兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

ふくろう

兼業主夫になるときに不安で怖かったこと2つと解決できた理由

投稿日:



今年の1月から主夫となりました。(一応、兼業です)
兼業主夫になってから、9か月目になります。

今はなんとか主夫をこなしながら、仕事もできている状況ですが、正直妻が働きに出るときは、主夫になれるのか不安で仕方ありませんでした。

兼業主夫になるときに、とくに不安だったこと怖かったことが2つあります。

まだまだ頑張らないといけないことが多くありますけど、今のところ何にも問題なく生活できているので、こんな私でも主夫になれるんだと思っていただければと。

スポンサーリンク

兼業主夫になるときに不安で怖かったこと

それは、

  • 家事が一人でできるかどうか
  • ずっと家にいて子供たちに嫌われないか

家事が一人でできるかどうか

今まで、まったく家事を手伝ってこなかったので(妻よごめんなさい)、まず電子レンジの使い方から、洗濯機の操作方法、食器を洗う洗剤の場所、お風呂掃除の仕方、料理の仕方。

などなど、細かく上げればきりがないくらい、山ほど覚えることがあったのです。それはそれは不安でしたね。

それで、どうしたかというと、主夫になる2週間前くらいから妻の猛特訓を受けて、いろいろと主夫業を学びました。

とくに苦手だったのが、洗濯と食器洗い。

洗濯は「洗って」「干して」「取り込んで」「畳んで」「タンスにしまって」5工程もあるじゃないですか!

食器洗いは腰痛持ちなので、かがんで食器洗ってると激痛じゃないですか!

 

今では子供たちが帰ってきたらすべてやってくれます。

(もちろん、友達と遊ぶ日や宿題が多い日は除く)

初めの数か月、いや数週間は、私がすべてやっていたのですが、次第に子供たちが「いいなあ、やってみたい」と言い出してきたのです。

それはもう、ここぞとばかりに教えましたw
お手伝いが嫌になるといけないので、楽しくなるように、そっと、そっと。

子供たちいわく、「ママのときはやらせてもらえなかったからうれしい」と!

 

それと食事の準備ですね。

こればっかりは、すべて小学生の子供たちに任せるわけにはいかないので、現在も日々格闘中です。

でも、すごい世の中便利な時代なんですよ。最高ですよ!

お味噌汁にしても出汁入りの味噌があります。
これなんて、お湯に混ぜればもう超おいしい本当に料亭の味のお味噌汁が簡単にできてしまいます。
これで我が家の味噌汁は、かなり好評です。

 

それと、妻にもらったありがたい勇気でる言葉があります。

 

料理なんて塩とコショウがあれば、だいたい何でもおいしくなるから心配しなくていいよ!

 

まさにその通り。
勇気のもらえる超ありがたいお言葉。

今はまってる味付けが、ごま油と塩のコンビ。豆腐でも刺身でもなんでも合います。

酒のつまみのレパートリーばかり増えていってますが、子供たちが喜ぶ料理も研究していかなければなりませんね。

冷凍食品に頼ることもありますが、なんとか栄養も考えて作っています。

ちなみに、子供たちに少し包丁の使い方を教えていたら、取り合いになりそうなことがあったので、急いで切れない包丁を買いました。

これなら安心です。
少しづつお料理も勉強したいみたいなので教えていこうと思ってます。

※ 安すぎる切れない包丁は本当に切れないし、ぐにゃぐにゃになって逆に危ないので気を付けてください。

ずっと家にいて子供たちに嫌われないか

これが実は一番不安で怖かったです。

兼業主夫になる前も自宅で開業していたので、ずっと家にいたのですが、嫌われなかったのは妻と一緒だったからではないか。

 

なにもできない不甲斐ないパパが露呈したら、嫌われるのではないか。

 

結論から、逆にパパへの尊敬度が増しました。

なーんにもできなかったパパが、味噌汁を作った!

パパすごーい!
天才!

パパが豆腐に塩とごま油とねぎをのせて出した!

パパすごーい!
はじめてお塩でお豆腐食べた!天才!

逆になんか申し訳なくなったので、
出汁入り味噌汁にお湯を混ぜているだけだと正直にカミングアウトしましたが、何のことかわかっていなかったようで(笑)

 

おかげさまで、今のところ、2つの不安はきれいに解消されました。

結果としては、主夫になることの不安と恐怖は「子供たちのおかげ」で乗り越えられました。

感謝しかありません。

まとめ

こんな私でも兼業主夫になれたのは子供たちのおかげ。

本当にそれだけです。

世の主夫や主婦の方にも言いたいのですが、大変なときは頼ってあげてください。

特に子供は頼ると喜んでくれますよ。
ただし、感謝の言葉とコミュニケーションだけは忘れずに!

限度はありますが、これからも二人の娘に頼りながら、楽しく兼業主夫業をしていきたいと思います!

 

 

共感していただけたら、「いいね!」「シェア」お願いします('ω')ノ



よく読まれている記事

-ふくろう
-, , ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly