兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨ArcBlock(ABT)将来性と詳細|ブロックチェーン3.0として注目

投稿日:



今回は、仮想通貨ArcBlockアークブロック(ABT)について紹介します。

ArcBlock(ABT)は、ビットコイン、イーサリアムにつぐ、仮想通貨ブロックチェーン3.0として注目されています。

 

また、ビットコインやイーサリアムなど、それぞれのブロックチェーンにオープンチェーンでアクセスできるプロトコルとして、互換性を生み出そうとしています。

そして、様々なシステムをブロックチェーンに載せようという試みがあります。

 

スポンサーリンク

ArcBlock(ABT)とは

ArcBlock(ABT)詳細

ArcBlock(ABT)は、ビットコイン、イーサリアムにつぐ、仮想通貨ブロックチェーン3.0として注目されています。

ビットコインがブロックチェーン1.0、イーサリアムが2.0、そしてArcBlock(ABT)がブロックチェーン3.0という位置付け。

 

ArcBlockは、分散型ブロックチェーンを構築および展開するためのプラットフォームおよびエコシステムです。

既存のシステムをブロックチェーンネットワークに接続し、既存のデータおよびアイデンティティを使用してビジネスプロセスを自動化することができます

 

ArcBlock(ABT)ロードマップ

abt 仮想通貨

 

  • 2018年第1四半期
    トークンセールイベント
    ArcBlockによって電源が供給される最初の創業クライアントのグループを選択します。
  • 2018年第2四半期
    開発パートナーと共にArcBlock上に構築された最初の分散型コンシューマアプリケーションを起動します。
    オープンチェーンアクセスプロトコルを使用したHyperledgerアダプタの実装 トークンは取引所で公開されます。
  • 2018年第3四半期
    オープン・チェーン・アクセス・プロトコル(RC1)の最初のパブリック・リリース候補。
    オープンソースのオープンチェーンアクセスプロトコルとそのリファレンスは、EthereumとHyperledgerで実装されています。
  • Q4 2018
    EthereumとHyperledgerのためのオープンチェーンアクセスプロトコルとアダプターの正式リリース。
    クライアントとパートナーのための完全なArcBlockプラットフォーム プラットフォームは一般に公開されています。
  • Q1 2019
    より多くのパートナーと開発者を含む広範な展開
    ArcBlock開発者のための最初のDevCon

 

2019年Q1までのロードマップ

イーサリアムとの接続も予定されていますね。

 

ArcBlock(ABT)将来性

ABT 仮想通貨

パートナーにはm、IBMとBiboxなど名だたる企業が。

 

Bibox取引所については、ICOのときから上場するのかどうか言われていましたが、実際にBiboxに上場を果たしました。

また、すでにBinanceに上場済みのCybermilesとも提携済み。

 

今後ブロックチェーンの互換性は必要不可欠になるので、需要は高いと考えます。

 

ArcBlock(ABT)みんなの評価評判

 

ArcBlock(ABT)買い方

ABTは、Biboxで買えます。

 

BiboxでABTを買う

公式サイトで登録:https://www.bibox.com/

 

【ABT買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でBTCまたはETH購入
  2. Biboxに送金
  3. BiboxでABTを購入

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly