兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 銘柄

仮想通貨Factom(FCT)将来性と詳細|160兆円の市場に食い込めるか

投稿日:



Factomファクトム(FCT)について紹介したいと思います。

 

Factomは、「Fact(事実)」が語源の認証することを目的としたサービスで、文章や書類、記録などを保管して改ざん不可能な記録として保存する仕組みです。

Factomはプラットフォームの名称で、そこで利用される通貨がFactoid(ファクトイド)と言います。(通貨単位はFCT)

 

スポンサーリンク

Factom(FCT)とは

Factom(FCT)詳細

Factom 仮想通貨

Factomは、「Fact(事実)」が語源の認証することを目的としたサービスです。

また、Factomは分散型のデータ認証プロトコル(Dapps)で、ビットコイン2.0やブロックチェーン2.0と言われています。

ビットコイン2.0とは、ビットコインのブロックチェーンを応用した機能をもった仮想通貨を指します。スマートコントラクトの技術なんかもそうです。

 

Factomでドキュメントや記録を分散的に管理でき、ブロックチェーン上に安全にデータ管理ができるようになります。

 

ファクトムの技術は、Bitcoinブロックチェーン上にデータレイヤーを作成することで、暗号分離を使用して1つのハッシュでブロックチェーンに数百万のリアルタイムレコードを確保します。

企業や政府はFactomを使用して情報を文書化し、これを変更、削除、改ざんすることはできません。

ファクトムの技術は、蓄積されたデータの完全性が損なわれないようにし、完全な透明性を確保すると同時に、記録保管を分散化しユーザーのプライバシーを維持します。

 

なお、ソフトウェアはオープンソースなので、誰でも自由に使用できます。

Factomは、ブロックチェーン技術を使用する新しい世代のアプリケーションを開発するためのツールを開発者に提供します。

 

ほとんどのデータベースとは異なり、ブロックチェーンはインターネットに分散されており、シャットダウンすることは事実上不可能です。

Bitcoinブロックチェーンは金融取引の記録ですが、Factomはあらゆるタイプのデータを格納するように設計されています。

これにより、ファクトムは、金融システム、医療記録、法的申請など、幅広いアプリケーションに最適なプラットフォームになっています。

 

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)

fct 仮想通貨

Factom Harmonyとは、アメリカの住宅ローンの分野で開始されたプロジェクトです。

アメリカの住宅ローンの市場は大きく、160兆円ほどの規模になるので注目が集まっています。

 

ファクトム・ハーモニーのコア製品であるDigital Vaultは、最も重要な締め切り文書に時間を掛け、オリジナルからクローズまですべてのファイルについて完全な履歴を提供します。つまり、文書の追跡やファイルの再監査が必要なことがなくなり、時間と組織のコストを節約できます。

Factom Harmony Digital Vaultは最先端のブロックチェーンソフトウェアによってバックアップされているため、ボタンを数回クリックするだけで内部的および外部的にファイルを簡単に共有でき、レコードの整合性を心配する必要もありません。

  • 各ローンファイルの全記録カタログ。
  • クローズド・ローンに関連するすべての文書
  • 各ローンを支える重要な文書の元の所有者を知る
  • クローズド・ローンのすべての文書の場所を取得する

各ファイルは、ブロックチェーンコンテナ内に確保され、最終ドキュメントの順序でロックし、ファイルにアクセスする各ユーザーを記録し、重複するドキュメントを拒否します。Digital Vaultを使用すると、レコードの再監査やローンファイルの再構築などの無駄な時間を節約できます。

 

Factom Harmonyは、住宅ローンに関する情報をブロックチェーン上に保存するというもの。

データの改ざんに対するリスクの軽減や、中間業者を挟まないことで大幅なコスト削減が期待されています。

 

DLOC by SMARTRAC

Factom 仮想通貨

DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)というプロジェクトもファクトムの核となるプロジェクトです。SMARTRAC社と共同開発しています。

 

Dlocステッカーというものに医療履歴などを取り込み、QRコードなどで読み込めるようにしたもの。

これにより、Dlocステッカーがあれば今までの医療履歴を見ることができるので、より素早く的確な診察を受けることができます。

 

ブロックチェーン上に記録されるので、病院が変わってもこれがあれば自分の医療履歴を見てもらえるので、便利だし安心できそうですね。

 

Factom(FCT)将来性

将来的には世界的な企業にファクトムが採用される可能性があります。

大幅なコスト削減が実現できるとなれば、ファクトムのプラットフォームを使わない手はないでしょう。

また個人情報の漏洩の心配もなく、データ改ざんなどのない安全な管理ができるというのも大きいですね。

みんなの評価反応

 

Factom(FCT)買い方

FCTは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でFCTを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【FCT買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでFCTを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly