海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) テクニカル

ボリンジャーバンドでバンドウォーク発生時のエントリールールを覚えて勝率の高いトレードをする

更新日:

今回は、万能なテクニカル指標のボリンジャーバンド、その重要な要素の一つである「バンドウォーク」について解説します。

前回のボリンジャーバンドの見方・トレンドを見極める方法についてはこちら

ボリンジャーバンドの見方をマスター|トレンドとレンジを見極め勝率UP

今回のFXテクニカル分析は「ボリンジャーバンド」です。 ボリンジャーバンドの見方をマスターしトレンドを見極め、FXトレードの勝率を上げていく方法を紹介します。 「買いと売りのどっちの方向に取引したら良 ...

続きを見る

バンドウォーク時のトレードは一般的に難しいとされていますが、実は今回ご紹介するルールを採用することで、比較的簡単にバンドウォークが発生している相場で利益を上げることが可能となります。

トレードルールの解説に入る前に、まずはバンドウォークについて説明していきます。

バンドウォークとは

ボリンジャーバンドにとって重要な要素となるバンドウォークとは、ボリンジャーバンドの±2σにローソク足がタッチし続けている状態で相場が推移している状況のことを指します。

ボリンジャーバンド バンドウォーク

理論上±2σを超える確率は95.4%とされているので、ここを超えて推移している=強いトレンド相場が発生していると分析することができます。

その為、バンドウォーク発生を捉えることは勝率の高いトレードができるチャンスとなります。

バンドウォーク時の相場の特徴

ボリンジャーバンドによるバンドウォークが発生しているときは、強いトレンド=一方通行となりやすい相場であることが多いです。

なので、バンドウォーク時は押し目戻り目がほとんどなく、エントリーのタイミングが取り辛いといえます。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

そこで、バンドウォーク時に上手にエントリーするためのトレードルールを後ほど解説しますので、是非参考にしてください。

バンドウォークを狙った取引をするのであれば、トレンドが出やすい・ボラティリティが高い通貨ペアを選んでください。

例えば、GBPJPYといった値動きが活発でトレンドが継続しやすい通貨ペアであれば、下記の様にバンドウォークの発生頻度も多い為おススメです。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

画像をご覧の通り、バンドウォークがよく発生しています。

このような相場であれば、含み損をほとんど抱えることなく利益を伸ばすことができるので、バンドウォークは是非とも狙いたい値動きです。

バンドウォークの判断基準

バンドウォークしているかどうかの判断基準は、まず終値で±2σを超えて推移しているかということと、ボリンジャーバンドの広がり加減に注目する必要があります。

下記画像のようにボリンジャーバンド中央ラインに角度があり、ローソク足が±2σを終値で超えていて、尚且つボリンジャーバンドがエクスパンション(広がっている)している場合、バンドウォークが発生していると判断することができます。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

一方で、下記画像のように一時的に相場が急騰(急落)し、±2σを終値で超えずにヒゲを付けたり、すぐに±2σを下回ってきた場合は、バンドウォークと判断することはできません。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

つまり、バンドウォークと判断するには

  • 少なくとも2連続で、ローソク足終値が±2σを超えている
  • ボリンジャーバンドがエクスパンションしている

以上のことを確認することが重要となります。

バンドウォーク時のエントリーからイグジットまで

それでは、バンドウォーク時のエントリー判断から、イグジット(決済)までのルールを解説します。

バンドウォーク時のエントリーで重要なのは、“押し目戻り目を待たない”ということです。

例えばバンドウォークで下落しているのであれば、前ローソク足の終値を上回ったときにすぐエントリーして、利確・損切りの決済注文はローソク足が±2σ内に戻ってきたタイミングで行います。

バンドウォークが発生せずダマシになる場合も考えて、リスクを抑えるのであれば、3つ目のローソク足から取引するのが一つの選択肢です。

バンドウォークのエントリーの例

それでは、先ほどのルールでバンドウォークを取引した場合どうなるのか、実際のチャートを使って解説します。

まず、豪ドル/ドルで発生したバンドウォークを確認してみます。

日足でバンドウォークしている場合は、長期的に強いトレンドが出ている証拠であり、大きく稼ぐチャンスとなっています。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

日足の場合もルールは同じ、今回であればバンドウォークの三本目のローソク足からエントリーを準備(赤い〇のポイント)。

前日足の終値を超えた位置でショート、±2σ内にローソク足が入ってきた時点で決済します(青い〇のポイント)。

この場合の獲得pipsは約150pips程度です。

日足単位でバンドウォークすることは滅多にありませんが、その分バンドウォークが起きた時には大きく利益を得るチャンスとなります。

次はドル/カナダドルの一時間足チャートです。

ボリンジャーバンド バンドウォーク 見方

こちらも三つ目の足からエントリーして、+2σ内に価格が戻ってきたら利確します。

このトレードによって、エントリーAは約20pips、エントリーBは約40pips獲得することができました。

AとBのどちらのバンドウォークも、±2σ内に価格が戻ってきた後は、価格が横ばい→反落している点にも注目してください。

まとめ

今回のようにバンドウォーク時の勢いがある相場は、エントリーからイグジットまでの判断が簡単です。

バンドウォーク時のトレードルール

  • バンドウォーク時の前のローソク足終値を目安にエントリー
  • ±2σ内にローソク足が入ってきたタイミングで決済
  • リスクを減らすならローソク足三本目からエントリーする

また、このルールではポジションの追加も簡単にできます。

これまでバンドウォーク時のトレードに悩まされていた方は、是非このルールでトレードしてみてください。

ではでは。

 

ボリンジャーバンドでスキャルピング|エントリー方法を覚えるだけでリスクを抑えられる



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), テクニカル
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.