兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 銘柄

仮想通貨Viacoin(VIA)の将来性と詳細|Lightning Network対応済みコイン

投稿日:



ViacoinVIA)がBinanceに上場しました。

世界最大の取引量を誇るBinanceに上場したということで、今回は、Viacoin(VIA)について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

Viacoin(VIA)について

Viacoin(VIA)詳細

Viacoinは、2014年に作成されたオープンソースの暗号化通貨で、埋め込みコンセンサスをサポートするBitcoinプロトコルに由来し、120バイトのOP_RETURNが拡張されています。Viacoinには、Auxiliary proof of workやAuxPoWとも呼ばれるScrypt Mergedマイニング、Bitcoinよりも25倍高速なトランザクションがあります。

Viacoinは現在、ハッシュレートが非常に高い最大のマイニングプール(F2Pool)で採掘されています。他の機能には、KimotoのGravity Well(DarkGravityWave)、Versionbitsの脆弱性に対処するためのマイニング難易度調整アルゴリズムが含まれており、同時に29回のSoft Fork変更をSegwitとLightning Networkで同時に実行できます。

 

Viacoin(VIA)は分散型の金融プラットフォームで、ビットコインより25倍速いトランザクションがあり、オフチェーンを使ったLightning Networkに既に対応済とのこと。

 

Viacoin(VIA)ロードマップ

VIA 仮想通貨

 

緑色のチェックが入っているところが、既に実装済みということです。

まだ現在進行中のものは、ハードウェアウォレットの対応(Trezor&NANO Leger)と匿名化の実装のようです。

かなり順調に進んでいるのがわかります。

 

Viacoin(VIA)時価総額

viacoin 将来性

 

仮想通貨全体の時価総額ランキングは現在執筆時点で「173位」

Binance上場直後ですが、かなり健闘している位置についけています。

 

Viacoin(VIA)将来性


価格としては、Binance上場で暴騰して、その後調整している感じです。

この値動きは、上場直後としていつものパターンですよね。

 

日本でのVIAの評価をみようと思って探していたのですが、日本であまり認知されていない通貨のようでした。

逆にBinanceに上場したことで、広く認知されてこれから価格が上昇していく可能性はあります。

 

Viacoin(VIA)の特徴である分散型の金融プラットフォームや取引速度がビットコインよりも25倍速いなどは、すでの他のコインでも存在しているので、今後どのように他のコインと差別化してくのかで将来性は変わってくるのではないでしょうか。

 

Viacoin(VIA)買い方

VIAは、Binanceで買えます。

Binance(バイナンス)でVIAを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

【VIA買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. ZaifなどでETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでVIAを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly