兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨ETHLend(LEND)将来性と特徴|仮想通貨で融資する金融系プラットフォーム

投稿日:



ETHLendイーサレンド(LEND)は、仲介者を介さずに融資を行うことのできる金融プラットフォームです。

以前、ETHLend(LEND)のAirDropもあり一気に注目を浴びました。

 

仮想通貨をタダでもらえるチャンス|無料で仮想通貨をもらってしまおう!エアドロップ

仮想通貨の世界では、タダで仮想通貨がもらえることが結構あります。 今回は、ETHLend(LEND)という仮想通貨のAirDrop(エアドロップ)でLENDがタダでもらえるという告知と合わせて紹介しま ...

続きを見る

 

今回は、このETHLendイーサレンド(LEND)について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ETHLend(LEND)とは

ETHLend(LEND)詳細

 

ETHLend(LEND) 仮想通貨

 

ETHLendは、仲介者を介さずにピアツーピアで融資を行うことのできる金融プラットフォーム。

LENDは、そこで使われるトークンになります。

 

融資自体は、仮想通貨(イーサリアム)で行い、借り手は担保として仮想通貨を提示する仕組みです。

(2018年Q2 ビットコイン融資にも対応予定)

 

ETHLend(LEND)目標

ETHLend(LEND) プラットフォーム系

 

世界には銀行口座を持てない人々が多くいます。特に貧困層・発展途上国には多いです。

そんな人々にも、融資を受けられるようなプラットフォームを提供しようと考えたのがETHLendになります。

 

ETHLend(LEND)メリット・デメリット

ETHLend(LEND) 将来性

 

ETHLendでは仲介者がいないため、借り手と貸し手は直接やりとりが完了します。そして、スマートコントラクトにより早く安全に融資が受けられます。

仲介者がいないので金利が安いというメリット、また、ブロックチェーン技術・スマートコントラクトによって安全で透明性が高いこともメリットの一つ。

 

デメリットというか問題点・課題点ですね。

現段階では融資がイーサリアムで受けられても法定通貨に換えないと使えない状況下なので、結果的に銀行が必要になるというところ。

これは仮想通貨全体の今後の課題にはなりそう。

 

ETHLend(LEND)将来性

 

すでに2017年にα版がリリースされています。

そして上のツイートのように、6000ETH以上のの融資実績について報告が出ていますね。

定期的にこのようなツイートがされています。

 

貧困層の75%が銀行口座を持っていないという事実から、ETHLendによる融資は今後かなりの需要があると見込んでいます。

仮想通貨での決済が普及したら、もっと強くなるでしょう。

 

Swissborgと提携したのも好材料ですね。

 

ETHLend(LEND)評価評判

 

ETHLend(LEND)買い方

LENDは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でLENDを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【LEND買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でBTCまたはETH購入
  2. Binanceに送金
  3. BinanceでLENDを購入

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly