海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) FX基礎 テクニカル

ローソク足パターンを理解してエントリー精度を上げる|プライスアクションで相場予測

更新日:

FX取引では、ローソク足を使った相場分析がテクニカルの基本となります。

そのローソク足のパターンを見た「プライスアクション」を理解することで、普段の相場分析やエントリーで精度を上げられるのです。

本記事ではそんなプライスアクションをテーマに、概要や覚えておくべきパターンを詳しく解説します。

プライスアクションとは

プライスアクションとは、簡単に言うとローソク足のパターンを指します。

  • プライス→価格
  • アクション→動き

直訳すると価格の動きとなりますが、チャート上に表示させたローソク足の形を見ることで売買動向や先の値動きが予測できるというものです。

投資家の間ではこのプライスアクションが強く意識されるため、パターン通りに動きやすい傾向にあります。

ローソク足の形状を見て「相場が転換しそうなのか」もしくは「トレンドに近づいているのか」を判断する事で、エントリーする方向やタイミングが分析しやすいです。

また、トレンド継続や転換の判断ができれば、注文後の利益確定ポイントや損切りのポイントを判断するのにも役立ちます。

為替相場は投資家の大衆心理で形成されるので、プライスアクションのようなローソク足のパターンを分析する事が重要となるのです。

全ての時間足で共通する

プライスアクションのようなローソク足のパターンは、決まった時間足だけでなく全ての時間足で共通します。

トレーダーによって分析する時間足はそれぞれですが、日足や週足といった長い時間足や1分や5分といった短い時間足でも共通です。

そのため、トレードスタイルがスキャルピングのような短期売買やスイングトレードのような長い時間足であったとしても覚えておくべき事と言えるでしょう。

時間足は短くなればなるほど騙しが増えるという特徴もありますが、その分チャンスは増えるので自身の手法や取引スタイルに合わせて分析をしてみましょう。

FXで覚えておくべきプライスアクション

次に、FXで覚えておくべきプライスアクションを紹介します。

プライスアクションには様々なパターンがありますが、まずは重要なものを押さえて自身のトレードに活用してみましょう。

スパイク

スパイクとは、登山靴やスポーツで使われる靴のように「先のとがったもの」を指します。

プラスアクションにおけるスパイクも同じで、相場の天底でローソク足がヒゲを突き出した状態を表現しています。

ローソク足 パターン プライスアクション スパイク

これは上昇局面でのスパイクを表した画像です。

上昇トレンドの転換となるポイントで、上に長いヒゲが出現している事が分かります。

上昇局面であれば陽線での上ヒゲ、下降局面であれば陰線の長い下ヒゲを付ける傾向です。

このパターンが出現すると、その後とトレンドの転換となりやすく逆張りが有効となる相場であると言えます。

トレンド方向への長いヒゲは投資家達の利確ポイントして意識されやすく、決済による相場の転換になりやすいです。

スラスト

スラストは「押す」「推進力」といった意味を持ちます。

ローソク足 パターン プライスアクション スラスト

上昇局面の場合は直前のローソク足が上髭を付けたポイント、もしくは意識されている価格帯を上にブレイクする事を指します。

下落局面では直前のローソク足の下ヒゲ、または直近で意識されている価格帯を下にブレイクした状況です。

高安値の更新が強く推進されている状態で、投資家の心理には「まだまだ強いトレンドが続く」と意識されます。

トレンドの継続が見込めることから、順張りを狙ったエントリーや利益確定を待つといった判断が可能です。

4時間足や日足で分析するトレーダーは、トレンド過程でこのパターンが出現をすると更なるトレンドの継続を狙ってエントリーが集中する傾向にあります。

アウトサイド

アウトサイドは、別名で包み線とも言います。

ローソク足 パターン プライスアクション アウトサイド

その時のローソク足が前回のローソク足をしっかり包みこむチャートパターンです。

  • 前足陰線→次足で大陽線
  • 前足陽線→次足で大陰線

前足の値動きと正反対の方向に大きな値動きが生まれた事を示しており、大きくなったローソク足の方向に相場が進みやすいです。

  • 大陽線→上昇トレンドの前兆
  • 大陰線→下落トレンドの前兆

また、大陽線後に小さな陰線、大陰線後に小さな陽線が出現する事をインサイドと言います。

アウトサイドとインサイドは交互に出現する可能性もあり、その場合はトレンドの方向性が決まっていない状況になります。

保ち合いといったロング勢とショート勢が均衡している場合でも、このアウトサイドが出現しやすいです。

その場合は、「次にどちらの方向にブレイクするか」を意識して見るようにしましょう。

持ち合い後のブレイクが投資家の売買に影響するので、順張りに有効なチャートパターンであると言えるでしょう。

ランウェイ

為替相場では高安値ラインの価格帯が意識されやすいですが、そのラインで必ず反発をするわけではありません。

ラインというものは必ずブレイクして、高安値の更新に繋がります。

その高安値更新で意識されやすいプライスアクションがランウェイというパターンです。

ローソク足 パターン プライスアクション ランウェイ

直近のローソク足が、高安値付近で数回の反発をした後に出現しやすいです。

複数回の反発を繰り返したのちに、1本のローソク足でブレイクしてくると高安値更新後の新たな価格水準で推移する傾向にあります。

レジスタンスラインやサポートラインの転換でも重要な要素となります。

レジサポの転換では、それまで意識されていた価格帯をブレイクしたあとに、異なる価格帯で値動きが推移します。

これが意識される価格帯で、全く反発をせず急にブレイクしてくるとだましの可能性が高まります。

あくまでも、数回の反発をしたあとにラインブレイクをしてくると価格帯の転換になりやすいと考えておきしょう。

プライスアクション+αでの根拠付けが重要

プライスアクションは、先の相場を予測するのに有効な分析手法です。

しかし、プライスアクションのみでエントリーをすると高い勝率は出せないでしょう。

インジゲーターなどの他の根拠を+αで付ける事が重要となります。

プライスアクションのみではだましの発生に気づけない他、明確な根拠付けにはなりません。

あくまでも分析補助のような認識で、自身の手法に組み込んでみるといいでしょう。

ローソク足は投資家の大衆心理を表すものなので、しっかり分析をして精度の高い取引をして見てください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), FX基礎, テクニカル
-,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.