海外FXの教科書「フクログ」

無料EAあり。XMのハイレバでセミリタイアを目指す

FX(為替) トレード参考 トラリピEA質問

ストップレベルの確認方法|新規注文ができないときの対処法

更新日:



新規注文が通らないといったときに確認すべき箇所と対処法の一つをご紹介します。

MT4を利用していて(そうではなくとも)新規注文が通らないといったときは、この原因であることが多いかなと思います。

 

それは、フクログで配布しているオリジナルトラリピEAご利用者からも質問がくることがある内容となります。

その原因とは、「ストップレベル」です。

 

スポンサーリンク

新規注文が通らない

指値注文や逆指値注文が通らない。

または、スキャルピング系EAやトラリピEAのパラメータ設定で変更したが基準値にもどってしまう。など。

ストップレベルを確認

まず注文しようとしている「ストップレベル」を確認してみましょう。

ストップレベルとは、注文するときに通貨ペアの現在価格から離れていないといけない値幅のことです。

ストップレベル確認方法

ストップレベルの確認方法です。

まずは気配置から確認したい通貨ペアの上で右クリック→「仕様」を選択します。

 

下はAUD/JPYの仕様画面(AUD/JPY取引条件)になります。

上から2番目にストップレベルとありますね。

AUD/JPYは、ストップレベルが99となっています。

 

MT4のストップレベルの単位

MT4で確認できるストップレベルの単位は「ポイント」です。

よって、AUD/JPYのストップレベルは99ポイント。

 

1ポイント=0.1pipsなので、

99ポイントは、9.9pipsということになります。

 

要は、現在値から9.9pips離れた価格じゃないと注文が通らないということになります。

これは、新規注文時でも決済注文時でも同様です。

 

EAでもストップレベルは影響する

もちろんEAでもストップレベルの値は影響します。

例えばスキャルピング系のEAでは、FX業者によってストップレベルが影響する可能性が大きいですね。

ストップレベルが大きいFX業者だと、うまくエントリーできなかったり、思ったように利益がでないことがあります。

 

フクログで無料配布しているトラリピEAであっても、ストップレベルを無視したパラメータ設定をするとそもそも機能しません。

例えば、豪ドル円はストップレベルが9.9pipsですが、「トラップを置く幅」や「利益確定幅」を5pipsに設定すると注文は通りません。

最低でも10pipsにする必要が出てきます。

 

まとめ

新規注文ができないときの対処法としてストップレベルの確認方法などを紹介しました。

新規注文が通らない場合は、ストップレベルか証拠金が足りないかくらいしか思い当たりません(笑)

 

みなさんも注文が通らないときは、一度通貨ペアの仕様を確認してみましょう。



無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順 XM 海外FX まとめ




よく読まれている記事

-FX(為替), トレード参考, トラリピEA質問
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.