兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨

リップル(xrp)-ハッキングされて700万円分不正送金された時の話|仮想通貨取引の初心者は気を付けて

更新日:



今年1月(2017年)にリップルコイン(xrp)が、2段階認証設定を行っていたにも関わらず、ハッキングされて全額不正に送金されてしまいました。

GOXってやつですね。

  • 取引所「TokyoJPY(東京JPY発行所)」
  • ウォレット「gatehub」
  • 不正送金先「rpuVj3awFA9LjnDbVXfeZaPi8t6vjHbyJp」

不正送金されていることに気が付いたのは6月くらいで、既に半年経過していました。

結論から言うと、「gatehubはダメ。ゼッタイ。」ということではなく、ハッキングされて不正送金されたのはすべて自己責任ですね。

リップルに限らず仮想通貨取引に安易に手を出す初心者のかたへの警鐘になればと思います。
また、記事にすることで、この出来事を少しでも多くの方に知ってもらって、ふくろう自身スッキリさせたいです。

だって今でも超悔しいんだもんね。

最近やけに仮想通貨の話題多いから都度思い出すし。。

 

【追記(2018/1/29)】

ハッキングされて不正送金されないように、ハードウェアウォレットなどに移して管理することでこのトラウマから解放されています。

リップル(xrp)買ってハードウェアウォレットLedgerNanoSに移しました

今回は、ずっと購入したかったRipple(xrp)を手に入れました! そして、リップルは長期保有で基本売る気はありません。   ガチホってやつですね。 そのため、長期保有になるので取引所に保 ...

続きを見る

ハードウェアウォレットは、品薄で売り切れ状態になることが多いようなので、在庫があるときに入手することをお勧めします。

→ Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

※ LedgerNanoSは正規代理店で購入しましょう。

メルカリやヤフオクなどだと初期設定が入っているものが届き、ウォレットが同期されて送金と同時に盗難されることが実際にあるようです。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットの「株式会社 Earth Ship」は仏Ledger社の正規販売代理店です。

 

スポンサーリンク

不正送金された状況

リップルを選んだ経緯

まず、仮想通貨に興味を持って取引しようと思ったのが、去年(2016年)の7月か8月なのでちょうど一年くらい前ですね。

既にビットコインなんて、その当時4年で10万倍以上になっていて、その後多少の価格の上下はあったものの、ビットコイン長者と呼ばれる億万長者がかなりの人数が輩出されていました。

10万倍というと、単純計算でビットコインを
10万円分買って持っていたら100億になっているということです。

その時、そんなに値上がりしたのなら、逆にビットコインには夢がないなあと素人ながらに考えていたところに、第二のビットコインとして「リップル」の名前が挙がっているのが目に留まり、リップルに惹かれていきました。

 

夢をいだいて、早速リップルコイン購入

20万円分のxrpを数回に分けて購入たのですが、
確かその時は1xrpで0.7円~0.8円だったと思います。なんと1円以下で買えました。

それで、可憐に20万円で25万xrpほど保有

FX歴は長いのですが、xrpの売買をしていて思ったのは、売買板の動きが少なくて、印象としてはつまらないなあという感じ。

 

とはいえ、夢に向かって手にしたリップルコイン。

うれしかったですね。必ず当たる宝くじを手にした感覚です。

値動きのない板を毎日見ていても仕方ないので、第二のビットコイン長者を目指して25万xrpを保有したまま気絶しておくことにしたんです。

もちろん日々の値動きもまったく見ずに。

不正送金発覚

xrp購入から約1年経過したときに、ふとあのとき購入したxrpはどうなったか思い出したんです。

この1年の間にPCも変えていたりで、もうgatehubのログインパスワードとかも見つかるかわからないくらいw
そのくらい忘れ去られていました。

なんとかログイン情報見つけ出して、ウォレットをほんの少しドキドキしながらのぞくと、今年の1月くらいに勝手にどっかにxrpが根こそぎ送金されてます。

「え。ええええええええええ!!!」

 

その時は嫁さんも近くにいたので、

発狂することなく、

しばらくxrpが不正送金された履歴の画面を見つめた後、

そっとPCを閉じました。。そっと。

 

ちなみに不正送金先はこちら
rpuVj3awFA9LjnDbVXfeZaPi8t6vjHbyJp

上記不正送金先で調べてみたら、もう3年くらい不正送金しまくりの極悪やろうみたいです。

でも、ずっと野放し。

 

それでですよ。

その時、実はxrpは30円まで高騰していたんです。(2017/8現在は24円ほど)

ほお、30円とね。

25万xrp保有してましたから、700万円くらいですか。(;'∀')

 

【追記】

2018年1月8日現在、xrpの高騰により、損失額は8250万円となったことをご報告します。

こんな計算ばかりしてるからダメなんだな(笑)

 

私、ふくろうよりも、もっともっと大きな被害にあわれた方はたくさん存在します。

不正送金後の対応

もちろん、gatehubや東京JPY発行所などにメールして調査してもらいましたが、案の定「サイバー犯罪課へ連絡してください」との返答。

予想してました。もうお金は戻らないんだって。

(東京JPY発行所の担当の方はとても丁寧な対応をしていただきました。ありがとうございます。)

 

実際ハッキングされて不正送金されても、ほぼお金は戻ることはないそうです。

ただ、不正送金先の「rpuVj3awFA9LjnDbVXfeZaPi8t6vjHbyJp」が未だに凍結すらされてないって、どういうことなんでしょ??

それと、余談ですが、「サイバー犯罪課」へ連絡したら平日の昼間にも関わらず誰も出ない。
コール音が鳴り響くのみ。これが数日間。

嫌な予感がしつつも、「お急ぎの方はこちらへ」というところに連絡したら、担当らしき方が「そんなものはその会社のシステム会社にでも連絡してよー」と言われる始末。

ええと、お金取られてるんですが。。犯罪ですよね?

担当の方も、仮想通貨やらxrpやら言われてもわからないんでしょうね。

だったら、「サイバー」名乗るんじゃねえよ。

もう資料そろえていたんですが、行く気力なくして、結局そのまま。

 

やはり自己責任と言わざるを得ない

色々言いましたが、これはもう自己責任なんですよ。
自分に言い聞かせて忘れたいのもありますが、実際そうです。

まだ、しっかりとした整備をされていない環境である仮想通貨取引を、ど素人のふくろうがお金に目がくらんで「夢をお金で買った」。

自己責任。

 

ちゃんと、ハッキングや不正送金のリスクを考えていたとしたら、初心者は仮想通貨に手を出したらいけません。

さらに、取引所はハッキングに加えて、倒産のリスクも多くあるので仮想通貨を失う可能性が十分にあります。

今回のことで学べたことです。

 

仮想通貨(xrp)は絶対に買ってはいけない?

ちゃんとリスクを考え学んだ上で、仮想通貨を買うことは良いことだと思います。

リスクを考え学んだうえであれば、将来に向けたちゃんとした投資になり得ます。

 

現状もっとも安心で安全なxrp保管方法として、最近ハードウェアウォレットRipplexrp)が保管できるようになりました。

ハードウェアウォレットであれば、機器本体を所有していなければ、保有している通貨を盗まれる心配はありません。

現状、一番安心なxrpの保管先は、故障してもリカバリー可能なハードウェアウォレットのLedgerNanoSです。

→ Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

まとめ

この失敗を糧にもっともっと上を目指してがんばる!

ふくろうはもう仮想通貨は取引しません。

→ 仮想通貨の魅力に負けてガンガン再開してますw

ハードウェアウォレットしかり、今では安全な保管方法があるからだと思います。

 

見てろ「rpuVj3awFA9LjnDbVXfeZaPi8t6vjHbyJp」(お前が盗んだxrpはくれてやる!)

もうタイトルを、兼業主夫ふくろうの「それでも強く生きていく?」に変更したいと思います。(なんてね)



よく読まれている記事

-仮想通貨
-, , , ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly