兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 ニュース

仮想通貨の格付けがWeissより発表される|ビットコインbtc、リップルxrp、トロンtrnは?

更新日:



仮想通貨の格付けが本日23時、Weiss Ratingsより発表されました。

午前9時に発表かと一時騒がれましたが、結局23時に発表がありましたね。

 

Weiss Ratingsとは、1971年に創設された金融の格付け公的機関。

歴史ある機関とはいえ、仮想通貨についての格付けは初だし、どれだけ影響があるのかは不明です。

 

で、どうだったのか。一応気にして見てました。

なんかフェイクニュースとか出て少し混乱もあったようですねー。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の格付け実際どうだった?

仮想通貨 格付け

 

仮想通貨格付け結果

仮想通貨 格付け結果

 

現時点で明確にわかっているのはこちら。

  • $BTC  → C+
  • $ETH  → B
  • $Novacoin(NVC) → D
  • $SaluS(SLS) → D
  • $STEEM  → B-

理由はこんな感じ↓

Bitcoin(C +の格付け)は、セキュリティと普及率が優れています。しかし、大きなネットワークボトルネックが発生し、遅延や高いトランザクションコストが発生します。Bitcoinは初期の成功を達成するための激しい継続的な努力にもかかわらず、迅速にソフトウェアコードをアップグレードするための即時のメカニズムはありません。
2番目に広く採用されているCryptocurrencyであるEthereum(B)は、いくつかのボトルネックにもかかわらず、より容易にアップグレード可能なテクノロジとより速いスピードで利益を得ます。
Novacoin(D)とSaluS(D)は、技術革新と採用の両面で弱い。
Steem(B-)は、ソーシャルネットワークの特徴に沿って考慮されているほとんどすべての重要な要因において、適度な強度の比較的良好なバランスを楽しんでいます。

ソース:http://finance.weissratings.com/crypto/

 

その他は有料とのこと・・・w

期待していたリップル(xrp)については書かれていませんでしたね。トロン(trn)も。

 

ただ、こんな情報もありました。

 

【追記】

わかりやすくまとめてくれている情報がありました!

なるほど。BUY判定がB、HOLDがC、SELLがDってことね。納得かも。

仮想通貨の格付けみんなの反応

 

ふくろう的にもこんなのに意味あるのかなといった感じでした。

一応、参考程度にしておこう。

 

では!



よく読まれている記事

-仮想通貨, ニュース
-, ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly