本社を構えるTrading View社が提供している、株・先物・FXのトレーダーと投資家のための無料で利用できるソーシャルネットワークです。

ソーシャルネットワークというだけあって、多くの投資家、トレーダーがトレードアイディアを公開し、それに対してコメントするなどのやり取りができます。

Trading View 取引ツール

 

Trading Viewのメイン機能は、何と言ってもチャートです。

豊富な分析機能で高度なチャート分析が可能であり、多種多様な市場にもアクセスできるため、多くのトレーダーから支持を得て、2021年3月現在、1000万人を超えるトレーダーが利用しています。

Trading Viewはインストール不要のブラウザ型なので、どんなブラウザでもネットに繋がる環境さえあれば利用できるうえ、動作が軽くサクサク動いてくれるので、ストレスなくチャート分析ができます。

では、Trading Viewのチャート機能のメリット・デメリットを一つずつ確認していきましょう。

Trading Viewのメリット

Trading Viewを利用するメリットは、非常に多いのですが、その中から厳選して以下の3つのメリットについてお伝えします。

  • 様々な市場にアクセス可能
  • 豊富なテクニカル指標と描画ツール
  • アプリも高性能

様々な市場にアクセス可能

Trading Viewは、非常に多くの市場にアクセスできます。

FXはもちろん、国内個別株、海外個別株、投資信託、ETF、先物、貴金属やプラチナ、穀物などのCFD、ビットコインを始めとする仮想通貨、日経平均や米国ダウ、SP500などの株式指数、失業率やGDPなどの経済指標のチャートも表示可能です。

Trading View メリット ツール

これらの全てを取引対象とすると、銘柄の選定が大変になってしまいますが、例えば米ドル円の相場予測に、米国債利回りを利用したり、日経平均や米国ダウを利用したりすることで、分析の幅が広がります。

豊富なテクニカル指標と描画ツール

Trading Viewには、非常に豊富なテクニカル指標と描画ツールが標準搭載されています。

トレンド系、オシレーター系のメジャーどころから聞いたこともないようなマイナーなものまで、100種類以上です。

色々と試してみたら、使ったことの無いような相性の良いテクニカル指標と出会えるかもしれません。

表示させたテクニカル指標は、パラメーターを詳細まで設定できるので、納得がいくまで相場にアジャストさせましょう。

また描画ツールは50種類以上あり、シンプルながらも有効なテクニカル分析の手助けをしてくれます。

描画できるツールは、トレンドラインや水平ラインはもちろん、フィボナッチ、ギャン、ハーモニック、エリオット波動カウント、指定範囲の出来高表示など多岐に渡ります。

Trading View メリット チャート

 

アプリも高性能

PC版のTrading Viewは、インストール不要のウェブブラウザ型なので、ネットに繋げられれば利用できます。

スマホでも同じようにブラウザでも利用できるのですが、スマホにはアプリがありますので、インストールしましょう。

多くのアプリ版の取引ツールは、PC版と比較して機能が劣りますが、Trading ViewはPCのようなチャート分析機能がそのまま使えます。

他のアプリを利用して取引していても、分析だけはTrading Viewのアプリで行うというトレーダーもいるほどです。

Trading View アプリ ダウンロード
出典:App Store

またPC版のチャート設定やウォッチリストを、同期することができるためスマホアプリで設定し直す必要がありません。

Androidにも対応していて無料で使用できるので、是非一度使用感を確かめてみてください。

 

Trading Viewのデメリット

非常に使い勝手がよく、豊富な機能を有するTrading Viewですが、デメリットもあります。

特に知っておきたいデメリットについてご紹介します。

  • 一部機能は有料
  • 広告が出る
  • 取引に使える業者が少ない

一部機能は有料

メリットでお伝えした機能は無料で利用できますが、さらに高度な分析機能には、有料プランへの加入が必要です。

有料プランで利用できる主な機能は、チャートの複数表示(最大8枚まで表示可)、オリジナルインジケーターの利用、最大25種類のインジケータ表示、無限のテンプレート保存などです。

これらの機能を利用しなくても十分高度な分析が可能なのですが、更に快適に高度な分析を行いたくなるのがトレーダーの性です。

お伝えしたような機能を使いたい、制限なく使い倒したいという方は、以下のプランを確認の上、有料プランを申し込んでみましょう。

Trading View 有料プラン 無料取引ツール

また、30日間無料でアップグレードできる無料トライアルもありますので、まずは試してみても良いでしょう。

広告が出る

Trading Viewは、高機能なツールを無料で提供しています。

その代わりというわけではありませんが、無料プランだとチャート上に広告が出ますので、気になるという方もいるでしょう。

Trading View デメリット 広告

×ボタンで消すこともできますし、有料プランに申し込めば、どのコースであっても広告表示はなくなります。

取引に使える業者は少ない

Trading Viewは非常に高機能で優れた取引ツールなのですが、取引で使える業者が非常に少ないため、多くのトレーダーが分析専用ツールとして利用しています。

国内FX業者でTrading Viewで取引できるのは、

くらいです。

海外業者では、残念ながらほとんど取引に対応していません。
そのかわり海外FX業者ではメタトレーダー(MT4/MT5)が使えますけどね。

おすすめチャート分析機能

多種多様な機能を有するTrading Viewの中で、無料で使える高度な分析機能があります。

それは「比較チャート」機能です。

比較チャート機能は、一つのチャートに他の通貨ペアや指数のチャートを重ねて表示できるというもので、他銘柄との相関関係による分析ができます。

例えば、ポンドドルのチャートにドルインデックスのチャートを重ねてみます。

Trading View おすすめ機能

パッと見ただけでも、逆相関の関係にあることが分かるでしょう。

つまり、ドルインデックスが下げる相場ではポンドドルが上がりやすく、逆もまた然りということです。

このように、様々な指標との関係性からトレードのヒントを得られるのも、Trading Viewの大きなメリットといえます。

 

まとめ

今回は、人気急上昇中の取引ツール、Trading Viewのメリット・デメリットについてご紹介しました。

食わず嫌いで使わないのは非常にもったいないので、まずは触れてみましょう。その良さがすぐに分かると思います。

様々な分析機能を利用して混乱するのではなく、数ある分析機能から自分が信頼してトレードできる手がかりを見つけてみてください。

きっと、良いトレードのヒントを得られるはずです。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考, FX基礎
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.