海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) XMについて トレード参考

XMで南アフリカランド円(ZARJPY)は取引できない?

投稿日:

日本国内で人気の通貨ペアである南アフリカランド円(ZARJPY)ですが、海外FX業者のXMでもトレードできるのか?

MT4/MT5を開いて通貨ペア一覧を見てもZARJPYがないような…。

日本国内のFX業者に慣れた方だとZARJPYがないことを疑問に感じた方も多いかもしれません。

 

実はXMでは南アフリカランド円(ZARJPY)はトレードできません。

XMで南アフリカランド円(ZARJPY)は取引できない

MT4/MT5の通貨ペア一覧に出てこないので、XMで南アフリカランド円(ZARJPY)をトレードすることはできません。

では、他の海外FX業者はどうか…。

確認してみましたが、どこの海外FX業者も通貨ペア一覧にランド円はありませんでした。

 

唯一ランド円を取引できるハイレバレッジの海外FX業者は、日本人が経営しているGEMFOREXです。

GEMFOREX口座開設の手順とボーナス受け取り方法|たった3分で口座開設可能

海外FX業者で人気のGEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設方法を紹介します。 この記事ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の「新規口座開設手順」「ボーナスの受け取り方法」「Gemtrade ...

続きを見る

南アフリカランドと他の通貨ペアは?

円とのペアはありませんでしたが、他の通貨ペアと南アフリカランドはXMでも取引できます。

  • ドル南アフリカランド(USD/ZAR)
  • ユーロ南アフリカランド(EUR/ZAR)

南アフリカランドは、ドルとユーロのペアで取引が可能です。

スワップは?

「USD/ZAR、EUR/ZAR」それぞれのスワップポイントを見てみましょう。

XMスタンダード口座で1ロット(10万通貨)のときのスワップポイントです。

通貨ペア売りスワップ買いスワップ
USD/ZAR579-2171
EUR/ZAR1565-3389

 

XM(エックスエム)のスワップポイント確認方法

XM Tradingでスワップポイントを確認する方法について紹介します。 デイトレードやスキャルピングトレードの方はあまり気にしていないかもしれない「スワップポイント」   しかし、スイング ...

続きを見る

 

まとめ

XMでは南アフリカランド円のトレードはできません。ただ、USDとEURとの通貨ペアでは取引ができるということです。

なお、高金利として人気のトルコリラ円(TRY/JPY)ペアもありません。(他の海外FX業者でもトレードできません)

海外FX業者では、マイナー通貨のクロス円はないということですね。

 

XMで一番高いスワップはユーロトルコリラ|スワップ狙いかEAトレードか

XMで一番高いスワップはどの通貨ペアか。 答えは、ユーロトルコリラ(EUR/TRY)です。 なお、XMにトルコリラ円(TRY/JPY)ペアはありません。   ふくろうはスワップ狙いのトレード ...

続きを見る



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), XMについて, トレード参考
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.