海外FXの教科書「フクログ」

無料EAあり。XMのハイレバでセミリタイアを目指す

仮想通貨 銘柄

仮想通貨OmiseGO(OMG)将来性が高い理由|タイ政府機関と合意マクドナルドで導入

投稿日:



OmiseGOオミセゴー(OMG)について紹介します。

色々とOmiseGOを調べていたら、何やらものすごいプロジェクトだとわかりました。

 

既に実際に利用されていて、今後についてもかなり期待できると判断します。

タイトルにもあるように「タイ政府機関と合意」「マクドナルドで導入」についてもふれていきます。

 

スポンサーリンク

OmiseGO(OMG)について

OmiseGO(OMG)詳細

OmiseGOは、決済プロセッサ、ゲートウェイ、そして金融機関の持つバリューが、それぞれのサービス上で展開されていることにより互換性を持つこと無く分断されているといった課題の解決に取り組んでいます。OmiseGOは、高容量かつ低コストで分散型為替を可能にすることで、通貨や資産のタイプを問わない、次世代の資金転送サービスを提供します。

 

OmiseGOは、主に東南アジアで決済として使われる通貨。既に店舗で決済手段として利用されていて徐々に広まりをみせています。

 

オンライン決済システムは「Omise」で、タイで2013年に設立された会社で日本にも拠点があります。

Omiseは、日本人起業家である長谷川潤氏が立ち上げました。

日本人が命名したんだとしたら・・OmiseGOはポケモンGOみたいに「お店GO」みたいなイメージなのかな?w

 

OmiseGO(OMG)将来性

アドバイザーにイーサリアム創設者

 

テクニカルアドバイザーには、イーサリアム創設者「Vitalik Buterin」やイーサリアムの共同創設者の「Gavin Wood」などの面々ががいます。

経験豊富なアドバイザーがいることは安心材料でもあるし、将来性も高いと言えます。

 

SBI、SMBCから投資

 

OmiseGOは、SBIinvestment、SMBCなどから投資を受けています。

特に、SBIから投資を受けているというのは大きいですね。他にはリップルにも投資しているので、同じようにこれから注目されると思います。

たしかに、決済や送金が早いところなど、少しリップルに似ている気がしますね。

 

既に実用化されている

 

注目すべきは、タイのマクドナルドで決済として採用されていることですね。

マクドナルドは世界中どこの国でもありますから、タイから世界へということもあり得ます。

 

また、日本とは違い東南アジアでは銀行口座を持てない人は多いと言います。

そう考えると、既に店舗で決済手段として実用化が進んでいますが、さらにOmiseGOが爆発的に普及するのはそう遠くない未来かもしれません。

タイ政府機関と合意

 

Omise社が政府系機関と提携して、ブロックチェーンを活用した国民IDの開発を協業で行っていくようです。

これは本当にすごいニュースですね!とうとう政府機関が関わってきちゃいました。

 

OmiseGO(OMG)評判評価

 

OmiseGO(OMG)買い方

OMGは、Binanceで買えます。

 

Binance(バイナンス)でRLCを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【OMG買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. 国内取引所でETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでOMGを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

【国内取引所】

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

bitbank…使いやすい

Bitbank公式:https://bitbank.cc/



無料 EA トラリピ
※ 自動売買「オリジナルトラリピEA」を無料プレゼント中

  • トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす
  • チャンスのときには大きな利益を取りに行く
  • 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績
  • MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心
  • 完全自動売買なので相場に張り付けないサラリーマンや主婦にもおすすめ
※仕事の関係上、期間限定とさせていただきます。
オリジナルの無料トラリピEAの受取方法詳細はこちらから

⇒ バージョンアップ無料トラリピEAの受け取り方法

レバレッジ888倍、ボーナス特典豊富のXM Trading 口座開設手順 XM 海外FX まとめ




よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 海外FXの教科書「フクログ」 , 2019 All Rights Reserved.