兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 ニュース

SwiftDemandでKYC(本人確認)開始|今後なんか動きある!?

投稿日:



SwiftDemandで毎日ぽっちって100SWIFTもらってます。ベーシックインカムですね。

本日も平和にポチろうとしたら、何やらトップ画面にメッセージが出ていました。

 

SwiftDemand ベーシックインカム 証明書

「Announcement:Please verify your government ID to send Swifts or make purchases.」

「発表:swiftを送ったり、購入したりするには政府IDの認証が必要です。」

 

[Swift Demand]毎日無料で仮想通貨をもらうSWIFT登録方法|将来性と使い道

今回は、無料で毎日もらえる仮想通貨[Swift Demand]の登録方法とその使い道についてです。 毎日1クリックするだけで100Swiftもらえます!1か月で3000SWIFT! こちらは完全にリス ...

続きを見る

登録がまだのかたは、SwiftDemand公式サイトから登録

 

以前はSMS認証のみでしたが、新たにKYC(本人確認)のために証明書のアップロードをしなければならなくなりました。

SwiftDemandでは、今後以下の理由でKYCが必要になります。

 

  • 複数アカウントを防ぐため
  • Swift転送するときに必要
  • 店舗購入するときに必要

 

今後なんらかの動き(上場とか?)があるのかな?どちらにしても良い方向で動いていますね!

証明書の画像があれば1分も掛からない作業ですが本記事で紹介します。

 

スポンサーリンク

SwiftDemand本人確認方法

1)「Announcement:Please verify your government ID to send Swifts or make purchases.」をクリック

SwiftDemand アップロード

 

2)証明書をアップロードします。

名前、住所、電話番号、メールアドレスまでは確認が終わっている状態です。終わっていない方は登録していきましょう。

SwiftDemand 本人確認書類

 

公式では、パスポートの画像をアップロードすることを推奨しています。

SwiftDemand requires Government ID

でも、ふくろうはパスポートが切れているので、免許証をアップロードしました(笑)

 

一枚目は、証明書の画像で、二枚目はセルフィー(証明書を持った自撮り)です。

swiftdemand 本人確認

 

3)「Submit Documents」クリック

画像をアップロードしたら「Submit Documents」をクリックして完了です。

 

承認作業には「最大で1週間かかる」と記載がありますが、ふくろうの場合は10分程度で「VERIFIED」されました。

SwiftDemand 免許証

 

日本の免許証でも大丈夫ということですね!

送金できなと困るので、みなさんも早めに対処することをおすすめします。

 

では!



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, ニュース
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly