兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄

仮想通貨HTMLCOIN(HTML)くるか!?草コイン|HTML5コインとは違う?

更新日:



1円以下の面白そうな草コインを探していたら、HTMLCOINHTML)を見つけました。

HTMLコイン 草コイン 1円以下

実は、先日の仮想通貨取引所(Kucoin)の上場投票でも、堂々の2位になっていたので気にはなっていました。

 

仮想通貨eBitcoin(EBTC)の詳細と将来性|投票で1位!ビットコインとイーサリアム

eBitcoin(EBTC)がKuCoinの投票で1位を獲得!   1位の方、存じ上げないのですが😇$EBTC $HTML $TRX pic.twitter.com/To08 ...

続きを見る

 

はじめに「HTMLコイン」と「HTML5コイン」は異なるコインです。

 

HTML5コインは、ハードフォーク前のコインで、今後無価値になるコインです。

要は、HTMLコイン(新)HTML5コイン(旧)となります。

3/27日までは、HTMLコインへの交換が公式サイトで可能なので、まだHTML5コインを持っている方はswapしましょう。(方法は後述します)

 

さて、今回はNASDAQで紹介されたことでも、ジワジワ話題になり始めた「HTMLコイン」についてです!

 


スポンサーリンク

HTMLCOIN(HTML)とは

 

HTMLコイン詳細

1円以下 草コイン

 

まず、なぜHTMLなの?と思ったので調べたところ、やはりあのHTML(Hypertext Markup Language)のことなんですね。

 

インターネット上の多くのページは、HTML(Hypertext Markup Language)と呼ばれる言語で書かれています。HTMLは、WebページやWebアプリケーションを作成するための最も有名なマークアップ言語の1つです。「HTMLCOIN」という名前は、このマークアップ言語の遺産を、私たちが達成しようとしていることの象徴として賞賛し、喚起することを目的としています。デジタル経済に参加するすべての人が利用できるオープンなビジネスモデル。

 

結局よくわかりませんでしたがw

「デジタル経済に参加するすべての人が利用できるオープンなビジネスモデル」ということを目指しているということなんでしょうか。

 

HTMLCOINは、すべての人々が平等に創造されたことを認識し、賞賛します。私たちの目標は、すべての人々の中で最も高い可能性を秘めたプラットフォームを構築し、継続的に強化することです。HTMLCOINは誰もが簡単にアクセスして使用できるプラットフォームとコインですべての人のクオリティ・オブ・ライフを向上させることに努めています。

HTMLCOINは、現在失業している人、身体的に制限されている人、または他の理由のために働くことができない人を含む、すべての人々のための強力な支援基盤を提供することによって障壁を解消することに全力を尽くしています。HTMLCOINは皆のためになります。

 

HTMLCOINプロジェクトとHTMLCOIN.BUSINESSはすでに大企業、ベンチャーキャピタル、地方自治体と積極的に関わっています。当社のマーケティング戦略の重要な部分は、これらのパートナーシップを発表するメディアキャンペーンを開始することであると考えています。これは、業界での進歩的な動きを示し、「ブランド名」としての地位を確立します。

政府からの早期の肯定的なフィードバックは、脆弱なグループを現地市場に統合するための実用的で費用対効果の高い方法として、当社のプラットフォームへの関心が高いことを示しています。

 

Nasdaqに取り上げられる

html コイン 仮想通貨

http://www.nasdaq.com/press-release/

Merkle.comが2018年に見るべきトップクリプトカレンシーの1つに選ばれたHTMLCOINは、これから発売されるPOMAについての未発表の事実を発表しました。

HTMLCOINの "Project POMA"の立ち上げに先立ち、HTMLCOINのコアチームメンバーは、HTMLCOIN(Proof Of Mass Approach、別名POMA)の大量採用の目的についていくつかの未発表の事実を明らかにしている。

 

POMAというプロジェクトでHTMLコインが導入採用されるということのようです。

POMAとは、簡単にフリーランスがより働きやすくするためのプラットフォームのようです。(クラウドワークスやランサーズみたいなもの?)

 

既に提携して実用化へ動き出している企業も出てきています。

 

 

それと気になる記述が「2018年に見るべきトップクリプトカレンシーの1つに選ばれたHTMLCOIN

なんかすごい(笑) ますますHTMLコイン気になる~

 

【追記】この記事のことみたいですね。

「Five Low, Micro, and Zero Market Cap Projects to Keep an Eye on」
→ https://themerkle.com/

 

HTMLコイン将来性

HTMLコインは、草コインと呼ぶには申し訳ないほどのポテンシャルのコインだと感じました。

発行枚数が900億HTMLと多いものの、0.3円前後で手にできるというのは夢がありますね。

 

 

Nasdaqにも取り上げられた「POMA」次第では大きくこれから伸びそうではあります。

まずは1円目指してがんばってほしいところですね!

 

おお!これはすごい!

「POMA WALLET SOON ! 」とありますから近いうちにワードプレスに導入できそうですね。

 

HTMLコインとHTML5コインの交換

仮想通貨取引所のYobitでは、まだHTML5が取引されているようです。

 

3/27日までは、HTMLコインへの交換(swap)が公式サイトで可能。

https://htmlcoin.com/swap-form/

 

交換比率は下記のようになっています。

  • 2017年12月18日〜2018年2月12日 比率1:1
  • 2018年2月13日〜2018年3月12日 比率1:2
  • 2018年3月13日〜2018年3月27日 比率1: 3
  • 2018年3月28日 スワップの終了

 

HTMLコイン買い方

Bleutrade、Cryptobridgeで買えます。

(個人的には早くBinance(バイナンス)に上場してほしいです。。)

 

【HTML買い方】
海外の取引所は、日本円の直接入金ができないので、一旦国内取引所から送金が必要です。

  1. ZaifなどでBTC購入
  2. BleutradeにBTCを送金
  3. BleutradeでBTC建てでHTMLを購入

 

Bleutradeは、BTC, DOGE建て
CryptoBridgeは、BTC、LTC, BCH, MONA, ZNY建てでHTMLが買えます。

 

Zaif…中級者向け

Zaif公式:https://zaif.jp

 



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄
-,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly