兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 銘柄

仮想通貨Bancor(BNT)将来性と詳細|流動性問題の解決へ期待

更新日:



今回は、Bancorバンコール(BNT)について紹介します。

 

Bancorは、マイナーコインなど仮想通貨の流動性の問題を解決すべく立ち上がったプロジェクト。

流動性が低いと売りたいときに売れなくて困るんですよね。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーコインであれば、そんなこともないのですが。

 

超マイナーコインだと有望だと思っても、流動性のことを考えると躊躇することもあります。

ということで、Bancor興味があったので調べてみました。

 

少し違いますが、同じようなプロジェクトでKyberNetwork(KNC)とMIDEXがあります。ライバルですね。

仮想通貨KyberNetwork(KNC)将来性が高い理由|分散型取引所DEX

今回は、KyberNetworkカイバーネットワーク(KNC)分散型取引所DEXの紹介です。   ちょっと違いますが、先日紹介したBancorやMIDEXも似たようなプロジェクトで面白いです ...

続きを見る

[ICO]MIDEX(MDX)のICO参加方法と詳細|上位取引所になるのは確実かも?

MIDEXミデックス(MDX)注目のICOが開始されているので、ICO参加方法とMIDEX特徴について紹介します。   ICO期間:2/15~4/15(日) MIDEX(MDX)のICOに参 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

Bancor(BNT)について

Bancor(BNT)詳細

bancor 仮想通貨

 

Bancorは、1940年代に経済学者が提唱した考え方からきています。

バンコール(bancor)は、1940年から1942年にジョン・メイナード・ケインズとエルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが提案した超国家的な通貨のことを言う。第二次世界大戦後に世界経済を安定させるため、英国がブレトン・ウッズ会議でバンコールの導入を公式提案したが、アメリカ合衆国の合意をとりつけることができず、実現には至らなかった。一部、IMFのSDR(特別引出権)が、バンコールの機能を継承されているという考え方もある。- Wikipedia

 

あまり人気のない通貨は、流動性が低く売りたいときに売れない、買いたいときに買えない状況が発生することがあります。

流動性が低いとは、取引自体が少ないので売り買いが難しいということですね。

売り買いができない以外のリスクとしては、流動性が低いとあり得ない安値で売ろうと値を下げたりするので暴落が起こってしまうこともあります。

価格が安定しないのでパニック売りなんかが起こってしまうんですね。

 

このような状況を解決しようとしているのがBancorです。

 

これら流動性リスクは「準備金」そしてバンコールネットワークの「トークンリレー」によって解決することができます。

 

準備金とは、Bancorにトークンを上場させたときに予め一定額を予備の資金として保管するお金のこと。

この資金は、トークンを売却するさいに支払われます。

 

トークンリレーは、2つの任意のトークンを持つことで瞬時にマイナーコインと交換できる仕組み。

 

細かく解説すると長くなるのでこの程度とします(笑)

Bancorの仕組みについて、詳細に解説しているサイトは山ほどあるので詳細を知りたい方は参考にしてみてください。

 

バンコールネットワーク

Bancorでは、ネットワーク上の任意の2つのトークン間で、カウンターパーティーなしで、自動的に計算された価格で変換することができます。

Bancorは、分散型の流動性ネットワークであり、シンプルなWebウォレットを使用してネットワーク内の他のトークンに変換することができます。

 

バンコールプロトコル

スマート契約を流動性ネットワークに接続できるようにするERC20トークンの新しい標準。バイヤーと売り手を照合する必要なく、ネットワーク全体で継続的なオン・チェーン流動性を可能にします。

 

Bancor(BNT)ロードマップ

BNT 仮想通貨

 

2019Q2までのロードマップ

あまり詳細なものではありませんが…、2018Q3に「セルフサービストークンの有効化」とあります。ユーザー自身がトークンを上場させられるってこと?

また、スマホアプリがリリースされるようですね。

 

2019Q1では、ソーシャル機能の強化、トークン作成機能とあります。

Q2でBancorがクロスチェーンのサポート。

 

Bancor(BNT)将来性

ふくろうのように、超マイナーコインを流動性の問題で買うことを躊躇している人はいると思うので、Bancorの需要はかなり高いと言えます。

流動性のリスクが解決されれば、安心して長期保有できますし価格も安定するはずです。

 

ただ、流動性を解決したことで価格にどう影響が出るのかいまいち理解できていません。。

 

しかし、取引料0で瞬時に交換ができること、今後増えていく独自トークンが流動性を保ちつつ取引できるというのは興味があります。

 

Bancor(BNT)評価評判

 

Bancor(BNT)買い方

BNTは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でBNTを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

【BNT買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでBNTを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 銘柄
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly