兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。ブロックチェーンゲームで生活できる!?

お金のこと 仮想通貨 取引所 ニュース

コインチェック580億円相当のNEMが不正送金か…救済はあるか!?

更新日:



2016年にふくろうがリップルの不正送金にあいました。

その後、意を決して2017年に仮想通貨を再開するときに初めて利用したコインチェック

そのコインチェックが今回ハッキングにあい、580億円相当の顧客のNEMXEM)が不正送金される事件が起きました。

 

あのGOX事件を凌ぐ、過去最高額の被害額とか・・。

 

日経新聞記事:

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26223140W8A120C1MM8000/

 

まさに仮想通貨を再開したときに買ったのがNEMだったのでショックですね。

 

当ブログでもコインチェックは、初心者にはやさしい取引所として紹介していました。

本当に使いやすかったんですけどねえ。今回の件は本当に残念です。

 

スポンサーリンク

コインチェックのハッキング被害

 

芸人さんは仮想通貨が流行っているようなので、こちら以外にも結構被害が出ているのでしょうか…。

他にも多数被害報告が出ていましたが、あえて紹介は控えます。

 

ふくろうは、コインチェックは利用していましたが、すぐに別のウォレットに送金していたのでNEMの不正送金被害はまぬがれました。

仮想通貨NEM(XEM)購入|安全な取引と保管方法

今回は、仮想通貨NEMネム(XEM)の将来性と詳細について紹介します。   以前、仮想通貨リップルがハッキングにあい痛い目を見たふくろうですが、仮想通貨NEMを購入してしまいました。 もう仮 ...

続きを見る

 

ただ、数万円の現金は入っていたので、返金されなければJPYのみが被害になりますね。

 

ハッカー(犯人)VS ホワイトハッカー

 

現在、NEM財団の協力者?のホワイトハッカーである「みずなし氏」が犯人のウォレットを監視しているようです。

こちらのツイートで状況を知りました。

 

Rin, MIZUNASHI (JK17)氏

JK?(笑) (実際は違うようですw)

 

やっぱりハッカーは北朝鮮!?

 

え???こちらは関係があるのか…??

 

コインチェックのセキュリティを改善すれば返金するとの声明もあるとかないとか。

真相はわかりません。

 

今回の被害は救済される!?

 

6億で補填は困難。今回の被害額は約10倍。

コインチェック和田社長の過去の発言が事実だとすると、被害額を補償するのはまず無理だと判断されてしまいますね・・・。

 

【追記】

コインチェックより補償内容が発表されました。

コインチェックがNEM保有者に現金(自己資金)で補償するも底値だった件

深夜にコインチェックから、今回のハッキングによる不正送金に対しての補償方針が発表されました。   不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社 ...

続きを見る

 

最後に

ふくろうとしては、コインチェックを応援したい気持ちはあります。

仮想通貨界隈全体の信用問題にも発展しかねない事件ですし。

 

でも、やはりコインチェックは甘かったのではないかと思わざるを得ません。

 

理由は、

  • NEMはコールドウォレットの管理ではなくホットウォレットだった。
  • NEM財団推奨のマルチシグ(複数の認証)は設定していなかった。

 

記者会見によると、上記は人材不足による技術的な問題から実施できていなかったそうです。

 

確かに悪いのは、犯人のハッカーであることは間違いありません。

 

でも、仮想通貨取引所をオープンするということは、顧客の資産を守るために最大限の努力をしてからだと思います。。

確かコインチェックはほとんどの顧客の資産はコールドウォレットで管理していると発表していたはずす。

これはうそだったということになる。

 

これから信用を取り返すのは困難だとは思いますが、ここで潰れずに信用を取り戻すべく邁進してほしいと考えます。

 

 

 

 

 

おすすめの取引所から外さないとな・・・。

 



よく読まれている記事

-お金のこと, 仮想通貨, 取引所, ニュース
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly