海外FXの教科書「フクログ」

無料トラリピ系EAと海外FXのXMでセミリタイア目指す

トレード参考

新興国通貨が暴落するタイミングはいつ?過去事例をもとに詳しく解説

更新日:

FXでは、スワップポイントを目的とした長期投資が人気です。

毎日コツコツと金利差額が受け取れるので、リスクが低いと考えられがちですが、高金利を実施している国の通貨は暴落リスクがつきものです。

本記事ではそんな、高金利の新興国通貨の概要や暴落するタイミングについて詳しく解説をしていきます。

新興国通貨とは

新興国通貨 暴落

新興国通貨とは、成長の初期段階にある国の通貨を指します。

日本やアメリカ、イギリスといった経済大国は該当せず、現時点で成長の初期段階、つまりまだ経済が未発達な国を指す名称です。

新興国は高金利の通貨が多く、FXでのスワップポイントを目的とした投資に有効とされています。

例えば、アメリカの金利が2022年1月時点で0.25%なのに対し、トルコのリラという通貨では14.00%の高金利がついているのです。

FXでは2国間の通貨の売買をするという性質から、通貨ごとの金利差額を受け取れるようになっており、新興国通貨の人気が高い要因とも言えるでしょう。

しかし、ロングかショートかでスワップを受け取れるか支払う側になるかは変わるので、やみくもに投資するのではなく為替の変動リスクを押さえておくことが重要です。

外貨獲得のために金利を上げる

新興国が高い金利水準にあるのは、外貨獲得が目的の1つです。

銀行に貯金を預ける場合で考えた時、金利の高いA銀行と金利の低いB銀行があれば、みんなA銀行の方にお金を預けるでしょう。

これは国の話でも同じで、新興国は金利を上げて外貨の獲得を目的としています。

成長段階の国は国内での経済を活性化するために、国外からの外貨を欲する傾向にあります。

また、通貨の暴落危機などを回避する際にも有効です。

しかし、経済大国が金利を大幅に上げないのにも理由があります。

金利が上昇をすると、金融機関が以前よりも高い金利で資金調達をしなければならなくなり、企業や個人への貸し出しにおいても高い金利を付けなければなりません。

その結果、企業や個人が資金調達をしにくくなり、経済活動が抑制されてしまうというデメリットもあります。

新興国であっても国が金利を上げたり下げたりするのは、経済状況に合わせた動きがあるものと認識しておきましょう。

新興国通貨が暴落するタイミング

次は、新興国通貨が暴落するタイミングについて解説をします。

新興国通貨に投資をする際は、以下で紹介する為替変動リスクを押さえておかなければいけません。

仮にスワップ投資を目的としていた場合でも、通貨が暴落をしてしまえば為替での損失がスワップを上回ってしまう恐れがあります。

また、USD/JPYやEUR/USDなどのメジャー通貨に比べて、新興国通貨の変動は激しいのでなおさら注意が必要です。

過去事例と共に見ていきましょう。

アメリカの利上げ予想が招く暴落

下のチャート画像は、TRY/JPY(トルコリラ/円)2021年11月~2022年1月までの動きを週足で示したものです。

新興国通貨 暴落 利上げ

瞬時に暴落が発生している事が分かります。

10月後半では13円台を推移していたのですが、12月には6円台とおよそ50%以上の下幅を記録したのです。

この背景には、アメリカの金利利上げの示唆が影響しているとされています。

アメリカでは、長い間金利の上昇はないと考えられていましたが、2022年より数回の利上げをする可能性が示唆されました。

もちろんトルコリラの方が高い金利水準ではありますが、安全通貨とされている米ドルと変動リスクの激しいトルコリラであれば米ドルの方が圧倒的に人気があるのは当然の事です。

金利差はあっても安全な道を選ぶ投資家が多く、トルコリラの暴落を招いてしまいました。

また、この時期はブラジルやメキシコなどが利上げの示唆をしたにも関わらず、トルコだけ逆行して利下げの示唆をした事も要因の1つです。

通貨の力が強いアメリカのような国での利上げ情報が出ると、このように新興国通貨は暴落を招く可能性があります。

周辺国全体を巻き込んだ暴落

新興国通貨 暴落 アジア通貨危機

2つ目の事例で紹介するのは、1997年~1998年に起こったアジア通貨危機です。

有名なニュースでもありますが、このアジア通貨危機は1つの国の通貨危機がアジア全体に広がっていった問題となっています。

事の発端はタイで、タイの通貨であるバーツは当時「固定相場制」を採用している通貨でした。

海外からの資金流入によるバブルの時期であったのです。

その結果、タイのバーツがアメリカのドルよりも過大評価を受けており、タイの経済先行きを懸念したファンドが一斉に空売りを行いました。

その後、通貨が急激に下落してしまい、タイだけではなく周辺のアジア各国も同様の通貨危機に陥ったのです。

このようなケースは歴史的なものとしてではなく、今後も充分起こりうるケースです。

最終的にはタイ、インドネシア、韓国の3国はIMFからの支援を受けて立て直しています。

経済圏や周辺国の動向から巻き込まれるというケースは起こりやすいので、新興国通貨投資の際は周辺国の経済情勢も把握しておきましょう。

外貨不足による暴落

2001年には、南米のアルゼンチンで通貨危機が起こりました。

アルゼンチンでは、1990年より経済収支の赤字補填のため外貨需要が増え、海外市場での外貨獲得を背景に経済活動が順調に推移している状態でした。

しかしその後1998年を境に外貨の流入高が減少して、翌年2000年には経済収支赤字を補填しきれなくなってしまったのです。

その結果外貨不足に陥り、経済不況に陥ることになりました。

高金利を外貨流入目的で進めていた国でも、政策の失敗や経済収支の赤字拡大で外貨不足になる通貨が暴落するケースもあります。

新興国通貨の動向はファンダメンタル分析も重要

本記事で解説したように、新興国通貨は経済状況や国の政策等によって暴落を招くケースがあります。

全て過去の話ではなく、今後も起こりえるケースとして考えておきましょう。

新興国通貨の動向を見る際は、ファンダメンタルでの分析が重要となります。

周辺国の経済状況や、アメリカやEUといった経済大国の動向、国ごとの政策などが起点となって動くケースが多いです。

スワップ投資をする方は、マーケット情報をしっかり読み取った上で投資をしましょう。

レバレッジをかけて行うFXの長期投資では、暴落の際にロスカットになる可能性もあるので、リスクも考慮しながら投資していくことが重要となります。



ボーナスが豊富な海外FX業者XM

XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。

特典あり!今すぐ口座開設でボーナスを受け取る

XM口座開設

⇒ XMの口座開設手順を簡単に解説

オリジナルトラリピEA

無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ1000倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順

ハーフ&ハーフEA

無料 EA トラリピ ハーフ&ハーフ
※ 自動売買「トラリピ ハーフ&ハーフEA」を無料配布開始!

  • 中央値から上下にショートとロングを設定
  • 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る
  • 中央値で含み損が0になる
  • 資金効率が良い
中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。
記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。


-トレード参考

海外FXの教科書「フクログ」ホーム

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2022 All Rights Reserved.