海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) FX基礎 テクニカル

絶対覚えたいテクニカル分析の鉄板チャートパターン6選

更新日:

テクニカル分析を行ううえで、チャートパターンの認識は欠かせません。

FXには非常に多くのチャートパターンがありますが、その中でも特に重要なチャートパターンを厳選し、ご紹介します。

得意な値動きに絞ってトレードすることがFXで勝つ近道です。

今回ご紹介するチャートパターンから、トレードしやすいパターンを探してみてください。

チャートパターン分析とは

「相場に全く同じ値動きは二度とない」と言われますが、同じような値動きは繰り返し起こります。

中でも、チャートが同じようなカタチを作ることがあり、これをパターン化したものがチャートパターンです。同じようなカタチ=チャートパターンを作ったあとは、同じような値動きになりやすいという特徴があります。

ある程度値動きがパターン化できれば、その後の値動きを予測しやすくなります。

鉄板チャートパターン6選

ここでご紹介するチャートパターンは最初に覚えるべき鉄板チャートパターン6選です。

一つずつしっかり把握して、複数のチャートパターンや値動きの特徴を、組み合わせて分析できるようになりましょう。

〇ロールリバーサル

サポートラインがブレイクされると、次はその価格帯がレジスタンスラインになることがあります。

逆に、レジスタンスラインがブレイクされると、次はその価格帯がサポートラインとして機能することがあります。

このようなパターンをロールリバーサルといいます。

特にレンジやもみ合い時に、ブレイクで仕掛けずにより確実にトレードしたいときに有効です。

ブレイク狙いは成功すれば値幅は取れますが、「ダマし」もあるため勝率が下がります。

ブレイク後、サポートライン・レジスタンスラインに価格が戻ったときにロールリバーサルを狙うことで、勝率と値幅の両方を得られる可能性が高まります。

〇ダブルトップ・ダブルボトム

同じ価格帯で二度跳ね返され、「M」または「W」のようなカタチになるチャートパターンです。

価格が二度跳ね返されたことで、サポートラインまたはレジスタンスラインの強さを確認できます。

サポートライン付近からは売り、レジスタンスラインからは買いを仕掛ける、逆張りが可能なチャートパターンです。

多くの解説ではネックラインを抜けたことを確認してから、またはネックラインを抜けた後のロールリバーサルを推奨していますが、これではどうしても仕掛けが遅くなり、逆行した時の損失が大きくなってしまします。

最も良いダブルボトム・ダブルトップの仕掛けのタイミングは、二度目の反発のタイミングです。

例えば、1時間足のダブルトップが想定できる価格帯で、5分足や1分足の値動きを見て仕掛けてみましょう。

損切りは小さく、利益は大きいトレードが可能です。

〇三尊・逆三尊

ダブルトップ・ダブルボトムと似ていますが、三つの山・谷を形成するチャートパターンです。

ヘッド&ショルダー・逆ヘッド&ショルダーともいわれます。

このチャートパターンも逆張りが可能です。

三尊の場合、一つ目の山を二つ目の山を超えます。つまりこの時点ではトレンドが継続していると考えられます。

その後、上昇トレンドラインと二つ目の山を作る前の安値をブレイクすることがポイントです。

これでトレンドの転換が疑われ、その後三つ目の山から価格が下落していくところを売るのがセオリーです。

逆三尊はこれを上下反転させて考えます。

ダブルトップ・ダブルボトムとカタチがよく似ていますが、明確に分ける必要はありません。

値動きの波とロールリバーサルなどのチャートパターンを組み合わせて、より高確率な三尊・逆三尊を探してみてください。

 

〇トライアングル

値動きが次第に縮小していき、先細った三角形を形成するチャートパターンです。三角保ち合いともいわれます。

トライアングルパターンには多くのバリエーションがあり、それぞれに特徴がありますが、全てのトライアングルに共通するのは、値動きが次第に縮小していく点です。

相場は、値動きが縮小するほどその後のブレイクが大きくなる傾向がありますので、トライアングルの後は大きな利益を得るチャンスと考えられます。

慌てず、落ち着いて値動きを見ながら、次の動向を探ってみましょう。

・シンメトリー・トライアングル


特に売買が拮抗していて、偏りのないトライアングルを「シンメトリー・トライアングル」といいます。

売買に偏りがないため、次の動向を探るのが難しいので、無理にブレイクを狙わず、ブレイクの後の値動きを狙いましょう。

・アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングル

レジスタンスラインで上昇を抑えられ、下値を切り上げていくトライアングルを「アセンディングトライアングル」、サポートラインに下落を抑えられて高値を切り下げていくトライアングルを「ディセンディングトライアングル」といいます。

特に強い上昇の後の「アセンディングトライアングル」は、上昇が継続する可能性が高いです。同様に強い下落の後の「ディセンディングトライアングル」は、下落が継続する可能性が高いです。

〇ペナント

強く一方的な値動きの後に、三角形の旗のようなカタチを形成するチャートパターンです。

カタチを見るとトライアングルとも考えられますが、強い値動きのあとに小さく形成するのが特徴です。

一方的な値動きの部分が「柄(え)」の部分となり、柄の部分がしっかりしているほどその後も値動きが継続する可能性が高まります。

〇フラッグ

強く一方的な値動きの後に、四角い旗のようなカタチを形成するチャートパターンです。

ペナントと成り立ちはほぼ同じですが、値動きにより四角を形成する点が特徴で、トレードに慣れないうちは、ペナントよりもブレイクが分かりづらいと感じることが多いかもしれません。

柄の部分の長さや、柄を形成するのに要した時間に対するフラッグ部分の大きさのバランスに着目して、ブレイクのタイミングや方向を探ってみましょう。

まとめ

今回は、鉄板のチャートパターン6選をご紹介しました。

非常に基本的ですが、重要なパターンです。

まずは過去のチャートでこれらのパターンを探してみましょう。自分で認識できるかどうかがとても大切です。

その後に、リアルタイムで動いているチャートを見ながらパターンに気付けるか確認してください。

パターンを認識するには、値動きの「波」を捉えることが重要です。

XMのMT4・MT5には「ZigZag」というインジケーターがあり、「波」を描画してくれます。

パターン認識に慣れないうちは、「ZigZag」を利用しても良いでしょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), FX基礎, テクニカル
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.