海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

テクニカル

DMIはトレンド強弱判断に最適なテクニカル指標のひとつ|具体的な使用例を解説

更新日:

FXでは当然ですが、トレンド相場を狙う事で大きな利益の獲得ができます。

本記事で紹介するのは、そんなトレンド分析で有効なDMIというテクニカル指標です。

特徴や使い方を把握して、より精度の高い相場分析をしていきましょう。

DMIとは

DMIとは、市場動向を見極めるために開発されたテクニカル指標です。

オシレーター系で人気のRSIを開発した、米国のJ.W.ワイルダーという方が考案をしました。

RSIは相場の買われすぎや売られすぎを示すオシレーターですが、トレンド相場になるととことん弱いという欠点があります。

DMIはその欠点をカバーするために開発されており、トレンド発生の有無や強弱を示す優秀なインジゲーターとして多くのトレーダーに愛用されています。

3本の線でトレンド動向を示す

DMIは、MT4チャート上部の「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Average Directional Movement Index」の順にクリックするとサブチャートへ表示できます。

DMI トレンド 見極め

ご覧のように、3本の線が表示されるテクニカル指標です。

  • +DI 上昇トレンドの可能性を判断する
  • -DI 下降トレンドの可能性を判断する
  • ADX トレンドの強弱を判断する

計算式は以下の通りです。

  • +DI=(n日間の+DMの合計)÷(n日間の最大値の合計)×100
  • -DI=(n日間の-DMの合計)÷(n日間の最大値の合計)×100
  • ADX=(+DIから-DIを引いた値の絶対値をDIの合計)のn日間平均

終値の比較は一切関係なく、当日の高安値が前日の高安値に比べてどちらかが大きいかを示しています。

RSIのように価格が判断基準にならず、相場の平均値(ボラティリティ)からトレンド分析を行うというものです。

n値はデフォルトで14が設定されていますが、この期間に正解はないので、自身の手法に合わせて調整をしていきましょう。

DMIの見方

DMIを活用する見る際は、まず+DIと-DIのクロスに焦点を当てます。

  • +DIが-DIを下から上に上抜く→買いのシグナル
  • +DIが-DIを上から下に下抜く→売りのシグナル

上記のように判断が可能です。

この+DIと-DIの間に空間が大きく発生していると、トレンドが強い事を意味しています。

また、ADXの位置も重要となります。

  • 上昇トレンド発生中にADXが上昇→買いシグナル
  • 下落トレンド発生中にADXが上昇→売りシグナル

買い売りどちらのシグナルでも、トレンドの前兆や発生中はADXも上向きになる仕組みです。

通常のオシレーターのように、下落トレンド過程では下向きになるというわけではありません。

サブチャート上にはメモリがありますが、ADXがメモリの下方向を推移している状態はレンジ相場であると捉えられます。

反対に上昇方向で推移しているとトレンドの発生と捉えられて、相場の強弱が分かる仕組みです。

DMIの活用方法

次に、DMIの活用方法を見ていきます。

具体的な手法だけではなく、環境認識の方法についても見ていきましょう。

トレンド発生後の順張り

DMI トレンド 使い方

DMIは、トレンド発生後の順張りで活かせます。

前述した+DIが-DIを下から上に上抜いた状態で、ADXが上方向に推移したら上昇トレンドの継続を狙った順張りです。

反対に、+DIが-DIを上から下に下抜いて、ADXが上方向に推移したら下落トレンドの継続を狙います。

トレンドの前兆から狙えるので、大きなpips幅を狙うのに適していると言えるでしょう。

多くのトレンド系オシレーターでは、トレンドがしっかり発生してから反応するのに対して、DMIではトレンドを作り出した時から狙えます。

その分ダマシは増えますが、取引回数を多くしたい方におすすめの分析手法です。

もちろん、DMIだけの分析では勝率を落とすので、三角持ち合いやレンジの継続といった、他のトレンド前兆の根拠を付け足すと良いでしょう。

トレンドとレンジの環境認識

次は、トレンドとレンジ相場の環境認識に使うという方法です。

環境認識をする際はADXの動きだけを注目します。

ADXは、相場の強弱に対して敏感に反応するという特徴があります。

DMIをチャート挿入する際に、ADXのレベルを25ほどに設定して表示させましょう。

この25という数値はトレーダーの手法によって差がありますが、一般的に用いられている水準として見ておけば良いです。

DMI トレンド 使い方 解説

ADXの線が25以下を推移していると、その相場はレンジ相場が発生していると認識できます。

レンジが発生するという事は、順張りは通用せずに逆張りの強い相場と判断可能です。

短い時間足であったとしてもスキャルピングに有利と言えるでしょう。

反対に25以上を推移していると、トレンド相場が発生している状況です。

トレンド相場の場合は、ADXの角度が急なポイントよりも、角度が緩やかに上昇している方が強いトレンドになりやすい傾向にあります。

トレンド転換を察知した決済ポイントの把握

トレンド相場にうまくエントリーできた時、DMIは利益確定の決済をする際にも活用可能です。

トレンド発生時は、+DIと-DIに大きな空間が広がりますが、トレンドの力が弱まってくると収縮していきます。

収縮後に2つの線がクロスしたポイントが、利益確定の判断として妥当と言えるでしょう。

また、その際にADXがどの位置にあれば決済をするかといった、自分なりの根拠を持っておくと良いです。

DMI トレンド 基礎

DMIは相場の上昇下落で敏感に反応するので、上チャートのように25ラインに再度戻ってきた箇所でも充分な利益が出ている場合があります。

DMIの注意点

DMIはトレンド分析に優秀なツールですが、DMIだけではダマシが多いという欠点があります。

仮に+DIと-DIがクロス、ADXが上昇したとしても、明確なトレンドにはならずレンジが継続する事もあるのです。

その際には、小さな利益or損失で終わる可能性もあります。

負け数は増える懸念はありますが、1回のトレンドで期待できる利益は大きい指標であると覚えておきましょう。

FXは1勝9敗でも、1勝分の利益が大きければ利益が出るものです。

しかし、負け数が多いと資金管理を崩してしまう方が多いので、負けをしっかり受け入れられるトレーダーのみ活用すると良いでしょう。

または、他の複数根拠を付け足して精度を高める事も重要です。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ1000倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-テクニカル
-

海外FXの教科書「フクログ」ホーム

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.