兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 銘柄

仮想通貨STEEM将来性と詳細|ブロックチェーンベースのSNS報酬プラットフォーム

更新日:



今回は、STEEMがBinanceに上場したので詳細を調べました。

先日の格付けでも良い評価だったし、かなり面白い仮想通貨だと感じます。

 

Binance(バイナンス)でSTEEMを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

 

STEEMと似た仮想通貨といえば、日本発の仮想通貨ALISもありますね。

ALISは少量保有しているので、この機会にSTEEMも検討しようと思ってます!

仮想通貨ALIS(アリス)将来性と詳細|ブロガー必見!評価評判買い方など

今回は、ふくろうも以前からガチホしているALIS(アリス)について紹介したいと思います。 ICOで資金調達したALISは、日本発の仮想通貨で「ソーシャルメディアのプラットフォーム」として期待しているん ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

STEEMについて

STEEM詳細

STEEM 将来性

Steemは、サイト運営者がコンテンツを収益化し、コミュニティを成長させるためのブロックチェーンベースの報酬プラットフォームです。

steemit 仮想通貨

 

Steemは、Steemit.comにブログと同様の投稿をすることで、投稿者や読者に報酬を支払うことができるというもの。

→ steemit

 

報酬は、「Steem」「Steem Power(SP)」「Steem Dollars(SMD)」の3種類の通貨で支払われます。

Steemのみ取引所で売買可能で、他のSPとSMDはそれぞれ報酬の50%で支払われますが、これらは利子が付く仕組みになっています。

 

SPとSMDは、取引所で売買できないため、Steemに変えてから市場で取引することになります。

 

また、Steemは、即時で手数料のかからないトランザクションでリアルタイムアプリケーションを実行できるように独自に設計された次世代のブロックチェーン。

BitcoinとEthereumよりも1秒あたりのトランザクションが多く処理されます。

 

スマートメディアトークン

スマートメディアトークン(SMT)は、Steemブロックチェーンのネイティブデジタル資産。

SMTは、オンラインコンテンツの収益化を支援し、ユーザーの行動を促すインセンティブを作成するために、誰でも起動することができます。

SMTはEthereumのERC-20トークンに似ていますが、デジタルコンテンツビジネス向けに特別に設計されたトークン配布報酬システムを備えています。

 

Steem報酬

STEEM 仮想通貨

 

サイトを見るとトップの方で1記事$3,232得ているようです。

35万!?

ほんとかな(笑) 本当ならうらやましいw

 

Steem将来性

steem コイン 価格

 

Steemは、Steemit.comに多くの良いコンテンツが集まるように目指したもの。

投稿者も価値のある良いコンテンツを投稿することで報酬が得られるようになるので、自然と質の高い情報が集まりやすいという特徴があります。

 

また、良いと思ったコンテンツに投票することでも報酬が発生するため、閲覧者も増えていくシステム。

投票とはFacebookでいう「いいね!」に該当します。

 

当然、Steemの価格上昇は、Steemit.comの成長に掛かっています。

日本語でも投稿できないこともない(翻訳される)ようなので、チャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

格付けは「B-」リップルより上w

STEEM買い方

STEEMは、Binanceで買えます。

Binance(バイナンス)でSTEEMを買う
公式サイトで登録:https://www.binance.com/

 

【STEEM買い方】
日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. ZaifなどでETH(イーサリアム)購入
  2. BinanceにETHを送金
  3. BinanceでETH建てでSTEEMを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

 



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly