海外FXの教科書「フクログ」

無料EAあり。XMのハイレバでセミリタイアを目指す

FX(為替) FX基礎

FXのフラクラ ってなに?|フラッシュクラッシュの原因と対策

更新日:



最近たまに聞くことがある「フラクラ」という単語。あまり良いことではないのはわかります(笑)

セリクラなら意味くらいしっているというかたは多いかと思いますが、フラクラとはどういったもので原因や対策はあるのか紹介したいと思います。

セリクラとは「セリング・クライマックス(Selling climax)」の略。下落相場の中で最後の大暴落のこと。セリクラの後は相場の転換点となり上昇相場に変わりやすい。

 

スポンサーリンク

フラクラとは

フラクラとは「フラッシュ・クラッシュ」の略になります。

セリクラは下落相場の最終段階に起こる暴落ですが、フラクラは下落相場に関わらず瞬間的に値が飛び暴落することを言います。

フラクラは「瞬間暴落」なんて言われ方もします。

フラクラが起こる原因

フラクラが起こる原因について紹介します。

 

まず、フラクラが起こりやすい条件。

  • 相場の流動性が低い状態
  • マイナー通貨で発生しやすい

例えば2019年の年始(1月3日)にフラクラが発生しました。(上に掲載したチャートです)

ドル円が108円半ばから103円台までわずか5分で暴落したのです。

5分間で5円ですからね。。

 

国内FX業者を利用されていたトレーダーは追証も発生したようですね。

(海外FX業者のXMはハイレバですが追証はありません。おすすめ)

 

で、肝心のフラクラの原因は、様々な要因が重なりますが、高速自動取引(アルゴリズム)システムに起因するところが大きいです。

ヘッジファンドや機関投資家によるコンピュータの高速自動取引で上記の条件(流動性が低い、マイナー通貨)が合致するときにフラクラが起こります。

フラクラ対策

いつ起こるかわからないフラクラに対策なんてあるのか、と思われるかもしれませんが少しだけあります。

 

流動性の低いときにポジションを取らない

例えば2019年の1月3日に起こったフラクラは流動性がかなり低いときでした。お正月ですからね。

連休中なども起こりやすく、今年のGWは10連休でしたがかなりフラクラを警戒されていましたね。

こういった流動性が低い時期にはポジらないことでフラクラ対策はある程度可能です。

資金に余裕を持つ

当然のことですが、証拠金が多く入っていれば急落が起きてもロスカットされる可能性は低くなります。

またフラクラのときは後に一気に値を戻すことが多いため、証拠金に余裕を持たせておけば無風で追われる可能性は高くなります。

 

まとめ

コンピュータの高速自動取引が引き起こす瞬間暴落がフラクラということでした。

 

フラクラは一気に値を戻すことが多いので、そこを狙ったトレードはおいしそうですね。

でも、そんな頻繁にフラクラが発生することはないし、ずっと相場に張り付くことも難しいので現実的ではないですけどね(笑)

 

ではまた更新します。



無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順 XM 海外FX まとめ




よく読まれている記事

-FX(為替), FX基礎
-,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.