海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) EA自動売買 トラリピEA質問

トラリピEAの複利運用で最大限に資金効率を上げる方法を5つ紹介

更新日:

今回はフクログオリジナルのトラリピEAをご利用いただいているEAトレーダーの方からの質問を紹介します。

「トラリピEAで利益がだいぶ出てきたので複利運用をしたいけど、どうやったらいいかわからない」

トラリピEAをご利用いただいている方から、今まで同じような質問を多くいただいていて、それぞれ個別に答えていましたが、メールで回答するのも長くなるので今回記事にしました。

[無料EA] バージョンアップ版トラリピEAをプレゼント|MT4で自動売買

前回公開していたトラリピEAは、公開から2週間で300ダウンロード以上されかなりの反響をいただきました。(新バージョンのトラリピEAも既に800ダウンロード以上) XMで自動売買(無料EA)!利益が自 ...

続きを見る

 

トラリピEAは複利運用か単利運用か

まず初めに、フクログではトラリピEAで複利運用をおすすめしています。

しかし、「複利で運用するか」「単利で運用するか」は、どちらでもご自分に合う方法を取っていただければよいです。

もともと資金が少なくて始めた方は、複利運用どころの話ではないのでまずは安定運用を目指してコツコツと資金を増やすことに集中するべきです。

とはいえ、トラリピEAで資金効率を上げてより大きな収益を目指すのであれば「複利運用は必須」といえます。複利運用し続けている方と単利運用だけで運用している方の資産額は、数年後には数十倍~数百倍程度の違いになってきます。

「人類最大の発明は複利(アインシュタイン)」ですよ(笑)

 

ふくろうは、将来の老後資金をためるべく利益はすべて複利運用にまわしています。

少なくてもあと5年から8年は資金を引き上げる気はありません。

 

ただし「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」というジョージ・ソロスの名言にもある通り、無理な複利運用は避けるべきですね。

 

トラリピEAで複利運用する方法

では、どうやってトラリピEAで複利運用を開始するのか。

複利運用のパターンはいくつかあります。

  • ロットを増やす
  • トラップ本数を増やす
  • トラリピ設定をする通貨ペアを増やす
  • 追加口座を開設してトラリピ設定を増やす
  • ロングだけだった場合、ショートのトラリピも加える

それぞれ簡単に解説します。

 

ロットを増やす

単純にトレードをするロット数を増やします。

デフォルトの0.03(3千通貨)でトラップを置いていたのであれば、0.04または0.05と増やしていきます。

いきなりロットを倍にするとかではないので、ある程度調整が効いて一番簡単な複利運用の方法です。

 

ただし、パラメータ設定で基本ロットを変更したらいきなりすべての注文ロット数が変更されるわけではありません。

現在すでに注文が通っているトラップ注文についてはロット数は変更されません。

一度注文が通り、決済されたあとに新たなロット数で注文が自動で入ります。

ここは結構勘違いされている方が多いので注意が必要です。

 

トラップ本数を増やす

50pips単位にトラップをかけていたものを30pips単位に変えるもしくは、豪ドル円であれば一番上のトラップが85円だったのを90円にするなどトラップの本数を増やすというもの。

資金効率が良くなるというよりは設定の見直しに近いですね。

こちらの方法は、一旦現在の予約注文をすべてキャンセルして再度トラリピのパラメータ設定をやり直し新規にトラップを置きなおす形になります。

 

トラリピ設定をする通貨ペアを増やす

複利運用として、「トラリピ設定をする通貨ペアを増やす」というのは、一番多く取り入れている方が多い方法です。

トラリピEAだけでポートフォリオを組めるイメージなのでおすすめです。

なお、注文数が増えてごちゃごちゃしてしまうので、通貨ペアごとにMT4を複数立ち上げてトラリピ設定することをおすすめします。

MT4を複数同時に起動させるもっとも簡単な方法

複数のMT4を同時に起動させる簡単な方法を紹介します。 この記事は以下のような方が対象です。 同一口座で複数のEAを稼働させたい(トラリピEAまたはハーフ&ハーフEAなど) 海外FX業者(XMなど)の ...

続きを見る

 

追加口座を開設してトラリピ設定を増やす

「MT4を複数立ち上げて通貨ペアごとにトラリピを設定する方法」と「追加口座を開設してトラリピを追加で設定する」のは一見同じに感じますよね。

この2つの違いは「資金を別で管理するか否か」です。

 

追加口座で口座をわけることで資金を移動する必要があるのでより管理が綿密になります。

口座をわけるメリットとしては、もし〇〇ショックである通貨ペアが危機になったとしても、口座を分けていれば巻き添えを回避することができます。

要はリスク分散になるということ。

追加口座でトラリピ設定をわけて複利運用されているかたも多いです。

XMで複数の口座を開設する方法。追加口座のメリットとデメリット

XM(エックスエム)のトップページに「追加口座を開設する」とあるので、何のために複数口座を追加開設するのか疑問に思った方も多いと思います。 XM(エックスエム)では1人で最大8つ口座を開設することがで ...

続きを見る

 

ロングだけだった場合、ショートのトラリピも加える

バージョンアップ版のトラリピEAはロングもショートも対応できるように改良されました。

今までロングだけでトラリピをされていたかたが資金効率を上げるためにショートを取り入れる方が増えています。両建てをするということです。

 

実は両建てをするとXM(エックスエム)では証拠金が0になります。

これは使わない手はありませんね。資金効率が一気に上がります。

そばの波すべて利益に変える究極の運用方法といえます。

 

ただし、注意事項があります。

XMでは同一口座内であれば両建てをすることは公式に認められていますが、複数口座間での両建ては禁止されています。

XMの両建てで稼ぐ方法と両建て禁止のパターンを覚えておこう

海外FX業者のXMでは両建てが正式に認められています。 両建て:同じ通貨ペアを「買い」と「売り」で両方のポジションを同時に持つこと また、通常ポジションを持てば証拠金が必要になりますが、XMでは両建て ...

続きを見る

 

どれくらい資金が増えたら複利運用を開始するのか

資金がどれくらい増えたら複利運用を開始したらよいか、こちらもよくある質問のひとつです。

答えは、ご自身の考え方次第で変わってきます。

早くに資金を増やしたいのであれば、「多少のリスクを負ってでも複利運用にまわす」また「資金が倍になってから安全に複利運用を開始する」というかたもいます。

  • 資金がある程度増えたら複利運用開始
  • 運用資金が倍になったら複利運用開始

おすすめは「資金がある程度増えたら複利運用開始」してしまう方法です。

もちろんリスクは発生しますが、ふくろうはそうやって資金を加速度的に増やしてきました。

例えば、100万円の資金で120万円まで増えたら20万円を別口座に移して少額用にパラメータを設定して複利運用を開始する。などの方法です。

100万円の資金が200万円になるまで単利で増やしていくよりは何倍も効率よく稼ぐことができます。

トラリピEAは口座いくつ分でもMT4IDをご連絡いただければライセンス発行するので、その都度お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

トラリピEAの複利運用方法について紹介しました。

通貨ペアを増やすことでリスク分散にもなるのでおすすめです。

もちろん豪ドル円にしぼってさまざまなトラップを設定することもよいでしょう。ふくろうは数年間、豪ドルだけでトラリピを行ってきました。

 

参考になれば幸いです。ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), EA自動売買, トラリピEA質問
-,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.