兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨Ontology (ONT)将来性と詳細|NEO保有でエアドロップされたコインが上場

投稿日:



先日、NEO保有者にAirdropされたOntologyオントロジー (ONT)が、Binanceに上場しました。

 

 

Binanceに上場したことで価格が高騰しています。

詳細について調べたので参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク

Ontology (ONT)とは

Ontology (ONT)詳細

ONT 仮想通貨

Ontologyプロジェクトは、中国の有力なブロックチェーン技術企業のオンチェーン(Onchain)が2017年11月に発表し、クロスチェーン、クロスシステム、クロスインダストリー、クロスアプリケーション、クロスアプリケーションを可能にするネットワークを構築することで、実世界とデジタル世界をつなぐ公共のブロックチェーンインフラストラクチャです。

分散型のトラストエコシステムをサポートする共通のプラットフォーム

Ontologyは、新世代の公共インフラストラクチャチェーンプロジェクトと分散型の信頼関係コラボレーションプラットフォームです。

Ontologyは、完全な分散元帳、スマート契約システムのサポートを含む、高性能ベースの公開チェーンを提供します。

 

オントロジーは、分散ネットワークの知識がない企業にブロックチェーン技術を使用させるという意味で画期的です。

現時点では、ブロックチェーンの広範な知識なしに、ブロックチェーンをインフラストラクチャに統合する方法はありません。

 

同様に、現在のネットワークにはさまざまな問題があります。

例えば、プライバシー保護の脆弱性など。オントロジーは、信頼性の高いエコシステムによって、これらの問題を解決します。

 

NEOとOntologyの関係

NEO ONT 仮想通貨

昨年11月に、Onchain(ブロックチェーンシステムの開発に専念する会社)が、画期的なプラットフォームであるオントロジーの立ち上げの発表をニューヨークでしました。

Onchainの最高経営責任者(CEO)とNEOの共同設立者Da Hongfei氏は、「オントロジーの立ち上げにより、私たちのプロジェクトは世界の舞台に導かれました。オントロジーとNEOは、実際の経済に役立つために、ブロックチェーンやその他の新技術を使用して、幅広いエコシステムを構築します。」と発表。

オントロジーの公式ウェブサイトは、オントロジーの創始者であるジュン・リーをリストアップしており、彼をOnchainの共同創設者/チーフアーキテクトとして挙げている。

 

 

「まず、NEOとOnchainが別々のエンティティであることを明確にする必要があるため、OnchainはNEO、つまりNEO、Onchainを所有していません。彼らは別々に資金提供されています - NEOはコミュニティによって資金提供され、Onchainは中国の非常に有名な金融グループ、Fosunによって資金提供されます。彼らはヨーロッパで多くの保険会社と銀行を買った。だから彼らは別々です。第二に、OnchainはNEOエコシステムから利益を得ます。DNAと呼ばれるこの製品はNEOと非常によく似ていますが、Go言語で書かれています。OnChainは、他のブロックチェーンや金融機関がDNAでブロックチェーンを構築するのを支援しています。基本的にはNEOと非常によく似ていますが、将来はNEOx(クロスチェインプロトコル)を使用することで、すべてをつなげることができます」 - Hongfei

 

なお、NEOを保有しているとGASが増えるように、ONTを保有しているとONGが増えるようです。

 

Ontology (ONT)将来性と評価

 

Binance上場で好調な滑り出しのようですね。

Ontology (ONT)買い方

ONTは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でONTを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【ONT買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでONTを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly