海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) 相場アノマリー

10月相場の特徴(アノマリー)例年秋相場はどうなる?暴落の秋?

更新日:

9月相場の特徴(アノマリー)に引き続き、10月相場の特徴(アノマリー)について紹介したいと思います。

ベテラントレーダーほど各月のアノマリーについては無視できない存在になっているはずです。

ふくろうも思い出すために、気にして毎月調べては記事にしています。

 

年間を通して見てみると、面白いほど各月の相場の特徴があることがわかります。

10月の秋相場はどうなのか早速見てみましょう。

 

10月相場の特徴(アノマリー)

10月相場の特徴としては、9月のトレンドを引き継ぐような相場の動きになることが多いです。

9月が円安なら10月も引き続き円安傾向になるということ。

わかりやすいといえばわかりやすいですね。

 

ただし、10月はもっとも気を付けなければならない月であることも確かです。

 

10月は気を付けるべきアノマリーがある

10月は過去に歴史的大暴落が頻発している月でもあるんです。

1929年:暗黒の木曜日と言われるブラック・サーズデー(世界恐慌の引き金)

1987年:暗黒の月曜日と言われるブラック・マンデー(ブラック・サーズデーよりもひどい…)

2008年リーマンショック(影響を受けてこの年一番暴落した月)

 

10月は、NY発の株価大暴落が多く「暴落の秋」ともいわれています。

ちなみにNYダウで一日の下落率トップ5は以下の通り。なんと第4位までが10月です。

  • 第1位:1987年10月19日 ▲22.6%
  • 第2位:1929年10月28日 ▲13.4%
  • 第3位:1929年10月29日 ▲11.7%
  • 第4位:1931年10月  5日 ▲10.7%
  • 第5位:1929年11月  6日 ▲9.9%

(参考:10月に多いNY発の株価暴落、今年「暴落の秋」はやってくるのか?

 

10月は気を付けなければならない月だけど

ただ、毎年大暴落が10月に起こっているわけではないですし、歴史的大暴落が起こったのも数十年前の話。

念のため、歴史的に大暴落が起きた月ということを頭に入れておけば良いでしょう。

数十年前に起こった大暴落を気にしすぎてもトレードで稼ぐことはできません。(しっかりストップロスを入れておけば大丈夫)

 

なので、はじめに紹介した9月の相場を引き継ぐ傾向にあるというのが10月相場の特徴としてとらえておけば間違いないです。

 

まとめ

10月の相場の特徴(アノマリー)の紹介でした。

 

10月は大暴落が起こったんですよー。と脅したわけではありません(笑)

もしものために頭に入れておくことは大切です。

普段から大暴落という災害のために防災訓練をしておくのと同じ。

 

ではまた更新しますね。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者
日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), 相場アノマリー
-, ,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.