海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) MT4関連

MT4で過去日付のチャートを表示させようとしたら、自動で元の位置に戻ってしまう

投稿日:

MT4で過去のチャートを表示させてローソク足を見たいときありますよね。

FXでは過去のチャートを分析して予測することはとても重要なことです。

 

しかし、チャートをスクロールして見たい日付まで戻して見ようとすると、更新のタイミングで現在の位置まで自動で戻ってしまいます。

そこで、「過去のチャートを固定で見たいとき」また「日付を指定してチャートを表示させたいとき」に行う設定をご紹介します。

 

今回の操作方法はとても簡単なので覚えておくと便利ですよ。

 

MT4で過去のチャートを表示させたい

MT4ではデフォルト設定で、常に新しいチャートを自動で表示させるようになっています。

過去のチャートを見ようとしても、自動で元の位置に戻ってしまう原因はこの設定にあります。

自動スクロールをオフにする

過去のチャートを自動更新で現在のローソク足の位置に戻さないようにするには「自動スクロール」をオフにします。

自動スクロールをオフにする方法は2通り。

  • メニューの「チャート」から「自動スクロール」をオフにする。(画像はオンの状態)
  • メニューバーの「自動スクロール」ボタンをオフにする。(画像はオンの状態)

「自動スクロール」ボタンは一回クリックすることでオン/オフが切り替えられます。

このように「自動スクロール」をオフにすることで過去のチャートが自由に見れるようになります。

 

日付を指定してチャートを表示させたい

何年も前のチャートを表示させるために地道にチャートをさかのぼるのは骨の折れる作業となります。

そこで、何年前のチャートでも一瞬で過去の指定日付の位置までさかのぼってチャート表示させる方法のご紹介です。

 

まず、操作は「自動スクロール」をオフにしてから行ってください。

 

1)「自動スクロール」をオフにする

2)チャートの左下あたりをダブルクリック

3)空欄が出てくるので、表示させたい日付を入力してENTER

日付入力例:2018/09/12

一瞬で指定日付のチャートを表示させることができました。

 

まとめ

過去のチャートを固定で見る方法と日付を指定して過去のチャートを表示する方法の紹介でした。

MT4のとても便利な機能ですが、知らないと意外に困ってしまいますよね。

 

過去チャートの分析が終わったら、普段は自動スクロールをオンに戻しておきましょう。

戻し忘れると過去チャートをずっと見つめる羽目になってしまいます笑(そんなことするのはふくろうだけか‥)

 

ではでは。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。



よく読まれている記事

-FX(為替), MT4関連
-

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.