海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) MT4関連 MT5関連

MT4/MT5動作が重い時の対処法|改善して快適にトレードする方法

更新日:

最も多くのトレーダーが利用している取引ツールメタトレーダーMT4/MT5

初心者には多少とっつきづらさがあるものの、慣れてしまえば他のツールを使う気にはならないというトレーダーも少なくはありません。

そんなMT4/MT5ですが、ときにフリーズしたように動かなくなったり動作が重たくなったりとタイムリーにレートの変動を反映してくれないときがあります。

トレーダーとしては死活問題です。

そこで今回は、MT4/MT5の動作が重たくなってしまったときの対処法をご紹介します。

インジケーターを減らすとかそういった対処法ではないのでご安心ください。

MT4が重くなるとき

世界中のトレーダーから人気を集め、非常に多くの利用者がいるMT4/MT5ですが、ときに動作が重たくなり、実戦トレードで使うに気になれないときもあります。

MT4/MT5の最大の特徴の一つに、インジケーターの豊富さがあります。

特にカスタマイズインジケーターを利用できる点を考えれば、分析の精度に制限はありません。

しかし、多くのインジケーターを表示させたり、PCのスペックを大きく超えるEAを利用していると、MT4/MT5の動作が重たくなり、レートの変動がタイムリーに反映されないことがあります。

MT4が重いことによるデメリット

MT4/MT5の動作が重たいことにより、レートがタイムリーに反映されないと、当然トレードに影響が出ます。

特にスキャルパーにとっては死活問題です。

短時間で勝負が決するスキャルピングでは、エントリーポイントと決済ポイントが非常に重要です。

レートの変動が反映されないということは、誤ったタイミングでトレードを行ってしまう可能性があるということになります。

誤ったタイミングでトレードを行えば、不利な仕掛けを余儀なくされたり、利益を大きく減らしてしまうことも十分に考えられます。

最悪の場合、利益が出ていたはずがマイナスで決済してしまうこともあるでしょう。

また、レートの変動が正しくチャートに反映されていない状態が続けば、今のレートが正しいのか疑念を持つようになります。

トレードに疑念は禁物です。

ただでさえタイミングがものを言う世界ですから、少しでも疑いをもてば、トレードを行うべきではありません。

MT4/MT5の動作を軽くする方法

MT4/MT5の動作が重たくなってしまう原因として、多くのインジケーターを表示させていることが挙げられますが、分析のために使用しているインジケーターを非表示にするのは得策ではありません。

そこで、インジケーターの表示をそのままに、MT4/MT5の動作を軽くする方法をご紹介します。

MT4/MT5の動作を軽くする主な方法は、以下の3つです。

  1. ローソク足の表示数を減らす
  2. インジケーターを表示する時間足を指定する
  3. その他設定を無効にする

ローソク足の表示数を減らす

MT4/MT5には、自動的に過去のローソク足が表示されています。

MT4では最少で6万5,000本、最大で25万のローソク足を、MT5では最少で5万本、最大で無制限のローソク足を表示可能です。

これはローソク足でなく、バーチャート、ラインチャートでも同様です。

表示させる過去の足の数が多ければ、それだけ消費するメモリは大きくなり動作は重くなります。

それほど過去の足を利用しないのであれば、表示させる足の数を減らしましょう。

また、トレードの最中は表示数を減らし、検証のときに表示数を増やすなどの対応も考えられます。

表示する足の数を変更する方法

1.ツールからオプションを選択

ツールバー上部にある「ツール」から、「オプション」を表示させクリックします。

MT4 動作が遅い

2.オプション内の「チャート」から最大バー数を選択

オプションの中の「チャート」タブをクリックし、下部にある「ヒストリー内の最大バー数」、「チャートの最大バー数」から、表示させたいバーの数を選択しましょう。

MT4 動作が遅い

「ヒストリー内の最大バー数」は、ヒストリカルデータ内に保存されるバーの数で、「チャートの最大バー数」は、普段トレードで利用するチャートに表示させるバーの数です。

どちらもバー数が少ないほどMT4/MT5の動作は軽くなります。

インジケーターを表示する時間足を指定する

多くのトレーダーが複数のインジケーターを利用してチャート分析を行っています。

MT4/MT5では、インジケーターを設定すると、基本的には全ての時間足に表示されます。

全ての時間足で表示させたければそのままで良いですが、そうでなければインジケーターを表示させる時間足を選択しましょう。

時間足を選択することで余計なインジケーターの表示を減らすことで、PCの負担を軽減でき、動作が軽くなります。

インジケーターを表示させるには、まずインジケーター上で右クリックし、「プロパティ」を表示させます。

MT4 動作が遅い

次に、「表示選択」をクリックし、表示させたい時間足のチェックボックスにチェックを入れ、使用しない時間足のチェックは外しましょう。

MT4 動作が遅い

普段、データウィンドウを利用しない方は、「データウィンドウに表示」のチェックを外すことで、更にPCの負担を軽減可能です。

その他設定を無効にする

最後に、その他設定を無効にする方法をご紹介します。

MT4/MT5の初期設定では、トレードにあまり関係のない機能が有効に設定されています。

例えば、音声設定やニュース、使用しない気配値などは、使用することが少ない機能です。

こういった機能を無効、または非表示にすることで、MT4/MT5の動作は軽くなります。

まず、チャート上部の「ツール」から「オプション」を選択しましょう。

MT4 動作が遅い

次に、「音声設定」をクリックし、「有効にする」のチェックを外します。

MT4 動作が遅い

これで、MT4/MT5を立ち上げたときの音や、エントリー、決済時の音などが無効になります。

また、「サーバー」内の使わない機能を無効にすることも効果的です。

MT4 動作が遅い

プロキシサーバー、DDEサーバー、ニュースは無効にしていても通常のトレードに全く支障がありません。

最後に、普段使わない気配値を非表示にしてみましょう。

ツールバーにある「気配値」をクリックして表示させ、気配値内で右クリックし、「通貨ペア」をクリックします。

MT4 動作が遅い 対処法

すると、取り扱いのある通貨ペアやCFD銘柄が表示されますので、不要な通貨ペアまたは銘柄を選択し、「非表示」をクリックしましょう。

MT4 動作が遅い 対処法

これで、不要な気配値が非表示になります。

まとめ

今回は、MT4/MT5の動作を軽くする方法をご紹介しました。

MT5はMT4に比べて使用メモリが多少軽減されていますが、それでも多くのデータを使いますし、インジケーターを複合的に組み合わせたり、EAを稼働させるとどうしてもPCの負担は重くなりがちです。

PCのスペックを上げても良いですが、現状のPCでトレードをするなら、MT4/MT5の内部設定を変更し、動作を軽くする工夫が必要です。

MT4/MT5の動作が重くて悩んでいるトレーダーは、今回の方法をすぐに試してみましょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), MT4関連, MT5関連

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.