海外FXの教科書「フクログ」

XMの少額資金ハイレバでセミリタイアを目指すブログ

FX(為替) EA自動売買 VPSについて

VPSを無料で使う方法|MT4でEA自動売買を24時間稼働

更新日:



MT4でEA(自動売買)を稼働させていて、24時間EAを稼働させるべくVPSを検討されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、VPSを無料でレンタルできるサービスを探している方へ紹介する記事です。

 

まずは、VPSとは何かわからない方へ解説を行います。説明不要な方は目次から必要な情報へ飛んでくださいね。

 

スポンサーリンク

VPSとは

VPSとは、Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)の略で仮想サーバーとも言います。

要は、仮想のパソコンに自分専用のデスクトップ環境を作ることができ、どこからでもアクセスできるようになります。

 

VPS(仮想サーバー)は、ホストOS上にユーザごとにゲストOSが用意されているので、ゲストOS同士は干渉しません。また、共用サーバーより負荷に強く、ゲストOS上でソフトウェアの運用ができるのも特徴になっています。1台のサーバーを占有できる専用サーバよりも性能は劣りますが、共有サーバーよりは性能は高いと言えます。

料金は専用サーバよりはVPSのほうが断然安くすみます。ただし、VPS含め、共有サーバ、専用サーバは設定や運用をご自身で行う必要が出てきます。

 

VPSのメリット

自宅でEAを24時間稼働かせておくには、PCにMT4を入れて24時間起動させておく必要があります。そして、EAを安定して稼働させておくにはそれなりの環境が必要になってしまいます。

そこでVPSを利用するんですね。自動売買を行うトレーダーには、VPSはメリットが多いのが特徴です。

 

  • 自宅PCを24時間稼働させておく必要がない(電気代やPCの消耗がない)
  • PCのスペックや回線環境を気にする必要がない(トラブルによる取引停止リスクがない)
  • 停電による取引停止のトラブルがない
  • 取引(約定)のスピードが速い(通信速度が高速)

PCのスペックにもよりますが、24時間MT4を立ち上げてEAを稼働させておくには月額で2,3千円は電気代は掛かるでしょう。そして、パソコンはサーバーと違い24時間稼働用に作られていないので、ハード的な消耗も激しくなります。

 

VPSのデメリット

通常VPSをレンタルする場合は、当然費用が発生します。またVPSの設定や運用は自分で行う必要が出てきます。

  • 月単位でVPSを契約して料金が発生する(通常のVPS契約 約3000円/月ほど)
    ただし、今回紹介するVPSは無料なのでコストはゼロ
  • VPSの設定や運用を自分で行う必要がある

デメリットとして挙げた費用面が無料になれば、ほとんどデメリットはなくなります。PCの24時間稼働の電気代を考えればデメリットというほどではないですけどね。

それではVPSを無料で利用する方法の紹介です。

 

XMでVPSを利用する方法

日本人トレーダーに人気の海外FX業者XMでVPSが無料で提供されています。(ただし無料利用するには後述する条件があります)

XMのVPSを利用することで、約定スピードが格段に上がるのでEAによる自動売買にはかなり向いています。

 

取引の制限なども特にないので自由度も高い人気のサービスです。

 

まずは、XMに口座がないことには話にならないので、口座がある前提で話を進めていきます。

 

XMにログイン後、メニューの「口座」から「VPS」をクリックします。

 

口座IDを確認後に「VPSをリクエストする」をクリックします。

 

XMのVPSを無料で利用する条件

毎月第一営業日に、MT4 VPSサービスは自動的に更新され、以下の条件が査定されます:

  • お客様が取引口座に最低5000 USD或いはは他の通貨での相当額の残高(有効証拠金‐クレジット)をお持ちであり、過去30日の間に5ラウンドターンロットもしくは500ラウンドターンマイクロロットの最低取引量(FX、ゴールド或いはシルバー)を行った場合、VPSサービスは無料でご利用頂けます。無料VPSサービスのご利用にあたり、同じメールアドレスでご登録された他の取引口座も合算して計算致します。
  • クライアントの取引口座 (VPSサービス利用にお使いの口座) が以上の条件を満たさない場合で、サービス手数料(クライアントに保有ポジションがある場合は、小さいマージンも含む)に足る資金がある場合 、前述の28米ドルまたは同等額が口座から引き落とされます。
  • クライアントの取引口座に利用可能な残高がない場合には、MT4 VPSサービスは停止され、口座に関係するVPSのインスタンスは削除されます。

 

無料でVPSを利用できる条件は、簡単にまとめると下記となります。

  • 「口座残高5000$以上あること」
  • 「過去30日間の取引量5ロット以上」

この条件から外れた場合は、28ドルが口座から引き落とされるようになります。(口座残高がなければVPSは停止されるだけ)

例え、条件が満たされていなくても、28ドルで利用できるのは安価といえます。また、初月は費用が掛かったとしても、次の月からはEAによる自動売買で取引量を増やして無料にする方法もあります。なお、この条件はすべての口座合算で可能です。

 

まとめ

自宅のPCでEAを動かしてみて、本格的にEAを24時間稼働させたいと思ったら、XMのVPSのようなサービスを利用することをおすすめします。

デメリット以上のメリットがたくさん感じられるでしょう。

 

 





よく読まれている記事

-FX(為替), EA自動売買, VPSについて
-, ,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.