海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考 FX基礎

FXで意識される半値、キリ番はトレンド転換のポイント|その理由と見極め

更新日:

FX取引では、指値が入りやすいポイントを意識する事で有効な分析へと繋がります。

今回紹介するラインは、半値やキリ番というポイントです。

半値・キリ番の見方や実際に意識されるのかを、本記事で詳しく解説していきます。

FXトレーダーが指値を入れるポイント

FXでは、利益確定・損切り・新規注文の際に指値を入れる方が多いです。

指値は成行注文と違って、予約型の注文・決済方法になります。

チャートに張り付いて見続ける必要がないので、仕事や家事で忙しい方に必須といっていい注文方法です。

投資家が指値を入れる箇所には共通点があり、指値が集中している箇所こそ反発やトレンド継続が見込めます。

まずはそんな、王道とも言える指値が集中するポイントを見ていきましょう。

高安値ラインでの指値

指値のポイントで最も強く意識されるのは、価格の高安値ラインです。

半値 キリ番 トレンド転換

直近の高安値、上位足で見た高安値ラインと様々ですが、最も投資家が指値を入れる起点となるポイントになります。

仮に経済指標などの影響を受けて、相場が急騰急落したとしても近くに指値の集中するポイントがあれば反発をする可能性が高いです。

投資家の心理には「高安値ラインまで到達すれば決済、高安値ラインまで到達すれば相場は転換してくるだろう」という考えのもと指値を入れて準備をします。

時間指値

次に意識されるのは、時間ごとの指値です。

FXで見るチャートには、様々な時間足があります。

MT4では9個の時間足がありますが、これが上位足になればなるほど、ローソク足確定前に相場が大きく動く傾向です。

例えば、1時間足を確定させる〇時55分から〇時05分の間で相場が大きく動き出すのを見た事がある方も多いでしょう。

これは時間指値と言って、キリの良い時間帯に指値が集中することが要因となっています。

投資家の心理には「マーケットオープン時に注文が集中するであろう、この時間までに到達したところで決済or注文」という意識が生まれるので、キリの良い時間帯で指値が殺到する仕組みです。

前述した高安値ラインのように、投資家の集団心理から指値を入れやすい目安のポイントとなります。

キリ番・半値は意識されにくい?

高安値や時間指値とは違って、意識されるポイントと考えられているのがキリ番と半値です。

この2つのポイントもまた、投資家が目安としやすいと考えている事から、指値の集中するポイントと考えられています。

しかし、結論から言うと小さな反発は見込めても、その後の転換やトレンド継続を分析するには根拠が弱いポイントです。

キリ番・半値の概要と、根拠が弱い要因を見ていきましょう。

キリ番

キリ番とは、キリの良い価格帯を指します。

例えばドル円相場が110円~111円の価格帯を推移してたとして、その時のキリ番は110.000か111.000です。

注文を出す際の目安となりやすい数字になるので、相場で意識されやすい価格とも言われています。

キリ番を意識した手法なども多く生み出されていますが、明確な反発ポイントにはなりにくいという欠点があるのです。

半値 キリ番 トレンド転換

FX会社では、同じMT4やMT5を採用していても、それぞれが異なるサーバーを使っています。

そのため、各社の価格には多少のずれが生じてしまうのです。

仮にキリ番で指値を入れたとしても、他のFX会社で見たときは未到達の箇所、もしくはラインを超えた箇所がキリ番のポイントになっている場合があります。

相場を広く見て指値の入る箇所を予測する場合はいいですが、小さな値幅を狙ったスキャルピング手法などではあまり効果がありません。

また、前述した時間指値や高安値に比べると、それほど指値が集中するポイントではないので、明確な根拠として生きることはないでしょう。

半値

半値とは、その名の通り「半分の値段」を意味します。

半値 キリ番 トレンド転換

上チャートのように、トレンドが発生してから半分ほどの値で反発をするというポイントです。

トレンドが出た後に値幅を測って、その中央あたりの位置で逆張りをするという手法が一般的となります。

これは、先ほどのキリ番に比べると効果的なポイントです。

ただし、高安値や時間指値に比べると根拠が弱いポイントでもあります。

短い時間足で見ると小さな反発をするケースも多いですが、上位足ではそれほど強く意識はされず、簡単にラインを抜くことも多いです。

「半値のラインに到達したところで順張り」を入れるトレーダーも多いので、ロング勢とショート勢の力が均衡するケースも多くなります。

それぞれに根拠を付け足すと精度の高い分析に繋がる

半値やキリ番は、FXトレードにおいてそれほど効果的なものではないですが、全く指値が集中しないという事ではないです。

それぞれに根拠を付け足す事で、精度の高い分析へと繋がります。

具体的な根拠の付け足し方を見ていきましょう。

キリ番手前での転換

半値 キリ番 トレンド転換

上チャートは、2021年11月のUSD/JPYチャートです。

9月の末からドル買いによって強い上昇を決めていましたが、115円に到達する直前で転換をしました。

この時は、115円という価格が意識されていましたが、その手前で「もうこれ以上は伸びない」と考えた投資家によって売りが加速した状況です。

つまり、キリ番の指値に届くことなく転換したという事になります。

キリ番は到達後よりも、到達するかしないかが重要となるケースが多いです。

手前で反発したら投資家の集団心理によって転換する可能性が高いので、ちょうど良い金額を見るのではなく、価格への挑戦動向に注目してあげると良いでしょう。

レジサポラインの半値

半値を見る際は、レジサポラインや直近の高安値ラインと被ったポイントが効果的です。

半値そのものが意識される+高安値ラインの指値が重なるポイントとなるので、有効なエントリーポイントとなりやすいです。

トレンドが発生して、その後転換してきたとします。

半値 キリ番 トレンド転換

そのトレンドの値幅を測って、半値のラインが直近相場の高安値ラインと被っていたらチャンスと言えるでしょう。

ただし、FXでの逆張りは値幅は抜けにくいので、トレンドほど大きな利益が見込めません。

半値や高安値の初動は反発のポイントになりますが、その後数回到達するとトレンドが出るチャンスとなるので、大きな値幅を狙う際に有効なポイントとなります。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考, FX基礎

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.