海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

仮想通貨 取引所 サービス

FTXのFR(資金調達率)で高利回り時給8千円を実現!?仮想通貨の資金調達率

投稿日:

仮想通貨界隈は乱高下していますが、まだまだ盛り上がっていますね。

ボラティリティが大きく、乱高下する場面も多いため、スキャルやデイトレだけでなく、スイングトレードでも難しさを感じているトレーダーは多いのではないでしょうか。

そこで今回は、細かくトレードせずに、ポジションを保有するだけで高利回りを実現できる、FR(資金調達率)について、詳しく仕組みなどをご紹介します。

仮想通貨を保有しているだけで1時間に1度お金が入ってくるのでおすすめです。

 

今回は世界で2番目に取引量のある仮想通貨取引所FTXを基準に説明していきます。

※ こちらからFTXの口座開設を行うとすべての取引手数料が5%割引になります。

 

関連記事:FTXでUSDTをレンディングしてリスクなく年利150%稼ぐ!?仮想通貨レンディングのやり方

FR(資金調達率)とは

FR(資金調達率)とはFunding Rateの略で、無期限先物の価格と、現物価格を近づけるために採用されている独特な考え方です。

FTXやBinanceなどの海外仮想通貨取引所では、仮想通貨ペアの先物取引ができます。

通常の先物は期限が決められており、期限に近づくにつれその価格は現物に近づいていきますが、FTXなどで取引できる無期限先物には期限がないため、現物価格と大きく乖離し続けてしまう可能性があります。

そこでFR(資金調達率)を設定し、ロングポジションとショートポジションの比率を調整することで、現物価格と無期限先物価格を近づけています。

FR(資金調達率)による手数料の受け取りと支払い

  • FR(資金調達率)がマイナス:ロングで手数料が入る
  • FR(資金調達率)がプラス:ショートで手数料が入る

FR(資金調達率)は常に変動し、その数値によって手数料が発生します。

FR(資金調達率)がプラスなのかマイナスなのかによって、手数料を誰が支払い、受け取れるのかが異なる仕組みです。

FR(資金調達率)がマイナスのときには、ショートポジションを保有しているトレーダーがロングポジションを保有しているトレーダーに手数料を支払います。

逆に、FR(資金調達率)がプラスのときには、ロングポジションを保有しているトレーダーが、ショートポジションを保有しているトレーダーに手数料を支払います。

なお、FR(資金調達率)によって発生する手数料は、トレーダー同士が支払い、受け取ります。

FR(資金調達率)によって無期限先物価格と現物価格が近づくのはなぜ?

FR(資金調達率)は、無期限先物価格と現物価格の乖離を解消するための仕組みですが、なぜFR(資金調達率)によって価格が近づくのかを理解することは、今後のトレードにとって非常に重要です。

例えば、FTXでは一時間に一度、資金調達が発生します。つまり、一時間に一度手数料の受け渡しが発生するということを覚えておきましょう。

例えば、無期限先物価格が大きく値上がりし、現物価格との乖離が大きくなっているとします。

このとき、資金調達率がプラスであれば、ロングポジションを保有しているトレーダーが手数料を支払い、ショートポジションを保有しているトレーダーが手数料を受け取れることになります。

ロングポジションを保有しているトレーダーは、なるべく手数料を支払いたくないので、資金調達の時間までにポジションを決済してしまおうとするはずですし、手数料がほしいトレーダーは、資金調達の時間までにショートポジションを保有しようとするはずです。

つまりロングポジションを解消するための決済ショートやショートポジションを保有するための新規ショートが増えるので、無期限先物価格は下落し、現物価格との乖離は縮まります。

基本的には、価格の乖離が大きいほど資金調達率も大きくなる傾向にあり、偏ったポジションを解消する作用が働きやすくなります。

FTXのFR(資金調達率)確認方法

FTXでのFR(資金調達率)の確認方法は非常に簡単です。

確認するだけなら口座開設の必要もありませんので、まずは確認してみましょう。

まずFTXの公式サイトから、無期限先物のページを開きます。

通貨の横に、「PERP」と表示されていれば無期限先物です。PERPは、Perpetual Futuresの略です。

FTX FR(資金調達率)

FR(資金調達率)の確認は、「Predicted funding rate」の欄を見てみましょう。

FTX FR(資金調達率) 利回り

「Predicted funding rate」は、予測資金調達率です。

上の画像の場合、0.0007%が予測された資金調達率で、「in 30min」とありますので、30分後の予測資金調達率だとわかります。

FTXの場合、資金調達は1時間に1度なのでわかりやすいのですが、次の資金調達が行われる時刻も表示されています。

FTX FR(資金調達率) 利回り

こちらの画像から、次の資金調達は1時であり、予測された資金調達率は0.0008%であることがわかります。この数値は、チャートの横に表示されています。

つまり、ロングポジションを保有しているトレーダーが手数料を支払うことになり、ショートポジションを保有しているトレーダーが受け取ることになります。

資金調達率が大きい仮想通貨は?

数ある無期限先物の中でも、特に資金調達率が大きかった仮想通貨が、$STEPでした。

FTX FR(資金調達率) 利回り

直近のFR(資金調達率)がかなり乱高下しているように見えますが、一度もプラスにはなっていません。

つまり、ロングポジションを持っていれば、1時間に一度手数料を受け取れる状況ということです。

STEPの資金調達率は、8時間合計で-0.5637%なので、100万円分のロングポジションを保有していれば、8時間で5,657円の手数料を受け取れる計算です。

このFR(資金調達率)が続けば、一日で16,971円、十日で169,710円の手数料を受け取れます。

当然、STEPの無期限先物自体の価格変動による差損や、無期限先物と現物の価格関係も気にしなければいけませんが、保有しているだけで大きな手数料を受け取れる仕組みは、魅力的といるでしょう。

FR(資金調達率)だけに注目するのは注意

FR FTX STEP

STEPのFRで夢のような話ですが、毎時間8千円から9千円受け取っていた方も多くいたようです。しかし、FRばかりに気を取られていると危険です。

上記チャートのようにSTEPはわずか1か月で価格が1/10になってしまいました。

仮想通貨全体の地合いが悪かったというのもありますが、FR手数料目当てにずっと保有し続けるのも危険です。

 

なおSTEPは、FTXで購入可能なのでチャートなど見ていただくとわかりやすいですよ。

※ こちらからFTXの口座開設を行うとすべての取引手数料が5%割引になります。

 

FTXは、Binanceとパートナーシップ契約を結んでいる、海外のデリバティブ取引所で、仮想通貨の現物の他、先物や株式トークンなどユニークな派生商品を取り扱っています。

STEPのほか、国内取引所では取り扱っていない高FR(資金調達率)の通貨がありますので、是非自分の目で確かめてみてください。

FTX FR(資金調達率) 利回り

まとめ

今回は、仮想通貨無期限先物の、FR(資金調達率)についてご紹介しました。

現代は、国内にとどまらず、世界中の情報に手が届きます。

FTXはサイトが英語表記で確認しづらい点もありますが、Google翻訳などを活用すれば内容は掴めます。

チャンスは待っていても訪れませんので、自分から動き出して資産を築いていきましょう。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-仮想通貨, 取引所, サービス
-, ,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.