兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 ニュース

中国政府機関が仮想通貨格付けを発表!28種類中1位はイーサリアム13位にビットコイン

投稿日:



中国政府機関の仮想通貨レーティングが発表されました。

28種類の仮想通貨の格付けがこちらです。

項目としては、左から「通貨名」「基本技術」「適用範囲」「イノベーション」「総インデックス」「総合ランキング」となっています。

 

http://cyyw.cena.com.cn/2018-05/17/content_386493.htm

 

スポンサーリンク

中国政府の仮想通貨格付け

中国政府による28種類の仮想通貨格付けは、1位がイーサリアム、13位にビットコイン、17位にリップルという結果。

ランキング28位までがこちら。

  1. Ethereum
  2. Steem
  3. Lisk
  4. NEO
  5. Komodo
  6. Stellar
  7. Cardano
  8. IOTA
  9. Monero
  10. Stratis
  11. Qtum
  12. BitShares
  13. Bitcoin
  14. Verge
  15. Waves
  16. Ethereum classic
  17. Ripple
  18. DASH
  19. Siacoin
  20. Bytecoin
  21. Litecoin
  22. ARK
  23. Zcash
  24. Nano
  25. Bitcoin Cash
  26. Decred
  27. Hcash
  28. NEM

 

5月17日、産業情報省CCID研究所は、正式に最初のグローバルな公的所有チェーン技術評価指標とランキングを発表した。結果は5番に2上にある指数を評価し、評価するために、リストで1位、第二世代のブロックチェーン技術の典型的な代表は、技術評価指標の公共広場チェーンプラットフォームに契約129.4のためのインテリジェントイーサネット機能を有することを示しましたパブリックチェーンは、Stymeチェーン、アプリケーションチェーン、NEOおよびKomodoです。業界から大きな注目を集めているBitcoinは、わずか13位にランクされています。

 

 

プラットフォーム系そして匿名通貨が中国政府の格付けでは上位に入っているという印象です。

LiskSteemNEOよりも上位に入っているのは意外でしたw(中国政府の格付けなのにという意味で)

 

 

Ripple(xrp)が17位ですか。そうですか。

 

まとめ

中国政府の28種類の仮想通貨格付け結果についてでした。

この発表によって何か価格に影響がでたかというと、とくに影響は出ていないみたいですね。

 

かといって、中国政府の格付けなのである程度の影響は今後でてくる可能性はあります。

全くあてにならないというわけではないので、参考にするのも良いかもしれません。

ではでは。



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, ニュース
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly