兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 銘柄

仮想通貨Zilliqa (ZIL)将来性と詳細|VISAにも劣らない取引高速化技術

投稿日:



Zilliqa ジリカ(ZIL)がBinanceに上場しました。

Binanceの上場投票は3位だったけどなんらかの不正?によってZilliqaが優勝したようですね。

 

 

Zilliqaは、世界初のdAppsによるハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームです。

トランザクション処理の速さが最大の特徴である仮想通貨になります。

 

スポンサーリンク

Zilliqa (ZIL)について

 

Zilliqa (ZIL)詳細

ZIL 仮想通貨

 

Zilliqaは、世界初のハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームで、毎秒何千ものトランザクションに対応できるように設計されています。

 

Zilliqaはネットワークの拡張に伴って、トランザクションレートを向上させる新しいプロトコルを使用し「シャーディング」の理論を実践しています。

このプラットフォームは、機械学習や財務アルゴリズムのスケーリング要件を満たすように設計された安全なデータ駆動型分散アプリを実現するように調整されています。

 

シャーディング(Sharding)とは、ブロックチェーンネットワークをいくつかのグループに分け、並列処理することで速度を加速する技術。

これにより、ZilliqaはVISAやMastercardなどの支払処理・取引速度と同等になります。

Zilliqaのスループットは、ネットワークが拡大するにつれて増加するので拡張性が高いと言えます。

 

このシャーディング技術は、今後イーサリアムでも導入する予定。

 

処理速度として既存の仮想通貨はVISAなどのクレジットカードの速度に劣っていた部分がありました。

それをZilliqaは、取引速度の高速化を用いて実現可能にしました。

 

Zilliqa (ZIL)ロードマップ

ZIL 仮想通貨

2018年にTestnet v1.0v2.0、Ancor dappがリリース。

ロードマップを見る限り、2018年の今年一年が勝負といったところでしょうか。

 

Zilliqa (ZIL)将来性

現在6円前後と草コインですが、今後この高速処理がテストネット上だけではなく実環境で試されることで注目が高くなると言えます。

 

また、日本の企業(GB Blockchain Labs)とも提携を発表しています。

日本で最も成功している最大のベンチャー企業の1つが、シンガポールの研究者らが開発中の待望の高速ブロックチェーンプラットフォームとの戦略的提携を発表

 

Zilliqaは、シンガポール国立大学の天才研究者らが立ち上げたプロジェクトなので、今後の開発状況にも期待できそうです。

 

みんなの評判評価

注目度は結構高いみたいですね。(Binance上場するまで全くしらなかったけどw)

 

 

Zilliqa (ZIL)買い方

ZILは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でZILを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【ZIL買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでZILを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 銘柄
-, , ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly