兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨BOTTOS(BTO)の将来性がすごい|AI(人工知能)開発

投稿日:



Biboxで次にきそうな仮想通貨を探していたら、BOTTOSBTO)が目に留まりました。

BOTTOSBTO)は、AI(人工知能)開発に利用されているコイン。

仮想通貨と人工知能、これはもう確実に注目されるでしょうw

 

BTOは、現在はBiboxでしか買えない銘柄です。

Biboxは、Binanceにはない銘柄が多数あるので人気急上昇中の取引所

 

BiboxでBTOを買う

公式サイトで登録:https://www.bibox.com/

[Bibox]人気がでる前の注目マイナー草コインを買うならBibox|仮想通貨取引所登録方法とBIX

今回は、注目される前の仮想通貨をいち早く買うことができるBibox取引所の紹介です。 ふくろうも少し前にBibox(ビボックス)に登録しました。 Binance(バイナンス)やkuCoinに続く取引所 ...

続きを見る

 

今回は、BOTTOS(BTO)について紹介です!

 

スポンサーリンク

BOTTOS(BTO)について

 

 

BOTTOS(BTO)詳細

BTO 仮想通貨

 

BOTTOSは、ブロックチェーン技術に基づく分散型データ共有ネットワークプロトコル。

広範なAIエコシステム内の異なる参加者の間でデータの登録、配信および変換を実施するコンセンサスベースのワンストップ・プラットフォームです。

ビジョン

  • ブロックチェーンインフラストラクチャ上でスマートデータ契約を介してAIエコシステムを発展させるための最大のグローバルデータ共有ネットワークを構築し、それを実現する。
  • 透明かつ民主主義的なメカニズムを通じて、データ所有者の明確な所有権とデータプライバシーのより優れた制御を活用して、人が資本を活用できるようにする。

 

目標

  • 世界で最も効率的なデータ共有ネットワーク「DataMarket」を、データ資産の独自の価格設定メカニズムで構築する
  • AIモデル共有ネットワーク「ModelMarket」を構築してAI開発サイクルの効果的な管理を促進する
  • ハードウェア共有ネットワークを実装してAI製品の登録と通信を合理化する。

 

BOTTOS(BTO)ロードマップ

BOTTOS 仮想通貨

 

2018年3月に新バージョンがリリース。

2018年5月にV3.0がリリース予定になっています。

 

BOTTOS(BTO)将来性

 

中国発のAI、IOT、VRといった最新の技術に注目した仮想通貨であるBOTTOS。

公式コミュニティがすごい勢いで増えているので、その注目度がわかります。

 

今後、BIBOX以外の取引所にも上場してくると思いますが、その時注目度がさらに上がれば価格も上昇するはずです。

 

また、AMRというソフトバンクグループ会社がBOTTOSに出資していることでも期待しています。

 

BOTTOS(BTO)買い方

BTOは、Biboxで買えます。

BiboxでBTOを買う

公式サイトで登録:https://www.bibox.com/

【BTO買い方】
海外の取引所なので、日本円の直接入金ができないため一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. ZaifなどでETH(イーサリアム)購入
  2. BiboxにETHを送金
  3. BiboxでETH建てでBTOを購入

 

ビットコイン(BTC)で送金しても良いのですが、イーサリアムをおすすめしてます。

ETHの方が断然手数料も安いし着金も早いからです。

 

Zaif…手数料安い

Zaif公式:https://zaif.jp

 



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly