海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考

MTF分析には必須!MT4/MT5で移動平均線を表示させる時間足を選択するメリットと具体例

更新日:

テクニカル分析を行うには、MTF分析は必須事項です。

しかし、慣れないうちは複数時間足の観察でかえって混乱してしまったり、テクニカル指標がたくさん表示されて、どれを信頼すれば良いのか迷ってしまうこともあります。

今回はMTF分析の基本から、チャートをすっきりさせる方法の具体例やメリットまで詳しくお伝えしていきます。

MTF分析とは

MTF分析とは、マルチタイムフレーム(Multi Time Frame)分析の略で、日本語では複数時間足分析といわれます。

MTF分析はテクニカル分析の基本であり、トレードを行う時間軸に合わせて、観察する時間足も変更しなくていけません。

時間軸の大きな上位足で相場状況の大枠を確認し、時間軸の小さな下位足で仕掛けのタイミングを探るように心がけましょう。

 

MTF分析の基本的な流れ

例えば、一日の中で仕掛けから決済まで行うデイトレの場合、日足で相場の全体的な流れを確認し(トレンドの有無やレンジの上限か下限かなど)、1時間足でその日の流れを確認します。

日足でトレンドレスであっても、1時間足ではトレンドが発生していることはよくあります。

大枠の相場状況と当日の相場状況を確認したら、当日の相場状況に合わせて仕掛けを検討しましょう。

その際気を付けるべきことは、大枠の相場状況の節目に差し掛かったら、当日の流れが変わる可能性があるということです。

そのため、当日の流れが変わる可能性の高い節目を確認するという視点で、大枠の相場状況を確認すると良いでしょう。

時間足の種類

非常に基本的なことですが、時間足の種類を確認しておきましょう。

時間足の種類は、取引ツールによって異なりますが、MT4/MT5であれば、基本的には以下の9種類です。

  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足

取引ツールによっては、秒足などもっと細かいものがあったり、3分足や45分足などもありますが、「この時間足が絶対におすすめ!」というものはありません。

強いて言えば、日足は最も多くのトレーダーが観察するため、日足のテクニカル分析が最も機能しやすいといわれていますが、「一理ある」程度に捉えておきましょう。

あくまでも自分のトレード時間(スキャルなのか、デイトレなのか、スイングなのか・・・)によって、観察する時間足を決定すべきです。

時間足の関係性

MTF分析を行う際に重要なことは、時間足同士の関係性を認識することです。

例えば、5分足一本分の値動きは、1分足5本分の値動きとなります。

1時間足1本分の値動きは、30分足2本分であり、15分足4本分であり、5分足12本分であり、1分足60本分です。

この時間足の関係性を頭に入れつつ、一つのチャートに複数時間足で設定したテクニカル指標を同時表示させることで、効率良くMTF分析を行う事ができます。

 

表示させる時間足を選択する方法

では、実際に移動平均線を表示させる時間足を選択する方法をご紹介します。

まず、チャート上の移動平均線の上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

次の画面で「表示選択」タブをクリックすると、移動平均線を表示させる時間足を選択できるようになります。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

最初は「すべての時間足に表示」になっているので、このチェックボックスをクリックしてチェックを外し、移動平均線を表示させたい時間足のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックしましょう。

すると、チェックを入れた時間足にのみ移動平均線が表示されます。

以上で設定は終わりです。

一度設定して「テンプレート」に保存しておけば、新しく表示させたチャートに再度設定する手間が省けますので、便利です。

移動平均線の設定

多くのトレーダーが利用している移動平均線ですが、その設定に悩んだことはありませんか?

この設定も悩み始めると、出口のない迷いに繋がりますので、あまり考えすぎずに設定しましょう。

なぜなら、相場状況は常に変化しているため、「先月は機能していた設定が今月は全く機能しない」ということが頻繁に起こるからです。

いつもどの相場でも対応できる設定はありません。相場状況に合わせて設定を変更するか、その設定に合う市場を選択するかを検討しましょう。

 

MTF分析で複数の移動平均線を一つのチャートに表示させるメリット

この方法で移動平均線を表示させる時間足を選択する方法の主なメリットは以下の通りです。

  • 上位足の指標を下位足で確認できる
  • MetaTraderの動作が軽くなる

MTF分析において、上位足を確認しながら下位足で仕掛けのタイミングを測ることは基本です。

そのため、上位足と下位足を同時に観察するのですが、今回お伝えする方法で移動平均線を設定すると、下位足を見るだけで、上位足のテクニカル指標も確認できるようになるうえに、必要最低限の表示になるので、MetaTraderの動作が軽くなります。

それでは早速、具体例をあげて移動平均線の設定方法をお伝えします。

例えば、1時間足に5期間移動平均線、5分足に75期間と200期間移動平均線、1分足に100期間と500期間移動平均線を表示させ、MTF分析を行い、最終的には1分足で仕掛けるタイミングを探るとします。

すると、最も重要な1分足チャートは以下のような状態です。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

これでは全て1分足の移動平均線であり、1時間足や5分足の移動平均線を確認できません。

また、1時間足には表示させるつもりのない75期間、100期間、200期間、500期間移動平均線が表示されてしまいます。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

このような時は、まずどの時間足チャートにどの期間移動平均線を表示させたいのかをまとめましょう。

時間足チャート 表示させたい移動平均線
1時間足 1時間足の5期間移動平均線
5分足 5分足の75期間・200期間移動平均線
1分足 1時間足の9期間移動平均線、5分足の75期間・200期間移動平均線、1分足の100期間移動平均線、1分足の500期間移動平均線

次に、各移動平均線を表示させる期間設定を、表示させる時間足チャートの設定値に直します。

今回の例だと、1時間足の5期間、5分足の75期間・200期間を全て1分足に表示させたいので、1分足換算します。

すると、次のような期間設定になります。

元の移動平均線 1分足に表示させる場合の期間設定
1時間足の9期間 3,000期間
5分足の75期間 375期間
5分足の200期間 1,000期間
1分足の100期間 そのまま
1分足の200期間 そのまま

さらに、チャートに設定するときに、さきほどお伝えした「表示選択」で、それぞれの移動平均線を表示させる時間足を選択します。

すると、1分足チャートは次の画像のようになります。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

しっかりすべての時間足で設定した移動平均線が表示されています。また、このチャートからも上位足の移動平均線に価格が反応していることがわかります。

また、このときの1時間足チャートは、次の画像の通りです。

MTF分析 テクニカル MT4/MT5

余計な移動平均線は表示されず、すっきりしています。

これなら、他のテクニカル指標を表示させたとしてもごちゃごちゃと見づらくなることはありません。

まとめ

MT4/MT5には、色々なインジケーターが出回っていて、複数時間足のテクニカル指標を一つの時間足に簡易的に表示してくれるものもあります。

もちろんそれを利用しても良いですが、ものによってはMetaTraderの動作が重くなるなどのデメリットがあります。

MetaTraderの動作が重たいなと感じている人や、なるべくチャートをすっきりさせてMTF分析を行いたいと思っている人は、是非今回お伝えした方法を試してみてください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.