兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨Lympo(LYM)トークンBankeraに上場決定!健康になるとLYMが報酬になる

投稿日:



今回は、Lympoリンポ(LYM)の紹介です。

トレーニング目標を達成するとLYMトークンが報酬として支払われるという、かなりモチベーションアップにつながりそうなプロジェクト。

 

先日紹介したIqeon(IQN)に引き続き、今回もBankeraに上場したトークンになります。

仮想通貨Iqeon(IQN)Bankeraに上場決定!ゲームプラットフォーム通貨の将来性

今回は、Iqeonアイキューイーオン(IQN)について紹介します。 イーサリウムのブロックチェーン技術を使ったゲームプラットフォーム通貨となり、ICO終了直後で既にBankeraに上場が決定しています ...

続きを見る

 

上場時期の詳細はわかりませんが、今年4〜6月頃とのこと。

 

スポンサーリンク

Lympo(LYM)とは

Lympo(LYM)詳細

Lympo(LYM) 仮想通貨

 

スマートフォンユーザーの52%以上が健康関連の情報を収集していると言います。

そして、2016年にはモバイルヘルスアプリのダウンロード数は合計で32憶という数字がでています。

それだけ健康についての関心が高く需要があるということですね。

 

しかし、集められたその貴重なデータは一部の企業でしか保有されていません。

この問題の解決のために、Lympoでは企業やすべての機関で共有して効率的に利用しようとプロジェクトを開始しました。

 

Lympo fitness walletとユーザー報酬の仕組み

Lympo(LYM) Bankera

  • 健康アプリとウェアラブルに接続されたパーソナルフィットネスウォレット
  • 事前定義された追跡可能な健康目標に対するトークン報奨
  • 個人の将来の使用のための健康およびフィットネスデータストレージ
  • 500人以上のフィットネストレーナーを持つ既存のプラットフォームからのプラットフォーム内購入
  • データの代償として健康的なライフスタイルの商品とサービス
  • データ利用者と利害関係に基づいてカスタマイズされた健康とフィットネスのアドバイス

Lympoではユーザーが収集したヘルスケアデータをLympoに提供することで、ユーザーは「Lympo fitness wallet」にてトークンを得られるようにしました。

トレーニング目標にたいする報酬としてもトークンが払われるようです。

ヘルスケアデータを提供することで収益化できるということ。俄然やる気がでますね(笑)

 

また、もらったLYMトークンを利用して健康商品やフィットネスサービスを購入することができるようになります。

健康的な生活習慣のためのLYMトークンということですね。

 

Lympo(LYM)将来性

これ普通にふくろうも使ってみたいと思うようなプロジェクトです。

 

トレーニング目標を達成すればトークンが得られるって、モチベーション上がるし今の運動不足解消できて最高だわ(笑)

「Lympo fitness wallet」ロードマップによると2018年第三四半期にフルβ版がリリースされるようなのでたのしみではあります。

 

LYM 仮想通貨 bankera

 

LYMトークンがBankera取引所に上場するというのも良いですよね。

 

Lympo(LYM)買い方

Lympo(LYM)は、Bankeraに上場予定で現在はKucoinで購入できます。

【LYM買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でBTCまたはETH購入
  2. KuCoinに送金
  3. KuCoinでLYMを購入

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/

 



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly