海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) テクニカル

FXは、ロンドン・NY時間でしか稼げない?日中に稼ぐコツとは

更新日:

FXではロンドンやニューヨーク時間である夕方から夜にしか稼げないと考える方が多いですが、実は日中の時間でもしっかり利益は出せます。

ただし、頻繁にチャンスがあるわけではありません。
その分リスクを抑えながら稼ぐことができます。

為替相場の傾向や銘柄を絞ることで、日本時間でも安定して利益を出せるようになるのです。

本記事ではそんな、日中に稼ぐ方法やコツについてを詳しく解説していきます。

FXは夕方から夜が稼げると言われる理由

FXは、お仕事や学業終わりの夕方から夜を使って取引をする方が多いです。

現に大きな利益を出したいと考えるのであれば、日本時間の夜を狙って取引をする方が良いと言えます。

まず夕方から夜の時間に稼ぎやすいと言われる理由を見ていきましょう。

値動きが大きい

FX 日中に稼ぐ

夕方から夜の時間は各通貨で値動きが大きくなります。

これは市場参加者の数が原因となっています。

為替相場は市場に流れるお金が多ければ多いほど値動きも大きくなる仕組みです。

夕方にはロンドンの参加者、夜にはアメリカの参加者が参入することで市場に多くのお金が流れ活発な相場になります。

  • ロンドンオープン→日本時間の16時(夏時間15時)
  • ニューヨークオープン→日本時間の22時30分(夏時間21時30分)

ロンドン市場は日本時間の深夜1時に閉場をしますが、このロンドン市場とニューヨーク市場の重なる夜の時間は1日で相場が最も動く時間と認知されているのです。

価格ごとの平均値を見ると、実際に夜の時間帯は大きく動くことが分かります。

また、夕方の時間は相場の流動性がないところから急に市場参加者が増えるので、急なトレンドを作りやすい時間でもあります。

FXは獲得した値幅分が利益になる事から、値動きの荒い時間の方が稼ぎやすいと言われるのは当然と言えるでしょう。

スプレッドが拡大しにくいため

FX会社は取引毎に発生するスプレッドで利益を出しています。

多く会社は固定制ではなく変動制を採用しており、一定のスプレッド水準で取引ができるわけではありません。

スプレッドが拡大するのは流動性が少ない時と決まっています。

  • 深夜から早朝といった市場参加者が少ない時
  • 経済指標の前で相場に充分なお金が流れていない時

上記のようなケースではスプレッドが拡大しやすいです。

当然夕方から夜にも注目度の高い指標は多いので、指標前には各社でスプレッドが広がりやすくなります。

しかしその分大きな値幅を付けるので、多少広がったとしても利益となるケースが多いのです。

それが深夜帯から早朝といった値動きの少ないところで拡大してしまうと、短期決済で利益を出すのは難しくなってしまいます。

このようにFXの仕組み自体が夕方から夜に稼ぎやすい要因を作っていると言えるのです。

 

日中に稼ぐコツ

夕方から夜に値動きが大きく稼ぎやすい理由を解説しましたが、お仕事の都合や生活スタイルの問題などで午前中や日中にしか取引ができないという方も多いでしょう。

実はFXの取引は日中でも稼ぐ事ができる取引となっています。

次はそんな日中に稼ぐコツについて見ていきましょう。

豪またはNZ政策金利時の昼間を狙う

日本時間の昼間でもトレンドを作るケースがあります。

それは以下の指標があった場合です。

  • 豪準備銀行政策金利
  • ニュージーランド銀行政策金利

オーストラリアとニュージーランドはオセアニアの国であるため日本との時差が少ないです。

市場の開場している時間も日本より少し早いくらいで、日中に活発な売買が行われます。

上記2つの指標はオセアニア指標で最も動く指標であり、日中にトレンドを作るケースが多いです。

また、2019年~2021年の相場傾向を見ると、ある共通した動きになる事が分かりました。

FX 日中に稼ぐ

政策金利の初動で大きな値動きとなりますが、その後はすぐに反発をして反発した方向にトレンドを作るという傾向です。

豪ドルとNZドルの関連銘柄に絞る必要がありますが、共通した動きをここ2年ほど続けています。

夕方に入って転換する事はありますが、日中からトレンドを狙ったpipsの獲得ができる指標と考えていいでしょう。

金利の動向に関係なく一方方向へのトレンドが発生しやすくなります。

FOMCの翌日相場

アメリカの代表的な指標としてFOMCという指標があります。

FOMCはアメリカの政策金利であり、雇用統計のような夜の時間ではなく日本時間の深夜帯に発表されます。

  • 夏時間→日本時間の深夜3時ごろ
  • 冬時間→日本時間の深夜4時ごろ

深夜帯の市場参加者の少ない時間に発表される指標ですが、それでも指標発表後に大きな動きとなります。

また深夜帯に発表されるという性質上、次の日にトレンドが継続しやすいのです。

指標結果を受けてトレンドに乗り遅れた投資家の売買が過熱することで、翌日も日本時間の日中からトレンドが継続しやすくなります。

FX 日中に稼ぐ

トレンドの初動方向に反発のしない相場が続くので、積極的に狙うべき日と言えるでしょう。

FX重要経済指標ランキングベスト4|これだけは覚えておくべき経済指標

値幅の荒い銘柄に絞る

日中にスキャルピングをするのであれば、値幅の荒い銘柄に絞るのも1つの手段です。

夜には大きな値幅となるカナダドルやスイスフランといった銘柄は日中にはほとんど動かない事が多いので避けましょう。

おすすめはGOLDのような貴金属、もしくは通常の値幅が大きいマイナー通貨です。

値幅が大きい分それだけスプレッドも広めではありますが、少しの相場変動で利益が見込めます。

スキャルピングでは小さな値幅をコツコツと稼いで大きな利益にしていくので、あえて日中に値動きの荒い銘柄に絞ることは有効です。

 

【関連記事】

XMで金(ゴールド)をトレード|ゴールドのスワップとスプレッド

XMでパラジウム(PALL)をトレードする方法|取引ルールや注意点

 

日中はチャンスが少ない分大負けしにくい

日中の時間は値動きが小さくチャンスは少ないのは当然です。

しかし値動きが小さいという事は、その分大きく負けにくい時間帯でもあります。

夕方や夜の時間は、価格変動リスクで相場が思惑と反対方向に進んだ時に資金を溶かしやすい時間ともいえるでしょう。

しかし、日中にはその可能性は少ないので、通常の取引よりもロットを上げたりハイレバレッジをしたりとリスクをとった投資に最適の時間です。

また、昼間の落ち着いた相場から夜の時間帯に向けた指値注文・決済指値を設定しておくのもいいでしょう。

値動きの緩い時間の方が相場を冷静に見られるので、全ての取引手法にもメリットが存在します。

日中を有効に使って大きな利益を上げてみてください。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), テクニカル

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.