海外FXの教科書「フクログ」

無料EAあり。XMのハイレバでセミリタイアを目指す

FX(為替) テクニカル

移動平均線だけでも十分に勝てる|移動平均線で天井と底を予測する方法

更新日:

今回は、初心者もベテラントレーダーもテクニカル分析の中でもっとも使われている移動平均線について紹介します。

FX裁量トレードするにはなくてなならないテクニカルです。

シンプルなテクニカル分析ですが、移動平均線だけでも十分に相場の動きを予想でき勝つことができるので、しっかり自分のものにしたいですね。何度も読んでもらうことでFX初心者でも勝てるようになるはずです。

記事の中で様々なインジケータを紹介していくので、ご自身のトレードスタイルにあったものがきっと見つかると思います。

それでは、移動平均線を使って相場の天井と底を予測する方法を解説していきます。

 

移動平均線の説明

 

まずは移動平均線について簡単なおさらいをしておきます。

移動平均線とは、相場の一定期間の平均価格の推移をチャートに表示させる最も有名なテクニカル指標の1つです。

 

期間の設定は自由に行うことができますが標準的なのは21期間。

画像の様に線で表示されます。

  • 平均価格が上昇中であれば右上がりに表示
  • 下降中であれば右下がりに表示

この21期間というのは日足チャートであれば21日分の日足の終値(※終値以外にも設定できます)、一時間足チャートであれば21時間分の終値の平均で計算されます。

移動平均線には種類があり、単純移動平均線(SMA)や指数移動平均線(EMA)といったものから、加重移動平均線(WMA)・修正移動平均線「MMA」といった種類があります。

この種類の違いは計算方法の違い(例えばEMAであれば最後の価格に比重が置かれる)ですが、FXで勝つうえで大きな違いがあるわけではないので今回は割愛させていただきます。

ちなみにふくろうは単純移動平均線(SMA)を使っています。

理由としては、単純に期間の合計を割ったものなので、計算式も含めてイメージがしやすいからです。

 

移動平均線のメリットやデメリットについて

移動平均線のメリット

移動平均線のメリットはトレンドがすぐに把握できるというところです。

3本の単純移動平均線(短期21(黄),中期70(オレンジ),長期100(赤))を下記のように使っています。

 

  • 短期の移動平均線が下にあるときは売りが優勢
  • 短期の移動平均線が上にある場合は買いが優勢

ということが一目でわかりますので、「ロング化ショートかどちらの方向にトレードしたらよいか?」という際の参考に移動平均線は非常に役に立ちます。

 

移動平均線のデメリット

デメリットとしては、レンジ相場を始め明確なトレンドが出ていない状態で不規則な動きをしているときは、移動平均線の方向がバラバラになるのであまり参考になりません。

 

またよくあるトレードルールの「移動平均線で反発したらエントリー」というのも、経験上思っているより成功率が低いのが実情です。

移動平均線自体にエントリーサイン(トリガー)は無いので、エントリーポイントやエントリーのタイミングといった部分を、ある程度自分で考える必要があるのが初心者にとっては難しいところといえます。

移動平均線の実際の使い方

それでは移動平均線を使って勝つ方法天井や底を予測する方法を説明していきます。

移動平均線を使って天井と底をある程度予測できるようになれば、損切りを小さく、ロットを大きくすることができるので、少額資金でも大きく利益を得られるようにもなります。

 

日本人で一番利用されているハイレバ海外FX業者はXM Trading

今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設手順!海外人気レバレッジFX口座を開設しよう【簡単】

 

それでは順を追って説明します。

  1. トレンドが出ている通貨ペアを探す(四時間足)
  2. 意識されているポイントを探す(一時間足)
  3. エントリーのタイミングを計る(五分足)

まず移動平均線で四時間足から一時間足を見ていき、先ほどの四時間足のユーロドルのようにトレンドが出ている通貨ペアを探します。

移動平均線を使う上で欠かせないのが、各時間足の状況を分析して総合的に判断する、マルチタイムフレーム分析です。

とはいえあまり細かくマルチタイムフレーム分析をしていくと、逆にどちらにトレードしたら良いかわからなくなることもあります。

 

そこでおススメしているのが、四時間足と一時間足のみでトレンドを確認して、そのトレンドに乗る為に五分足でタイミングを計るというやり方です。

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

ステップ①トレンドの確認

それではもう一度、ユーロドルの四時間足チャートを見ていきます。

このように、移動平均線が綺麗に右下がりに揃っているので、下落トレンドであることが明確です。

このトレンドに対して売りを狙っていきます。

ステップ②意識されているポイントを探す

ステップ①でトレンドが把握できたので、次はエントリーのポイントを、一時間足を使って探します。

一時間足を使うのは、意識されているラインが一番見やすいからです。

一時間足で見ると、意識されているポイント(白の水平線)が大体わかりました。

このポイントまでローソク足がきたら、エントリーすることにします。(少し超えていますが、この程度の上昇はまだ許容範囲です。)

ステップ③エントリーのタイミングを計る

それでは最後に重要になるのがエントリーのタイミングです。

エントリーのタイミングを見るには、五分足の移動平均線を使っていきます。

現在はまだ五分足の移動平均線は上昇トレンドを示しています。

この移動平均線が下の画像のようにレンジになったときにレンジの高値から売っていくのが、移動平均線を使ったエントリーのタイミングとしては一番良いタイミングです。

 

四角で囲ってある部分のように、五分足の移動平均がレンジ状態を示すとき、そこが天井(底)となって反転する可能性が高いといえます。

黄色の図の例のように、レンジ上限から売る(レンジ下限から買う)ことで、天井や底を掴みやすいです。

以上が移動平均線を使った、勝つためのエントリー方法の解説でした。

 

まとめ

移動平均線を使ったテクニカルの紹介でした。

どうですか?シンプルだけど意外にトレードに使えそうですよね?

 

【移動平均線を使ったルール】

  1. 四時間足と一時間足の移動平均線でトレンドが出てる通貨を選ぶ(通貨の分析)
  2. 一時間足を見て意識されているラインを探す(エントリーポイントの分析)
  3. 五分足の移動平均線がレンジになり始めたらエントリーする(タイミングの分析)

上記3つをうまく分析できるようになれば、初心者の方でも徐々に移動平均線が示すトレンドに乗れるようになるはずです。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者
日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), テクニカル
-,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.