兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 取引所

OpenSea使い方|ブロックチェーンゲームのモンスターやカードを売買して稼ぐ

投稿日:



ブロックチェーンゲームに出てくる「モンスター」「キャラ」「カード」(これらをまとめてアイテムとします)などを売買できる取引所「OpenSea」というところがあります。

 

これから様々なブロックチェーンゲームが出てくるにしたがって、ゲットしたレアキャラやレアカードをゲットできる機会が増えてきます。

そのときにそのアイテムを売って、稼ぐことができないだろうかと思うことってありますよね。

リアルマネートレード(RMT)というやつです。

 

そこでOpenSeaOpenSeaアイテムの取引所

dAppsゲームはアイテムがブロックチェーン上に保管されているので、OpenSeaでは色々なゲームのアイテムが売買されています。

 

良いタイミングで売りに出すと意外な高値で売れたり、逆にレアなアイテムが意外に安く手に入ってしまうこともあります。

 

そんなブロックチェーンゲームの取引所OpenSeaの使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

OpenSea使い方

OpenSeaを使うのに必須なもの

  • ブラウザ:google chrome、Firefox
  • ウォレット:METAMASK
  • イーサリアム(ETH)

既にブロックチェーンゲームで遊んでいればMETAMASKはインストールされていますね。

売買にはイーサリアム(ETH)を使います。

対応しているブロックチェーンゲーム

現時点で21種類。今後もっと増えることは確実です。

CryptoKitties、Etheremon、CryptoPunks、Fishbank、ETH TOWN、CryptoSaga、Mythereum、CryptoSaga Card など

OpenSea売り方

OpenSea公式サイトにアクセス

(METAMASKにログインしておきましょう)

OpenSea ブロックチェーンゲーム

「Explore the sea」をクリック

 

これでOpenSeaのダッシュボードにログイン完了です。

 

まずは、自分の保有しているモンスターやキャラ、アイテムを見てみましょう。

「Account」から「MY ITEMS」を見てみると、自分保有のアイテムが並んでいるのが確認できます。

OpenSea ブロックチェーンゲーム

 

売りたいアイテムを選び「SELL」をクリックします。

(「GIFT」はアイテムをあげるときに使います。プレゼント機能ですね)

OpenSea 使い方

ちなみにこのアイテムは、イーサタウンのヒーローです。

 

オークション(販売)の設定をしていきます。

OpenSea オークション

  • ENTER START PRICE:スタート価格
  • ENTER END PRICE:終了価格
  • DURATION:オークション(販売)期間

 

「スタート価格」と「終了価格」が肝になってきます。

だんだん値段があがっていく方式にするのか、だんだん値段がさがっていく方式にするのか。

 

値段と期間の設定が完了したら「Sell item」クリックすると、METAMASKが立ち上がりトランザクション承認をして販売設定の完了です。

(オークションといっても、実際には入札して価格を競うような販売方法ではありません)

 

自分で出品した販売中のアイテムは、「MY AUCTIONS」で確認できます。

OpenSea 販売方法

 

売買の相手は世界中にいます。売れるといいですね!

アイテムが売れたらMETAMASKに反映されます。じっくりと売れるのを待ちましょう!

 

OpenSea買い方

上部メニューから「Marketplace」をクリックし、左側から買いたいアイテムがあるブロックチェーンゲームを選びます。

OpenSea 買い方

 

ほしいアイテムをクリックしてステータスを確認。

OpenSea 使い方

購入の意志がかたまったら「BUY」(トランザクション確認後に購入完了!)

 

購入したアイテムは「Account」の「MY ITEMS」に届いているはずです。

簡単ですね!ぜひ活用してみてください。

 

OpenSea公式サイト



よく読まれている記事

-仮想通貨, 取引所
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly