兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨Lamden (TAU)将来性と特徴|ブロックチェーンプラットフォーム

投稿日:



今回は、Lamdenラムデン (TAU)について紹介します。

まだあまり日本では人気がない(知られていない)ようですが、ひそかに2018年伸びてくるのではと一部ではささやかれています。

 

Lamdenラムデン (TAU)は簡単にいうと開発ツール。

さっそく、将来性と詳細について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Lamden (TAU)とは

Lamden (TAU)詳細

Lamden (TAU) 仮想通貨

 

Lamdenは、開発者のために構築されたブロックチェーンプラットフォームです。

新しいカスタムブロックチェーンとアプリケーションを作成するプロセスを高速化する開発ツールです。

 

Tauトークンは、Bitcoin、Ethereumなどの既存の暗号化された通貨間のユニバーサルスワップトークンとしてより一般的に使用されます。

これにより、TAUは無限の暗号化対の間でシームレスに交換できます。

 

トランザクション処理能力が高い

 

Lamden の特徴としては、なんといってもトランザクション処理能力が高いこと。

1秒間に10,000件のトランザクション処理ができます。

そして「FREE TRANSACTIONS」なのでトランザクション費用が無料。

 

また、プライベートチェーンを含め、Lamdenネットワークのスケーラビリティは事実上無制限です。

 

Saffron

Saffronは、企業や開発者がプライベート・チェーンを迅速かつ効率的にコンセプトし、展開することを可能にするブロックチェーン・ジェネレータです。

堅牢なオプションの選択肢を備えた事前構築されたテンプレートを使用することで、サフロンは各プロジェクトの仕様に特有のカスタムブロックチェーンソリューションを実現します。

 

「Clove」アトミックスワップ

Lamden は、Cloveと呼ばれるチェーン間のアトミックスワップを容易にする「分散アプリケーション」が実装されています。

アトミックスワップとは、異なる仮想通貨間で取引・交換ができる機能になります。

例えば、特定の通貨しか支払い対応していないショップでも、TAUで決済ができてしまうということですね。

 

仲介者がいないので無駄な手数料が発生せずにアトミックスワップが可能です。

 

Flora

Floraは、Ethereumと他のスマートな契約ブロック群の分散スマート契約パッケージマネージャです。

分散型パッケージマネージャを使用すると、一般的に使用されるコードを開発者が共有できるため、頻繁に繰り返されるタスクの開発時間が大幅に短縮されます。

Floraは、npmやpipのような一般的で使い慣れたパッケージマネージャをモデル化して、開発を容易にし、よりよく知られた開発ワークフローを可能にします。

 

Lamden (TAU)ロードマップ

Lamden (TAU) 仮想通貨

 

ちょと内容がわかりにくいですが、2018年第二四半期にCloveのベータ版がリリースされるようです。

それに伴って、機能のテストを行いバグを報告してくれるパートナーが選出されるとのこと。

 

Lamden (TAU)将来性みんなの評価

これはすごいw

 

Lamden (TAU)買い方

TAUは、HitBTCで購入できます。

 

【TAU買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でBTCまたはETH購入
  2. HitBTCに送金
  3. HitBTCでTAUを購入

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly