海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

FX(為替) トレード参考 FX基礎

米国債利回りが上がるとドルはどうなる?長期金利とドルとの相関関係

投稿日:

3月に入って、米国債の利回りが上昇していることが度々ニュースになっています。実は、米国債利回り長期金利の上昇は今年に入ってから始まったことではありません。

昨年の夏ごろに底をうち、じわじわと上昇を開始した米国債利回りは、2021年3月現在1.5%を超えています。この上昇に合わせるように、米ドル円のレートも上昇してきました。

今回は、米国債利回りとドルの関係性を明らかにしていきます。是非、米ドル絡みのトレードの参考にしてください。

米国債利回りとは

そもそも米国債とは何でしょうか。

米国債とは、アメリカの財務省が発行する国債のことで、国債を買うということはアメリカにお金を貸すことと同じです。

世界の基軸通貨といわれる米ドルを発行するアメリカの国債であり、アメリカの債券市場は、世界でも非常に高い注目度を有しています。

特に日本は、世界でも有数の米国債保有国として知られていて、その保有量は2019年6月に、中国を抜いて世界トップとなりました。

国債には利息がつきます。国債を購入した額面の金額に対して毎年受け取れる利息の割合を利率といい、発行国の信用度や政策金利の水準などによって変動します。

また、国債利回りとは購入した金額に対する利子も含めた利益の割合のことです。

国債には5年国債や10年国債といったように償還期限があり、一般に償還期限が近い方が利回りが低く、償還期限が遠い方が利回りが大きくなる傾向にあります。

これは、期限の長い債券の方が価格変動リスクが高いためです。

国債市場が落ち着いていて、価格の推移が安定しているとこのような状態になり、このような状態を「順イールド(Normal Yield)」といいます。

しかし、国債市場が不安定で、混乱をきたしているようなときは、期限の遠い国債の方が利回りが低くなり、期限の近い国債の方が利回りが高くなることがあります。

 

このような状態を「逆イールド」といい、投資家はリスクを回避する行動をとろうとします。

米国債利回りにより、ドルの動向を観察する際は、「逆イールド」のような特殊な状態にも注目してみましょう。

 

米国債利回りとドル円の相関関係

一般に、米国債利回りの上昇は米ドルにとっては買いの材料となります。

時に米国債の変動が先行することがありますので、丁寧に観察していればドル円で利益を得る好機となるでしょう。

米国債利回り ドル円 相関関係

 

ただし、米国債利回りの変動要因にも注意を向ける必要があります。

例えば、市場のリスクオン(投資家がリスクを負おうとする強気な状態)で米国債利回りが上昇している局面では、米ドル円もそれに付随して上昇する傾向です。

 

一方、市場が不安定で、投資家が投資を控えるリスクオフの状態で米国債利回りが上昇すると、米ドル円はついていけず、逆に下落することさえあります。

 

ドルインデックスを見てみよう

ドルインデックスとは、ユーロやポンド、円など世界の通貨に対する相対的な価値を指数化した指標です。ドルインデックスのシンボルは「DXY」や「USDX」と表記されます。

ドルインデックスチャートからは、ドルの各通貨に対する相対的な価値の変動を確認することができるため、ドル円やユーロドル、ポンドドルなど米ドル絡みの通貨ペアをトレードする際に役立ちます。

米ドル円とドルインデックスの値動きを重ねたチャートを見てみましょう。

米国債利回り ドル円 相関関係

日足チャートなので、かなり長いスパンでの値動きになりますが、ドルインデックスが先行して下落していることがわかります。

ドルの各通貨に対する相対的な価値が上昇できず、力なく下落していき、それに引きずられて対円でも円高方向に推移したというシナリオが考えられます。その後、ドルインデックスが先に底をうち、上昇し始めてから米ドル円も上昇しようとしている点にも注目しましょう。

さらに、ドルインデックスと10年米国債利回りを表示させてみます。

米国債利回り ドル円 相関関係

一見、この二つの指標には相関性がない様に見えます。

ここに米ドル円チャートを加えてみます。

米国債利回り ドル円 相関関係

1つのチャートに三つの指標を重ねて表示しているため、少し見づらく感じるかもしれませんが、大切なのはドル円の変動を知るための分析であるという点です。

各指標がドル円に対してどう動いているのか、どのような関係にあるのかという点に着目しましょう。

そういった視点で見てみると、国債の価格変動がドルインデックスよりも先行してドル円の価格変動に影響を与えていることがわかります。

つまり、国債の変動を先行指標として、ドルインデックスがその変動についてきたところで、米ドル円のトレード方向を定めて、仕掛けられるということです。

 

そして、2021年3月現在、国債利回りは既にしっかりと上昇しており、ドルインデックスも米ドル円もそれについてきている状態です。

長期的な円安相場となる可能性が十分考えられます。

なお、ドルインデックスのチャートは、海外FX業者大手のXMのMT5でも表示させられますので、是非ご自身のチャートで確認してみてください。

米国債利回り ドル円 相関関係

関連記事:XMのMT5口座開設方法とMT5ダウンロード方法|簡単な口座開設方法

 

米国債利回りを確認する方法

米国債の利回りを確認する方法は様々ですが、もっともポピュラーで簡単に確認できるのは、Investing.comやBloombergです。

これらのサイトは、金融ニュースやリアルタイムチャート、ポートフォリオ、株式市場・FXなどのライブ相場データを提供する金融情報ポータルサイトとして知られ、世界中のトレーダーの情報源となっています。

 

【Investing.com】

https://jp.investing.com/

米国債利回りを確認する方法

【Bloomberg】

https://www.bloomberg.co.jp/

米国債利回りが確認できるサイト

国債以外にも、仮想通貨や金や原油などのコモディティ市場の詳細な情報もいち早く報じていますので、ファンダメンタル分析を得意とするトレーダーにもおすすめです。

まとめ

今回は、今注目を集めている米国債利回りと米ドルの関係について解説しました。

米国債利回りは、一部では米ドル円の値動きと相関性がないなどといわれていますが、ドルインデックスなどの指標以上に先行して米ドルの価格推移を示唆してくれる、重要な指標です。

その関係性をご自身の目で確認し、より有効なトレード手段を掴んでください。

今年は、もしかしたらドル円の円安トレンドが続く年になるかもしれません。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る


⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-FX(為替), トレード参考, FX基礎

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2021 All Rights Reserved.