海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

テクニカル

グッドマン投資法で勝てる?FXへの応用を詳しく解説

投稿日:

FXでは、トレーダーによって様々な資金管理法を実践しています。

本記事で紹介するのは、カジノやバイナリーオプションでも実践されるグッドマン投資法というベッティングシステムです。

グッドマン投資法の概要や、FXで使えるのかに焦点を当てて詳しく解説していきます。

グッドマン投資法とは

グッドマン投資法とは、別名で1235法と呼ばれています。

この数字は、勝負の回数による掛け金を意味するものです。

1戦目 1の掛け金
2戦目 2の掛け金
3戦目 3の掛け金
4戦目 5の掛け金
5戦目以降 5の掛け金

このように、連勝するごとに掛け金を増やしていくという方法です。

最初は1の掛け金からスタートして、1235の順にbet数を増やしていきます。

そのどこかで負ければ、また最初の1からスタートです。

連勝数が大きければ大きいほど資金の増加が見込める方法で、攻撃的な手法ではありますが比較的低リスクと言われています。

3の次は4ではなく5となっていますが、この時には1+2+3つまり6勝分の利益を手にしているので、5の掛け金で勝負をしたとしても利益は残る仕組みです。

FXでのグッドマン投資法実践例

次は、このグッドマン投資法をFXで実践する例について見ていきましょう。

FXで実践をする際は、決められた値幅で決済をする事が前提です。

カジノなどでは勝負事に配当金額が明確に決まっていますが、FXでは自身で決済をしたポイントで利益が変わります。

あらかじめ「10pipsで決済をする」などと決めて行うようにしましょう。

1戦目

まずは1戦目です。

チャンスが来たらロット数量を調整して狙っていきます。

グッドマン投資法 FX 実践

初回は最初の1の数字で金額を決めるので、ここでは1ロットで狙っています。

この金額は任意であり、必ずしも1ロットである必要はありません。

0.01ロットや0.5ロットでも問題はなく、自身の資金と調整して行いましょう。

決められた値幅まで利益が確定すれば決済を行います。

2戦目

続いて2戦目です。

グッドマン投資法 FX 実践

先ほどは、1の掛け金を1ロットにしていたので、次は2の掛け金である2ロットで狙っていきます。

1戦目の時点で負けていれば2戦目はまた1からのスタートです。

ここでも見事勝利できたら、次の3戦目に移りましょう。

3戦目

2戦目で狙った値幅を獲得できていれば、次の3戦目でも資金を上げていきます。

グッドマン投資法 FX 実践

3回目の掛け金は3のため、ロット数量は3ロットでの調整です。

繰り返しになりますが、この時点で負けたら次はまた1からスタートしましょう。

狙った値幅を獲得できていれば、次の4戦目で掛け金を上げていきます。

4戦目

続いて4戦目です。

ここまでくるのは、3戦連続で勝利している事が条件となります。

3連勝後の掛け金は5となるので、次は5ロットで狙っていきましょう。

グッドマン投資法 FX 実践

5戦目以降

ここまで見事4連勝をしたと仮定します。

その後の取引では、掛け金を変えることなく5の倍数で勝負をしていきます。

  • 5戦目以降で負けた場合→また1の掛け金で再スタート
  • 5戦目以降での連勝→5の倍数で負けるまで取引

連勝すればするほど見込み利益も大きくなる計算です。

当然辞め時は重要となるので、ある程度の連勝が続いたら自身の考えるタイミングで資金調整をしても良いでしょう。

FXでグッドマン投資法を使うデメリット

次は、FXでグッドマン投資法使う際のデメリットについて解説します。

ベッティングシステムとしては優位性のあるものですが、カジノとは違いFXでは有効でないと考える方が多いです。

その理由について見ていきましょう。

運要素が強い

FXでは勝ち負けを繰り返しながら、コツコツと利益を出していく投資です。

どんなプロトレーダーでも負ける事はあるので、連勝をしないと利益にならないグッドマン投資法は運要素が強いものと言えるでしょう。

1勝1敗を交互に繰り返すような状況では、思うように利益が上がりません。

それどころか、大きな相場変動に巻き込まれて、高ロットで狙ったポイントで多大な損失を出す可能性もあるのです。

テクニカル分析を使ってFXをする方にとっては、不釣り合いの投資法となってしまいます。

銘柄によって利益の額が異なる

カジノでは、2倍配当や3倍配当といったように、明確な配当金額が決まっています。

しかしFXでは、銘柄の価格によって若干の利益差が生じるのです。

そのため、仮に複数銘柄で10pipsを獲得できたとしても、銘柄によっては利益の大小が出てしまう恐れがあります。

グッドマン投資法では、連勝ごとに掛け金を上げますが、それは配当が固定のゲームだからこそ優位性があるものと言えるでしょう。

デイトレードやスイングトレードに向かない

グッドマン投資法は、デイトレードやスイングトレードといった長期戦には向かないです。

スキャルピング向きのベッティングシステムとなっています。

デイトレードやスイングトレードでは、トレンド相場を狙って大きなpips幅を獲得する事が一般的です。

その際に、目標pipsを50pipsと設定していた場合、その数値に届かない可能性があります。

妥協して30pips位置で決済などとしてしまうと、その時点でグッドマン投資法の概念から外れているのです。

決められたpips幅で決済できない手法では、グッドマン投資法を使わない事が賢明と言えるでしょう。

グッドマン投資法をFXで活かすには

グッドマン投資法をFXで活かすには、以下のような条件が揃っている状況がおすすめです。

  • スキャルピングで取引する
  • 銘柄を絞った取引をする
  • スプレッドが広がりにくい会社を選定をする

前述したように、デイトレードやスイングトレードではなく、短期売買のスキャルピングで行う方が良いです。

その際はなるべく小さな値幅で狙うと良いでしょう。

また、銘柄を絞る事で、証拠金維持率計算のしやすさや利益幅の差を解消できます。

連勝時にロット数量を上げるとは言っても、ルール通りに2倍3倍と上げてしまえば、その分リスクは大きくなってしまいます。

FXで用いる際は2倍3倍5倍ではなく、1.2倍、1.3倍、1.5倍といったように、少し下げて計算をすると良いです。

運要素は強いですが、高額利益を狙うには適した手法であるため、自身でしっかりとルールを定めて有効に活用してみてください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ1000倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-テクニカル
-

海外FXの教科書「フクログ」ホーム

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.