海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

トレード参考

チャート上のライン付近の値動きパターンを覚えて投資家心理を逆手に取る

更新日:

FXでの相場テクニカル分析では、チャート上にラインを引くことが一般的です。

チャート上に何本も引かれた線を見たことある方も多いかと思います。あれです。

ラインは意識されている価格帯に引くケースが多く、そのラインへの動きで投資家の心理が表現されています。この投資家の心理をチャートから読み取ることができたらトレードは楽になります。

また、ラインは引くだけでなく、ライン付近での価格動向を見極める事が有効な相場分析へと繋がるのです。

本記事ではライン挑戦というテーマで詳しく解説していきます。

ラインの引き方

FXでは意識される価格帯にラインを引くのが一般的です。

しかしこのラインの引き方は人によって様々であり、正解はないものと言われています。

  • 高安値のヒゲ先に引く例
  • ローソク足実体の高安値に引く例
  • トレンドラインで高安値切り下がりor上がりに引く例

このようにラインを引くと一言で言っても様々です。

本記事で紹介するライン挑戦は水平線メインとなります。

水平線を引く際は決められた価格ではなく、ある程度意識されるであろうと予測される価格帯に引くことが重要です。

ラインには指値が貯まりやすい

為替相場において、高安値などのラインが意識されやすいのには理由があります。

FXでは指値という、価格を事前に決めた予約型の注文方式があるのです。

価格を事前に決める際には直近の高安値ラインが基準となる場合が多く、その価格帯で指値が集中しやすい傾向にあります。

指値はエントリー時だけでなく、現在エントリーしているポジションの決済価格にもできることから、ラインでの反発orラインブレイクが加速するメカニズムとなります。

ラインを引く際は「意識される価格帯」であるほか、「投資家によって心理的に意識される価格帯」であることを認識して引くようにしましょう。

ラインはいずれ効果がなくなる

意識される価格帯にラインを引いたとして、実際にその価格が意識されていたとします。

しかし、そのラインは永久的に意識されるわけではありません。

FX チャート ライン 値動き

上のチャート画像をご覧ください。

黒い〇の付近では安値の価格が意識されて反発をしているのが分かります。

しかし、その後安値更新をした相場で、赤い〇の箇所ではラインが意識されずにすぐにブレイクしている状態です。

高安値はいつか必ず更新されるというのが為替相場の習性です。

レンジ相場の後は必ずトレンド相場が来るように、為替相場での意識される価格帯は常に更新をされていきます。

ライントレードで「ラインタッチからの逆張り」を使うトレーダーもいますが、更新されるポイントでのライントレードは全く有効性がないと覚えておきましょう。

ライン挑戦のパターンと傾向

次は、ライン挑戦のパターンと傾向について解説します。

価格がラインに挑戦するパターンには、投資家の集団心理が示されているケースが多いです。

その後の値動き傾向や投資家の心理状態についてを見ていきましょう。

ローソク足1本でラインを更新した時

まずは、ローソク足1本でラインを更新した場合です。

ローソク足1本で勢いよくラインブレイクしてくるという事は、強いトレンドのサインと捉えられやすいですが、実は反発確率の高い相場と言えます。

FX チャート ライン 値動き

上のチャート画像では、それまで高値のラインが意識されていた相場です。

しかし、その後1本のローソク足で大きくブレイクしている事が分かります。

為替相場は急騰急落後に反発する習性を持っており、このパターンでは強いトレンドの前兆にはなりにくいという特徴があるのです。

このチャートで見ると、急騰によりそれまでショートを持っていた勢力が一気に損切りを仕掛ける事や、損切りラインでの決済指値を入れていたことが要因となってすぐに下落する可能性があります。

もちろんその後に強いトレンドとなる場合もありますが、傾向で見るとその後のトレンドは発生しにくく反発が起きやすいポイントであると言えるのです。

逆張りを狙う際はライン付近での反発を狙うのではなく、ラインを大きく割ってきたところで狙うと良いです。

ラインへの複数回の挑戦

ラインで何度も反発をした後は、後ほど来るトレンドを予測できます。

前述した「ラインは効果がなくなる」といった事例と重なる部分もありますが、ラインブレイクを予測するのに反発回数を見ることはとても重要です。

FX チャート ライン 値動き

上のチャートでは安値のラインで4回ほど反発をしている事が分かります。

その後、緑で囲んだポイントを見ると徐々にラインをブレイクしている状態です。

投資家の心理状態には「そろそろこのラインは効かなくなる」または、「そろそろレンジ期間が終了する」といった考えを持つようになります。

そのため次のライン到達で売りが集中して、ラインブレイク後にトレンドを作る傾向にあります。

また、ラインで複数回反発をするという事はレンジ期間が長くなっている状態のため、トレンド狙いの投資家は様子見に入っている段階です。

次のブレイクを狙っている投資家が多いことから、トレンドの前兆に繋がりやすくなります。

ライン付近で間隔を開けずに反発をする場合

FX チャート ライン 値動き

上のチャートのように、同じ価格帯で何度も反発した時も投資家の心理やチャートパターンを見極められるポイントです。

同じ価格帯で間隔を開けずに数回の反発or挑戦をしている状況では、買い勢力と売り勢力の力が戦っている状況であると捉えられます。

エントリーを狙っている投資家や、既にポジションを持っている投資家が最も意識する状態と言ってもいいでしょう。

上のチャートでは、買いの勢力が負けて売り勢力の強さにより高値で反発をしている状態です。

これが、ラインをブレイクして再度上昇するとなると、買いのエントリーが増すので強い上昇トレンドに繋がります。

ライン付近で小さなローソク足で反発→ラインブレイクのパターンでは、「まだまだトレンド方向への力がある」と判断されることから、トレンドの継続やトレンド発生が起きやすいです。

ラインは1つの根拠として見る事が重要

ラインはエントリーポイントではなく、相場状況や投資家の心理状態を分析する環境認識として使う事が重要です。

結果論として語られる事も多いので、明確なエントリーの根拠にするには薄いと言えるでしょう。

ラインだけではなく、インジゲーターやローソク足の根拠などを付け加えて取引をすることが賢明です。

本記事で解説したパターンを意識して、より精度の高い相場分析に活かしてみてください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ1000倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-トレード参考

海外FXの教科書「フクログ」ホーム

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.